AppleCare+は必要?〜未加入で修理代金7万円を払った筆者が各Apple製品ごとに解説〜

こんにちは、Yotchanです。

本日はiPhone XS Maxの修理代に7万円払ったからこそわかるAppleCareが必要な製品を紹介していきたいと思います。

iPhone XS Max水没の悲劇

みなさんはApple製品の有償修理を経験したことがあるでしょうか?

ほとんどの方は経験がないのではないでしょうか。

かくいう私も6年間で一回しかありません。

その一回が非常に高額であったため、それ以降端末を購入する際にはApple Care+をつけるようにしています。

年々本体価格が高額になっているiPhoneは修理代金も高額なので使用頻度が高い分加入することをオススメします。

本当に・・・。

税込にすると7万円の出費になりました・・・。

AppleCare+とは

AppleCare+ for iPhoneでは、過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを、1回につき下記のサービス料で2回まで受けることができます。さらに、エクスプレス交換サービスを利用したり2、Appleの専任スペシャリストにチャットまたは電話で優先的に問い合わせることもできます3

https://www.apple.com/jp/support/products/iphone/

AppleCare +はApple製品の故障に対する修理料金を一定期間割引して提供するサービスです。

上記引用はiPhone用のプランから抜粋しましたが、その他の多くのApple製品でも対応のプランが用意されています。

Apple DisplayやHomepodにまでプランがあるとは思いませんでした。

実はApple製品には購入から1年間限定保証というサービスがあるのでCare+の必要性を感じない人が多いのではないかと思います。

結構Care+の料金は高いですしね。

しかし、この1年間限定保証が思っているほど対象になる事例が少ないことを皆さんはご存知でしょうか。

本保証は、以下に対しては適用されません。

(a) バッテリーなどの消耗部品または経時的に劣化が当然予測される保護コーティング (損害が材質および製造上の瑕疵に起因する場合はこの限りではありません)。

(b) 傷、へこみ、ポート部分のプラスチックの破損を含むがこれに限定されない、外観上の損傷 (損害が材質および製造上の瑕疵に起因する場合はこの限りではありません)。

(c) Apple の製品仕様に適合しないサードパーティのコンポーネントまたは製品との併用に起因する損害 (Apple 製品の仕様は www.apple.com の各製品の技術仕様のページで、またはストアで確認可能です)。

(d) 事故、不適切な取り扱い、誤用、火事、液体接触、地震またはその他の外的要因による損傷。

(e) Apple が発行するガイドラインの範囲を超えた Apple 製品の操作に起因する損傷。

(f) Apple の代理店、または Apple 正規サービスプロバイダ (以下、「AASP」といいます) 以外によって実施されたサービス (アップグレード、拡張など) に起因する損傷。

(g) Apple からの書面による許可なく機能または性能を変更するために改造された Apple 製品。

(h) 通常の摩耗、または通常の経年劣化に起因する故障。

(i) シリアル番号が削除されている、または判読できない Apple 製品。

(j) 当該製品が盗難品であるという情報を Apple が関連する公的機関から入手した場合、またはお客様がパスコードなどの、Apple 製品に対する不正アクセス防止用のセキュリティ対策を解除できず、いかなる手段 (購入証明書の提示など) によっても製品の正当な使用者であることを証明できない場合。

https://www.apple.com/jp/legal/warranty/products/ios-warranty-japanese.html

要は製造上の問題でない限り無償修理の対象となる可能性はほとんどないということ。

私がiPhone XS Maxで高額な修理代を払うこととなったFace IDモジュールの水没による動作不良は当然保証の対象外。

水に落としたことなかったんですけどね・・・。

そのため、画面を割ったりなにかしらの不具合が起こることが心配な人はApple Care+に加入することが無難といえます。

しかし、全てのApple製品が加入する必要があるかと言われればそうではありません。

そこで、本日はメジャーな製品のApple Care+の内容を確認して加入する必要があるか考えていきたいと思います。

まとめ

以上がApple製品ごとのAppleCareの保証内容でした。

なかなか細かく保証内容を見ることがないので参考になった人も多いのではないでしょうか。

最後に、AppleCareに加入が必須なものとそうでないものをまとめて締めたいと思います。

加入が必要なApple製品

  • Air Pods , Beats製品
  • Apple Watch

ケースバイケースで加入なApple製品

  • iPhone
  • iPad
  • Mac

ケースバイケースなプランに関しては加入した方がメリットになるのかをしっかりと考えることをオススメします。

<

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを