AlexaやSiriが精神病患者の自殺を防ぐかも?

5 / 100 SEO Score

スマートスピーカーが患者の命を救う時代が来るのかもしれません。

Alexa-like bots will listen out for suicidal patients under NHS technology revolution 

Smart speakers like Amazon’s Alexa or Apple’s Siri are to be used by the NHS to analyse patient conversations and spot if they suicidal, it has emerged.

A new report published today into the technological future of the health service has called for trusts to embrace robots and artificial intelligence and said that London was already planning to embed AI into its mental health services to pick up those in danger of self harm.
Mental health patients can already access online programmes to aid their recovery and it is hoped they would hold conversations with ‘triage bots’ which would notice warning signs.


https://www.telegraph.co.uk/news/2019/02/11/alexa-like-bots-will-listen-suicidal-patients-nhs-technology/

ロンドンではAIを自傷リスクのある患者のメンタルヘルスケアに導入する計画が既にあるようです。

精神病患者とAIの会話から患者の自傷リスクを判定し、何らかの兆候を察知するというのが主旨なようです。

NHSというのはイギリスの国民保健サービス(National Health Service)のことを指すようですね。

Facebookでは2017年よりユーザーの投稿から自殺をほのめかす内容をスクリーニングしているようで、同じことをAIとの会話から収集するというのがきっかけの様子。

オックスフォード大学などでVRグラスを用いてこのような研究がすでに行われているとの記載もあります。

AIの医療現場への導入はこれからより一層進展するのでしょうね。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを