心と体をつなぐ心身相関の仕組みを解明―ストレス関連疾患の新たな治療戦略へ―

名古屋大学大学院医学系研究科統合生理学の片岡直也特任助教と中村和弘教授の研究グループは、脳の中で心理や情動を処理する「心」の領域と「体」を調節する領域とをつなぐ「心身相関」の神経伝達路を発見しました。

目次

概要

ポイント

・脳の中で心理や情動を処理する大脳皮質から体を調節する視床下部へストレス信号を伝達する、心身相関の神経伝達路を発見しました。

・ラットの実験において、この神経伝達路を破壊あるいは抑制すると、社会心理ストレスによる体温、脈拍、血圧の上昇反応とストレス源から逃避する行動が、いずれも起こらなくなりました。

・この神経伝達路は、パニック障害や心因性発熱などのストレス関連疾患の治療法の開発において標的となる経路として有望であると考えられます。

研究の概要

研究グループは、ラットを使った実験によって、心理ストレスや情動を処理する大脳皮質の中のDP/DTT(背側脚皮質/背側蓋紐)(注1)と呼ばれる領域から、生体調節に重要な交感神経系(注2)を制御する視床下部へストレス信号を伝達する神経路を発見しました。遺伝子技術を使って、この神経路を破壊あるいは光で抑制すると、通常は社会心理ストレスによって生じる体温、脈拍、血圧の上昇が起こらなくなりました。さらに、ストレス源(ストレッサー)から逃避する行動も消失しました。

こうした実験結果から、この神経路は大脳皮質の心理ストレスの信号を視床下部へ伝えることにより多様なストレス反応を駆動する、心身相関の重要な神経伝達路であることが明らかになりました。

今後の展望

本研究では、「心」の信号を「体」を調節する神経系へ伝達することで心身相関を実現する、脳の重要な神経伝達路を発見しました。今後、この神経伝達路を遡って脳の「心」の領域の仕組みを調べることで、私達が「ストレス」や「情動」と呼ぶものを科学的に明らかにするとともに、「病は気から」ということわざに表される現象の基本原理を解明したいと考えています。そして、この神経路がパニック障害、心的外傷後ストレス障害(PTSD)、心因性発熱などの発症にどのように関わるのかを明らかにすることによって、こうしたストレス関連疾患を根本的に治療できる画期的な治療法の開発に貢献します。また、この研究成果はストレスと老化の関係を科学的に解明することにも役立つことが期待されます。

https://www.amed.go.jp/news/release_20200306-02.html

非常に面白い研究内容ですね。

現代においても未だに謎の深い「心」と「体」を繋ぐ神経伝達路が発見されたことは今後の心理領域における基礎研究の発展につながりそうです。

ストレス社会と呼ばれる現代において、パニック障害に苦しむ患者さんは多い状況にあります。

また、重度のストレスからうつ病を発症し命を断つ人も今となっては珍しくありません。

一度壊れた心は元に戻りません。

立ち直ったように周りから見えていても、それは壊れた破片をかき集めてつなぎ合わせてできたモノで、その人が元来持っていたはずの心ではなくなっています。

そのため、心が壊れてしまう前に適切な治療を行うことが鍵となります。

この研究が「心」の不調に由来する疾患に苦しむ患者さんたちを根本的に救う光となることを期待しましょう。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを