Magic KeyboardとMacBook ProやSmart Keyboardとの比較レビュー

9 / 100 SEO Score

こんにちは、Yotachanです。

本日はMacBook Pro用にMagic Keyboardを購入したので比較レビューを書いていきたいと思います。

iPad用のキーボードとしてもよさそうです。

MacBook Proに何故キーボードがいる?

そもそも何故私がMagic Keyboardを購入したのか。

MacBook Proにキーボードついてるのに・・・。

そう思う方もいらっしゃると思うのでまずは購入した理由から書いていきたいと思います。

最近、私はParallelsでのSteamゲームのプレイに伴いMacBook Proをアルミスタンドに乗せている状態が多くなりました。

スタンドにのせた状態では本体のキーボードでは文字を打つことはできないことはないですが、打ちやすくはありません。

そこで、外部キーボードを購入してしまえば解決するのではと思い至ったわけです。

次に、なぜMagic Keyboardなのか。

理由としては単純で純正であれば遅延やキーの機能がMacBook Proに内蔵のキーボードと大差ないだろうと考えたからです。

新品で買うと割と高い

Apple 製品の常で新品で買うとMagic Keyboardは約1万円と結構なお値段です。

iPad ProのSmart Keyboardと比較すると約半額なのでお買い得なのでは?と思ってしまう自分がいましたが。

しかし、周辺機器にしてはわりと高額なことは否めません。

キーボードといえばだいたい三千円で買えるものという認識だった私からすればなかなか手が出しにくいことは確か。

そこで、いつものごとく中古でもいいので探してみました。

Magic Keyboardを五千円で購入

探してみるものですね。

以前レビューしたiPad Pro11用のSmart Keyboard Folioが安かった2nd Streatにて発見。

なんとか五千円程度で見つかりました。

このままの状態でケースに入っていたので見せてもらうと第二世代のMagic Keyboardだったので迷うことなく購入。

ヤフオクだとだいたい六千円ちかくなので新品の半額なら中古購入範囲です。

このような中古の店は店舗によって格安で売られたりしていることがあるのでみていて飽きません。

初代iPad miniが二千円で投げ売りされていたBook Offの一件もありますし、宝が見つかるかもしれないというワクワク感がたまらないですね。

そして嬉しい誤算です。

なんと、五千円で購入したMagic KeyboardにMagic Mouse2も付いていたのです!

すでに持っているので別に必要ありませんが、Magic Mouse自体も中古で3000円程度はすると思うので得した気分です。

さらに嬉しいことがもう一点。

まさかのこのMagic Keyboard、封が切られていない未使用品でした!

実質二千円程度で未使用品を購入できるとは思っていなかったので感激です。

Magic Mouse2はせっかくだしMacBook 12用にしようかな。

Magic Keyboardをひっくり返すとAppleマークがありました。

滑り止めのラバーも底面についています。

充電端子はマウス同様にLightning端子です。

電源は緑でオンです。

少し調べてみると私が購入したこちらのセットはどうもiMacの付属品みたいです。

そのため、箱に型番らしきものの記載がないので店員さんがよくわからずに定価の半額でいいやって値付けをした可能性がありますね。

購入した店舗はMacの検証機がなさそうなので動作未確認ということでの投げ売り価格(半年間の返金補償はあり)。

いい買い物でした。

MacBookのバタフライキーボードと比較した打鍵感

キーボードのサイズはMacBook ProやMacBook同様にフルサイズのキーボードです。

このMagic Keyboardのいいところはシザータイプのキーボードであるということ。

言い換えればホコリなどの混入で故障の多かったMacBookのバタフライキーボードよりも壊れにくいキーボードです。

現在、私が持っているMacBookのキーボードは第一世代と第二世代のバタフライキーボードです。

Magic Keyboardの打鍵感は非常に軽く、バタフライキーボードの使用経験がある人はそこまで違和感なく使うことができると思います。

個人的に文字の打ちやすさランキングは

  1. Magic Keyboard
  2. 第二世代バタフライキーボード
  3. 第一世代バタフライキーボード

第三世代のバタフライキーボードや最新のMacBook Pro 16に搭載されているシザータイプのものは触ったことがありませんが、Magic Keyboardでも十分文字が打ちやすいです。

やっぱりシザータイプの打ちやすさは素晴らしいですね。

バタフライキーボードも故障の多ささえなければノートパソコンに搭載のキーボードとしては薄くて最高なんですが・・・。

打鍵感はバタフライキーボードと比較してもペチペチ音がします。

文字を入力する際のペチペチ音がどこまで許容できるかが鍵になりそうです。

第二世代のバタフライキーボードと第一世代の打鍵感の違いに関しては以下の過去記事に詳細に書いているので興味のある方はご覧ください。

Smart Keyboard Folioとの違い

Smart KeyboardとMagic Keyboardはサイズが一回りほど違います。

それもあって文字の打鍵感は圧倒的にMagic Keyboardの方がいいです。

文字入力のしやすさは比べものになりません。

しかし、Smart KeyboardはiPad Pro専用で開発されているということもありMagic Keyboardと比較すると当然メリットがあります。

  • 薄い
  • ケースになる
  • 膝の上で文字が打てる
  • 接続や充電の手間が不要

薄さ自体はSmart Keyboardの圧倒的な勝利です。

iPadの前面を保護するケースにもなりますし、膝の上でも十分安定した角度で入力が可能です。

ケースをつけるだけでペアリングが完了し、充電の心配をする必要もなく使えます。

そのため、電車内や移動中などちょっとした空き時間に文字を打つ機会の多い人はまちがいなくSmart Keyboardでいいでしょう。

Smart Keyboardの利点は何よりもその機動性の高さ。

いつでもどこでも文字を打てる頼もしい相棒になります。

それに対して、カフェなど必ず机の上でしか文字を打たない人はこのMagic Keyboardは十分に選択肢に入ると思います。

理由としては単純に文字が打ちやすい。

Smart Keyboardも打鍵感自体はバタフライキーボードと遜色のない良い製品ではありますが、キーボードがひとまわり小さいのでぎゅっとしています。

これが原因でタイプミスがMacと比較して増えますし、長時間文字を打つと肩こりがすごいです。

また、机の上でしか文字を入力しないのであれば間違いなく重いだけのケースでしかないので薄くて軽いケースで持ち歩いた方が疲れません。

その上Smart Keyboard Folioと比較すると価格が半額。

必要な時にMagic Kyeboardを取り出した方がiPad自体の取り回しの良さが格段に上がります。

まとめると、文字入力のシーンがどれだけあるのか、どんな時に使うのかでSmart KeyboardとMagic Keyboardを選択するかが変わってくるかなと思います。

私は帰省時に荷物を減らす目的でiPad Pro 11 + Smart Keyboard Folioの組み合わせで運用していました。

しかし、このMagic Keyboardの購入によりSmart Keyboardである必要性はないように感じてきました。

キーボードが必要な場面は机に向かって記事を執筆する時だけなので常に必要なわけではありません。

Magic Keyboard自体も厚みがiPhone7よりは少しある程度で薄くて軽いです。

Smart keyboardの各モデルの重量と比較してもだいたい軽い

  • iPad 10.2 , Air(第三世代),Pro10.5用Smart Keyboard:220g
  • iPad Pro12.9(第一世代、第二世代)用Smart Keyboard: 338g
  • iPad Pro11用Smart Keyboard Folio : 295g
  • iPad Pro 12.9用Smart Keyboard Folio : 402g
  • Magic Keyboard : 231g

iPad第七世代、及び第三世代AirやPro10.5用のSmaet Keyboard以外ではMagic Keyboardが最軽量です。

取り回しの良さを度外視した単純な荷物の重さだけでみるとMagic Keyboardにしたからといって重くなることはない。

また、薄いので持ち運びの際にも非常にコンパクト。

入力もしやすいしもはやSmart Keyboardでなくてもいいのでは・・・。

Magic Keyboardは買い?

まだこの記事を執筆中にしかMagic Keyboardを使用していませんが、その時点ですら買ってよかったと感じている自分がいます。

現在は写真のようにスタンドにMacBook Proを載せてMagic Keyboardで文字を入力しています。

記事を書いていて思いましたが、Magic Keyboardを接続している方が肩が凝りにくい。

スタンドなしでMacBookのキーボードで入力するよりも画面の高さがちょうどいいですし、キーボードと画面の位置が遠いので猫背になりにくいです。

猫背になりにくいということは姿勢がいいということで肩こりの軽減にも期待できます。

シザー式のキーボードなのでバタフライキーボードよりも打ちやすいし一石二鳥です。

文字を入力していて遅延も一切感じないレベルですし、MacBookとの接続もスムーズ。

キーの配置や大きさもMacBook Proなどと全く同じなのでブラインドタッチにも影響はありません。

難点としてはMacBookの位置的にトラックパッドに触れることがなくなること。

まぁそれ自体はMagic Mouse2のジェスチャー操作で事足りているので支障はほとんどありません。

バッテリー持ちも結構いいらしいですし、Lightning端子が底面にあるマウスと違って充電しながらでも使用可能なのでバッテリーげへたったとしてもほぼ気にする必要はなし。

欠点らしい欠点がなく、キータッチ時のペチペチ音を気にするかどうからぐらいです。

MacBook Pro用としてだけでなく、先述の通りiPadでも申し分ない働きをしてくれるパーフェクトなキーボードです。

薄くて軽く、持ち運びやすい。

非常に買いなキーボードです。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを