iPad ProでWordPressブログ運営はできる?

こんにちは、Yotchanです。

本日はiPad Proでブログの執筆が可能であるか率直な感想を書いていきたいと思います。

iPadでブログを書きたいという夢

ブログを書きたいと思った人が行き着く一つのカタチ。

それがiPadとSmart Keyboardでのブログ執筆。

家でも外でもiPad一本でやろうと考える人は少ないでしょうが、外出先ではiPadでブログを書きたいと思う人は多いはず。

かくいう私もそんな一人で外出時のブログ執筆環境には試行錯誤を重ねていました。

そこで、本日はiPadでのブログ運営ができるのかどうか。

iPadの可能性を皆さんに紹介していきたいと思います。

iPad OSの可能性

まずは大前提となるiPadOSがどんなものか理解せねば話は始まりません。

iPad OSと従来のiOSの違いをざっくり書くと

  • マウスとトラックパッドが使えるようになった
  • SafariがMacと同じ挙動になった
  • サードパーティー製のハブが使用可能に

この中ではマウス・トラックパッド対応が一番アツい変更点です。

マウスとトラックパッドが使えなければそもそもブログの運営は効率面で論外。

そのぐらいマウスとトラックパッドへの対応は重要な点でした。

そして地味に重要なのがMacと同じ挙動をするようになったSafari。

従来のiPadではモバイル版のSafariしか扱うことができませんでした。

しかし、iPad OSではMacと同じ挙動をするようになったのでブロガーとしては嬉しい限り。

WordPressをiPadでもMacと同じように扱うことができるので気軽にブログの編集ができます。

その他ブログ運営に関わるiPad OSの機能に明るくない人は以下の過去記事をまずはご一読ください。

iPadでブログの記事を書くために必要なもの

それでは早速iPadで記事を書くために必要なものを用意していきましょう。

iPadでブログを書くために最低限必要なものは二つです。

  • Bluethoothマウス
  • Bluethoothキーボード

マウスとキーボードは絶対に必要なものです。

この二つがないと効率が悪すぎてMacやPC の代替にはなり得ません。

できれば用意したいのはトラックパッドです。

マウスとキーボードを一つにまとめることのできるMagic KeyboardやLogicool製のキーボードカバーもあるので資金に余裕があれば購入をオススメします。

そこで、まずは周辺機器の選定を行いたいと思います。

マウスの選定

iPad用の Bluethoothマウスを選定するにあたって注意点があります。

それはマウス本体にBluetoothを内蔵していないものは使えないこと。

次に注意せねばならないのがレシーバータイプのマウスは使えないこと。

レシーバーをiPadにさせないのでまぁ当然ですよね。

iPad ProであればUSB-Cのハブを介せばさせますが、そこまでしてレシーバータイプのものにこだわる必要もありません。

Bluetooth内蔵のマウスを購入しましょう。

ただし、Bluetooth内蔵マウスの中でもiPad OSと相性が悪いものがあるのかSurface Pro4で使用していたマウスはiPadではうまく動作しませんでした。

iPad OSは公開から日が浅いため全てのマウスがiPad OSでの動作検証をされているわけでもないのでそういった意味では運要素が高そうですね。

私が愛用しているマウス

一つ目はApple純正のMagic Mouse2です。

iPadOS13.4以前は正式にマウスが対応していなかったのでMagic Mouse2はジェスチャー操作ができず、スクロールすらできませんでした。

しかし、iPadOS13.4で対応したことによってMagic Mouse2が解禁。

Macと同じようにiPadでも使えるようになりました。

使用感がいいことに加えて純正品ということもありデザイン製は抜群。

iPadとの親和性は抜群です。

Apple社外製で私が愛用しているマウスは「Satechi アルミニウム M1 Bluetooth ワイヤレス マウス」です。

MacBook Proと並べても違和感のないアルミボディが特徴のBluetoothマウスです。

iPad Proに接続して使用していますが使用感は問題なく、オシャレなのでお気に入りです。

キーボードの選定

次はマウス以上に重要なiPadで使うキーボードの選定です。

キーボードの打鍵感はそのまま記事執筆の効率に直結するのでここは拘りたいポイントです。

私も快適な打鍵感を追い求めた結果、キーボードを三種類購入しています。

  1. Magic Keyboard
  2. Smart Keyboard Folio
  3. iClever IC-BK06

購入したキーボードの使いやすさの順番はこんな感じ。

Smart KeyboardよりもMagic Keyboardの方が総合的にみるとおすすめです。

文字入力のしやすさが断然違います。

iCleverのキーボードは他二つと比較して価格こそリーズナブルですが、キーの配列などがApple純正の上記二製品の方が最適化されているのであまりオススメはしていません。

入力切り替えの手間がiClever製品はかかるのがネックですね。

トラックパッドの選定

iPadOS13.4でついに対応したトラックパッド。

現在の選択肢はこんな感じです。

  • 第三世代/第四世代iPad Pro : Magic Keyboard
  • iPad Air/iPad Pro10.5, iPad第七世代:Combo Touch Keyboard Case with Trackpad
  • iPad全機種:Magic TrackPad2

トラックパッド内蔵のキーボードがApple及びLogicoolより発売されます。

これらに非対応のiPadはApple純正のMac用Magic TrackPad2が選択肢となります。

Magic TrackPad2で早速使ってみましたがかなり動作感は良かったです。

iPad OSでのWordPressの挙動

マウスとキーボード、トラックパッドの選定はできたでしょうか。

これでようやくiPadの準備が完了しました。

それでは早速iPadでWordPressの画面を表示してみましょう。

iPad Pro11とMacBook12でWordPressの管理画面へ入ります。

表示される領域、および項目はMacBookと同じです。

iPad OSのSafariはMacと同じ挙動をするので当然ですね。

iPadでもブログのカスタマイズ画面の表示は問題ありません。

最新のWordPressではThe Thorのカスタマイズ画面が表示できないので私は古いバージョンを使用しています。

記事の執筆画面もMacBookと同一です。

iPadでもMac同様に動作することがこれで確認できました。

それでは実際に記事を書く上でのMacBookと比較した印象を書いて行きます。

iPadのマウス操作は完璧ではない

iPad OSで初めてマウス操作に対応したiPadですが、その動作は完璧とは言い切れません。

動画に上げた通り、記事の編集画面ではホイールでのページスクロールがうまくできません。

横のサイドバーがスクロールされてしまうのでページをスクロールする際には左クリックで保持しながら動かさねばなりません。

iPadなので画面をタッチしてスクロールすることもできますが、画面にいちいち手を伸ばさねばならないのは悩みどころです。

机に置いた手を画面操作のためにあげるのは思いの外に重労働で肩が凝ります。

まぁだからといって記事を書くことができないかと言われるとそうでもありません。

MacBookやPCと比較すると作業効率が少し落ちるかなという程度です。

加えてあげるのであればコピペがしにくいこと。

画面にタッチして行うコピペよりはマシですが、Macと比較すると反応が悪いです。

2020.3.20追記

iPadOS13.4にてマウスとトラックパッドが正式対応してマウスの挙動は大幅に解消されました。

上記欠点はほぼ解消されています。

iPadではデュアルディスプレイ環境を構築できない

iPadではMacのように外部ディスプレイを拡張デスクトップとして使用することはできません。

つまり、外部のモニターに出力したところでiPadの画面が表示されるだけにすぎません。

ブログを執筆する上では記事のネタとなる情報と記事の執筆スペースの最低でも二画面はあった方が効率がいいです。

画面は多ければ多いほど作業効率につながるので外部ディスプレイに拡張できない点は紛れもないデメリットです。

Sidecar機能のように、iPad間でのデュアルディスプレイ環境を構築できるような機能がほしい。

まぁiPad二台持つならMacBookを一台持った方が軽くて省スペースなので本末転倒ではありますが。

画面を分割して2つのアプリを表示するSplit Viewである程度対応できないことはないのでまだマシですね。

分割すると文字が小さくなるのが目が疲れる原因になるので長時間は行いたくない作業です。

iPad一本でブログを運用することを考えているのであれば慣れざるを得ませんね。

まとめ

以上がiPadでのWordPressブログ執筆の操作感です。

MacBookとほとんど同じところまで作業効率が改善されました。

テンプレートを細かくいじったことはないのでiPadでも同じかどうかはわかりません。

ですが基本的なことはできるのでなんとかなりそうな気もします。

外出先での記事執筆などは問題なくこなせるのでメイン機の他に持ち運び用のサブノートを用意するよりは安上がりかも。

ただし、iPad Pro11ですらRAMに余裕がないのかバックグラウンドにSafariを持っていくと落ちまくるので注意が必要です。

ブログ執筆中はSafariしか使わないのであればおそらくA12以降搭載端末なら数年間は問題なく使えるでしょう。

  • iPad Pro11(第三世代)
  • iPad Pro 12.9(第三世代)
  • iPad Air(第三世代)
  • iPad mini(第五世代)

サイズによって持ち運びやすさも変わってくるので良く検討してください。

ブログの執筆には画面サイズも重要なのでAirかProがおすすめです。

追記

iPadOS13.4にて大幅なアップデートがありました。

  • Magic TrackPad2に対応
  • Magic Mouse2に対応
  • 変換機能が改善
  • macOSのライブ変換機能の実装

これによって、iPadでも画面が少ないこと以外は何の支障もなく作業をすることができるようになりました。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを