Brydge Pro+を手放した理由〜Magic Keyboardが勝った点〜

  • 2020年8月2日
  • 2020年7月22日
  • iPad

こんにちは、Yotchanです。

本日はBrydge Pro+を結局手放した話をしたいと思います。

選ばれたのは「純正」でした。

Brydge Pro+とは

Brydge Pro+は海外にて販売されているトラックパッド内蔵のキーボードケースです。

トラックパッドのないBrydge自体はApple公式でiPad mini用のものが販売されているのでご存知の方もなかにはいらっしゃるかもしれません。

特徴は以下の三点。

  • トラックパッド内蔵
  • シザー式キーボード
  • バックライト付き

キーボード自体はMagic Keyboardと似たような仕様です。

違う点があるとすればSmart ConnectorでのペアリングではなくBluethoothでのペアリングということ。

公式での動作動画はこんな感じです。

詳しいレビューは以下の過去記事に記載済みなのでそちらを合わせてご覧ください。

Brydge Pro+を評価していた点

1.分離して使用できた

私がBrydge Pro+を利用している上で最も評価していた点はiPadと分離して使用できる点です。

Brydge Pro+はMagic Kryboardと違ってBluetooth接続であるためiPadから離れた状態でも利用できます。

ベッドに寝転びながらモニターアームでiPad Proを固定すれば自分の楽な姿勢で様々な作業ができます。

ベッドでゴロゴロしながらブログの執筆ができるので重宝していました。

2.デザインが好み

次に評価していた点はデザインがとにかく良いこと。

Brydge Pro+に接続したiPad Proの外観はMacBook Proそのもの。

Magic Keyboardと違ってアルミボディの本体は質感が高くかなり所有欲を満たされるキーボードでした。

バックライトキーなので暗いところでも問題なく文字を入力できて安心。

キーボードもごちゃごちゃしているJISではなくUSキーなのでスタイリッシュ。

個人的にはかなり好きなデザインのキーボードでした。

3.価格が安い

Brydge Pro+のメリットの一つは価格が安いこと。

海外でしか販売されていない製品なので、新品で購入しようとすると約3万円。

中古では2〜2.4万円で購入できる印象。

Magic Keyboardの価格は4.1万円ということを考えるとBrydge Pro+の価格は非常にお手頃。

SmartKeyboard Folioの価格と変わらないのでトラックパッドが付いている分お買い得であることは間違いありません。

Magic Keyboardを選んだ理由

1.取り外しが簡単

私がBrydge Pro+を手放した最大の理由は取り外しが面倒だったから。

Magic Keyboardは磁石で簡単に脱着できるので気軽にタブレットとパソコンの形態を行き来することができます。

それに対して、Brydge Pro+はヒンジにiPadを挟んで本体と合体させるスタイル。

取り外しの手間はMagic Keyboardと比較すると面倒でした。

また、ヒンジの部分のゴムの耐久性に欠けており二週間の使用でこのような状態に。

Brydge Pro+のヒンジ部分のアルミにiPad Pro本体が傷付けられるという脱着の手間だけでなく実用上の支障も生じるレベルでした。

2.トラックパッドの精度が微妙

Magic Keyboardのトラックパッドは純正というだけあってBrydge Pro+のトラックパッドよりもかなり精度がよかったです。

Brydge Pro+のトラックパッドはMagic Keyboardよりも感度が悪いので長くゆっくりとトラックパッドの表面をなぞる必要があります。

そのため、使用する時間が長ければ長いほどストレスが溜まりました。

とはいったものの、トラックパッドの精度だけでは買い換えようとまでは思わなかったので慣れのレベルではあります。

ジェスチャー操作には対応していないものも多いですがキーボードショートカットを利用すれば十分実用できるレベルです。

まとめ

以上が私がMagic Keyboardを選んだ理由でした。

取り外しの問題さえなければBrydge Pro+を使い続けていましたが、使用頻度の多い私にはかなりのストレスでした。

やはりスムーズに取り外しができることは重要ですね。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを