注目キーワード

iPhoneをメイン機から外すか悩んでいる話ーセルラー契約なしのApple Watch単体でも電子マネー決済は可能

IMG 1169

こんにちは、Yotchanです。

本日はiPhoneをメイン機から外してGalaxy Note 20 Ultraのみで日常生活を行うべきか検討している話をしたいと思います。

用途的にiPhoneは不要

IMG 1171

私は現在、メイン機にiPhone 12 mini、サブ機にGalaxy Note 20 Ultraを愛用している2台持ちユーザーです。

  • LINEやFace Timeなどでの連絡
  • Apple Watchの母艦
  • iPadやMacへの自動テザリング接続

使い分けとしてはiPhone 12 miniで上記のことを行い、Galaxy Note 20 Ultraにて手書きカレンダーで予定を管理するというような役割分担です。

基本的にはこの運用で不便はないのですが用途的にGalaxy Note 20 Ultraに一本化したいという思いがあることも事実です。

Face TimeはLINEでの電話にリプレイスが可能ですし、テザリングについては別途モバイルルーターを仕事中は持ち歩いているので不要です。

唯一iPhoneでなければならない用途があるとすればApple Watchの存在ですが、外出先で最も活用している電子マネー決済に関してはネット環境がなくてもApple Watch単体で決済可能であるため極論iPhoneがなくても通知が来ないだけで支障はありません。

そう考えるとiPhoneを持ち歩く意味はあるのだろうか?と疑問に思う自分がいました。

メイン機がiPhoneであるが故のデメリット

①荷物が増える

iPhoneをメイン機にしていて感じるデメリットの最たるものは荷物が増えることです。

仕事中は社用iPhoneの他に私用のiPhoneとGalaxyの合計3台を常に携帯している状況にあります。

パンツの左右のポケットにスマホを一台ずつ入れていても1台余ってしまうのでとにかく邪魔。

私用のスマホをGalaxy Note 20 Ultraに集約すればこの悩みから解放されるのでどうにか形にしたいところ。

②LINEアカウントの管理

これはiPhoneというよりはLINEの問題です。

スマホを複数台所持しているガジェットオタクにとってLINEのアカウントはなかなかに厄介な問題です。

一つのアカウントに複数台の端末でログインできないのでメインで利用しているアカウントをインストールしているスマホを常に持たざるを得ないという難点にかれこれ8年以上苦しめられ続けています。

もちろん、サブ機にも別アカウントのLINEを用意してはいますが、メインアカウントに登録している友達や会社の同僚の全てとの間にサブアカウントを含めたグループトークを作成するというのは現実的ではありません。

そのため、メインのアカウントをインストールしている端末は嫌でも持ち歩かねばならないのが現状です。

私にとってこれ一台で完璧!というスマートフォンがないだけになかなか根が深い問題となっています。

現在はとりあえずApple Watchの通知目的でiPhoneにメインアカウントを入れてはいますが端末の機能的にはiPhoneは不要なのでGalaxyに移したいところ。

脱iPhoneの最大の壁はApple Watch

3E4EBA65 02DF 49AE AECF 11A61D09202B

もはやスマートフォンとしてはiPhoneに全く魅力を感じなくなった私が脱iPhoneを未だに実行しきれない理由の一つにApple Watchの存在が挙げられます。

Apple Watchを約2年間風呂以外では常に装着している生活を過ごしているのでApple Watchなしの生活に戻ることはできません

コンビニやスーパー、飲食店のほとんどでApple Watchで決済し、日常のダイエットに必要な消費カロリーの測定もApple Watchで行っています。

もはやApple Watchは私にとって身体の一部と言っても過言ではないほど生活に根付いてるスマートウォッチです。

そんなApple Watchの難点はiPhoneでしかペアリングができないこと。

AndroidユーザーはApple Watchのセットアップすらできないという排他仕様なのでなかなかに曲者です。

Apple WatchではなくWearOS搭載のスマートウォッチを購入することも検討しましたが気になった製品は悉くFelica非対応=IDやQuickpayが使用できないので候補に至らず断念したという経緯もあります。

Apple WatchさえなければiPhoneもいらないのに・・・。

Apple Watchのオフライン運用もやり方の一つ

Apple Watchの存在によってiPhoneも自動的に持っていかねばならない連鎖。

これを断ち切るべく考えたのがApple Watchをオフラインで運用すること。

Apple WatchはiPhoneが近くにない状況、つまりオフラインの状態であってもFelicaでの決済(IDやQP)は支障なく行うことができます。

消費カロリーの測定についてもオフラインで当然可能。

そう、iPhoneからの通知を受けられなくなることを除けばApple Watchはオフラインでも案外問題なく使用ができるのです。

結局iPhoneを持ち歩かねばならない理由

Apple Watch問題についてはなんとかクリアできそうです。

しかし、結局はiPhoneを家に置いていくメリットがないので持ち歩かざるを得ないのが現在の状況です。

iPhoneの主な用途はApple Watchの母艦としての役割ですが、それ以外にもiPadやMacへの回線供給を行うルーターとしての役割もあります。

iPadなどに回線を供給するという役割だけで見ればGalaxy Note 20 Ultraでもテザリングができるので問題はありません。

ですがiPadがWiFiに接続されていない状況であれば自動的にiPhoneとテザリング接続を行うInstant Hotspot機能をGalaxy Note 20 Ultraでは使えません。

そうなると毎回Galaxy側でテザリングを有効にしてiPad側で接続するのが面倒で常にモバイルルーターをポケットに収めておく必要が出てきます。

それはiPhoneを携行するのと状況としてはなんら変わりがないのでiPhoneを家に置いていくメリットはありません。

結局は強固なApple製品間の連携の前に私の脱iPhone構想は崩れ去ってしまう残念な結果に。

そしてどうせiPhoneを持ち歩かねばならないのであればLINEのメインアカウントはApple Watchで通知を受けるためにiPhoneでログインするわけで・・・。

メイン機をGalaxy Note 20 Ultraにできない理由はそこにありました。

機能的にはiPhoneに魅力はないのにメイン機にせざるを得ない屈辱を共感してくれる人はそれなりにいらっしゃるのではないでしょうか?

合わせて読みたい記事

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

IMG 1169
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマにApple製品やおすすめのガジェットの使い方や活用ノウハウを毎日お届けするガジェットブログ。