2台目のiPhone 12 Pro Maxの液晶は黄色くなかった話−表示品質には個体差が大きそう

こんにちは、Yotchanです。

本日は2台目のiPhone 12 Pro Maxは尿液晶ではなかった話をしたいと思います。

iPhone 12シリーズの液晶が黄色い問題

iPhone 12 Pro Maxの発売日に購入した瞬間から気になっていたディスプレイが黄ばんでいる問題

多くの人が気になっているのか発売から半年が経った今でも定期的に改善方法の記事にアクセスしてくれている人が多い状況にあります。

私が購入した12 Pro Maxの個体はこのような黄ばみ具合でした。

True Toneオフ、Night Shiftオフの条件で11 Proと並べると明らかに黄色い。

Xperia 1と並べるとその黄ばみっぷりは顕著で見るに耐えれない程でした。

最終的にはカラーフィルターを調整することで補正しましたがもう少し品質を改善してくれと思わずにはいられませんでした。

2台目のiPhone 12 Pro Max

尿液晶の衝撃から半年が経ち、12 Pro Maxにカメラの不具合が現れたのでエクスプレス交換を行い2台目となる個体が我が家にやってきました。

そこで気になるのが液晶の表示です。

今回は有機ELなiPhoneが他になかったのでGalaxy Note 20 Ultraとの比較になりますがいかがでしょうか。

前の個体よりも黄色くはないことを使用していて実感しています。

Note 20 Ultraと比べると若干暖色寄りではありますが写真で見るよりは黄色っぽくないので今回は当たり個体を引けたのかも知れません。

Note 20 Ultraのブルーライトカットモードをオンにすると当然のことではありますが12 Pro Maxの方が白が綺麗に表示されているように見えます。

しかし、体感では前の個体がブルーライトカットをオンにしたNote 20 Ultra相当であったことを考えるといい液晶を引けたように感じます。

12 Pro Max以外にもiPhone 12を所有していた時期もありましたが再起動が頻繁に起こる不具合があり返品したのでディスプレイの表示を確認することを失念していました。

いずれにせよ個体間で液晶の色味に明らかに違いがあることが分かったので下記記事にて補正がしきれない人は一度本体交換を行なって液晶ガチャを試行するのも一つの手段かもしれませんね。

合わせて読みたい記事

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを