iPhone11とiPhoneXSを徹底比較!〜価格が同じだとするとどちらを選ぶ?〜

  • 2019年11月2日
  • 2020年3月26日
  • iPhone

こんにちは、Yotchanです。

iPhone11シリーズの発売に伴い値下げされたiPhone XSシリーズ。

実は価格が近いって知っていましたか?

iPhone11とiPhone XSシリーズ

実質的に廉価モデルだったiPhone XRの後継機であるiPhone11と一世代前のハイエンドモデルであるiPhoneXSシリーズ。

最新モデルの入門機と一世代前のハイエンドモデルのどちらを選ぶかというのは悩みどころではないでしょうか?

iPhone11シリーズが標準機であるとAppleはアピールしていますが、コストカットのために本体の筐体の素材がProと違ったりします。

中身は最新かもしれないけども、本体の質感も重要。

スマホのスペックが伸び悩んでいる現状、そう考える人もいるのではないでしょうか。

iPhone11とiPhone XSのスペックを表にまとめました。

実質的に違う点は

  • A13 or A12
  • 液晶 or 有機EL
  • 超広角 or 望遠
  • バッテリー持ち
  • 3Dタッチなしorあり

iPhone11シリーズのメリットは最新のA13チップを搭載し、バッテリー持ちが良く超広角レンズを搭載している点。

この超広角レンズがなかなか優秀で、写真を撮る際に大きく力を発揮します。

iPhone11シリーズ以降に搭載されたナイトモードもなかなかのもの。

バランスの良い機種ではあります。

以下にiPhone XRの使用感の記事も貼っておくのでXS Maxと比較したカメラ以外の使い勝手の参考にどうぞ。

一方、iPhone XSシリーズは圧倒的に綺麗な有機ELディスプレイを搭載しており、iPhone11の超広角こそないが望遠レンズを搭載。そして、3Dタッチ最後の搭載機種です

最新機種ではないものの、iPhone XSシリーズのA12チップも非常に優秀で発売から一年以上経っている今も全く不満はありません。

超広角レンズこそ搭載していませんが、11にない望遠レンズを搭載しています。

望遠レンズもなかなかに便利です。

iPhoneXRと比較したiPhone XS Maxの望遠レンズの性能差に関しては先ほど貼ったiPhoneXRの記事にて触れているので気になる方はどうぞ。

次に、画面が有機ELである点。

11シリーズの液晶ディスプレイも十分綺麗ですが、有機ELディスプレイはやはり圧倒的に綺麗です。

ゲームの画面はもちろん、動画での画質が違います。

ぱっと見ではそこまでの差がないように感じるかもしれませんが、ずっと二つのモデルを使っているとその差は歴然です。

一度有機ELディスプレイを使うと液晶には戻れません。

そんな魔力を秘めているディスプレイです。

そして、個人的にここが一番重要なのですが、iPhone XSシリーズは3Dタッチを搭載した最後の機種です。

iPhone6Sからずっと使っていた3DタッチがiPhone11シリーズではProモデルにすら非搭載となっています。

非搭載なら非搭載で従来の3DタッチでできたことをXRや11シリーズのHaptic Touchで代替してくれていればよかったのですが、残念ながらそうではありません。

この点に関してiPhone11シリーズは明確にiPhoneXSシリーズからの劣化した点であるとすら私は思っています。

LINEで既読をつけずにメッセージを見る機能はLINE側が対応したため、XRや11シリーズでもできるようになりました。

しかし、文字入力の際にキーボードを押し込んでカーソルを移動する技はHaptic Touchではできません。

3Dタッチでの文字カーソルの移動

この機能を意識せずに多様していた私はiPhone XRを購入し、Haptic Touchで使えないと知ったときにAppleに対して失望しました。

3DタッチがなくてもHaptic Touchがあるから大丈夫といった姿勢をとっている割にはあまりにも浅はか。

アップデートでこの欠点をうめてくれれば手放しでiPhone11シリーズをおすすめしていますが、残念ながら現時点ではいまだに対応していません。

そういった点で私のような3Dタッチを愛用するものにとってXSシリーズは最後の防衛ラインといった立ち位置になりました。

それ以外にも、本体がiPhone11のアルミ+ガラスボディではなく、ステンレス+ガラスボディである点も違います。

iPhoneXから続くステンレス筐体は高級感があっていいですよ。

オークションではiPhone XS Max 512GBが約10万円

以上にiPhone11およびiPhone XSシリーズの特徴を主観で書きました。

それによってようやく本題にはいることができます。

「iPhone11とiPhone XSシリーズの価格が同じならどちらを買いますか?」

上に貼った画像はヤフオクでの未使用品のiPhone XS Max 512GBの価格です。

iPhone11は最大256GBのストレージ容量ですが、ハイエンドモデルのXSシリーズには512GBもの高容量モデルがあります。

iPhone XSシリーズで最も価格の高いモデルの512GBの価格がiPhone11の256GBと5000円差で購入可能。

現在AppleストアでXSシリーズの取り扱いはないので各キャリアやオークションの価格次第にはなります。

ですがこれって結構なやむところじゃありませんか?

iPhoneXSがiPhone11よりも必ずしも劣っているわけではないが故の葛藤。

iPhone11購入の前に一度よく考えてほしいところです。

iPhoneXS MaxとiPhoneXR(=11)のサイズはほとんど変わりません。

XS Maxというと大きいというイメージを誰もがもっていると思いますが、iPhone11とサイズの差はありません。

これで性能、価格、サイズの差全ての疑問が解消されたのではないでしょうか。

まとめ

以上がiPhone11とiPhone XSシリーズの比較でした。

実際、すごく悩ましい内容になっているのではないでしょうか?

個人的にはiPhone XSシリーズの相場が下がったことで11以上にコスパの良い機種になったのではないかと思っています。

それになんといっても最後の3Dタッチ搭載機種。

AppleがHaptic Touchを真剣に作り込んでくれていれば手放しに11シリーズでよかったのになぁ・・・。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを