AirPods Proのファームウェアアップデート方法を徹底解説

こんにちは、Yotchanです。

AirPods Proの最新ファームウェア「「2D15」が公開されたので更新してみました。

アップデート方法が調べないと全くわかりませんでしたね。

現在のバージョンの確認方法

まずはAirPods Proのファームウェアを確認しましょう。

iPhone/iPadの「設定」→「一般」→「情報」から「AirPods Pro」を選択します。

これで現在のファームウェアバージョンを確認することができます。

私は最新版のひとつ前の「2B588」でした。

AirPods Proのアップデート方法

AirPods Proはどうやら手動でアップデートできないようです。

以下の条件が揃った時に自動でアップデートされるとのこと。

  • AirPods Proがケースに入っている
  • AirPods Proのケースが充電中である
  • AirPods ProとペアリングしてWiFiに接続されたiPhone、またはiPadが近くにある

もどかしいですがアップデートされるまでしばらく待ちましょう。

個人的には3項目が謎でしたね。

AirPods Proをケースに入れるとiPhone側からペアリングされているのか不透明なので。

とりあえずケースを充電しながら10分放置したあと確認してみるとアップデートが完了していました。

2D15へアップデートが完了

AirPods用のファームウェアは更新内容がリリースされない慣例があるらしく、具体的にどのような変更があったのかは明らかではありません。

そのため、ユーザーが使用した感覚から判断せねばならないようです。

アップデートした印象

アップデートしたばかりなので今後評価が変わるかもしれませんが、現状の印象はこんな感じ。

  • ホワイトノイズがマシになった
  • ノイズキャンセリングが良くなった気がする
  • 音質はそこまで変わらないような

少し外に出かけてみるとノイズキャンセリングの精度が上がっているような気がします。

AirPods Proの初期ファームウェアでのノイズキャンセリング性能を知らないので当時と比較するとどうなのかわかりませんが、2B588よりは精度が高い気がします。

音質の面はそこまで変わった印象はありません。

不具合の改善状況

過去バージョンの2B588では私の環境では2つの不具合が生じていました。

一つ目は左側のイヤホンから音が流れずに篭ったようなノイズのようなものが流れる現象。

AirPods Proの使用頻度が低い私ですらこの症状は頻繁に発生していました。

このバグが今回のアップデートで解消されているかは今後の日常使用に伴ってはっきりするでしょう。

少なくとも、現時点ではホワイトノイズは改善されているような気がします。

イヤホン装着時の「サーッ」という音は小さくなっています。

耳掃除したばかりなので多分まちがいないはず・・・。

次の不具合?はiPhone XS Maxだけ他の機種よりも音のバランスがおかしい問題。

iPhone 6s , 7 , X Apple Watch , MacBook Air/Pro , iPad mini 5/ Pro11など多くのApple製品とAirPods Proを接続しましたが、これらの機種で特に音質が良い悪いと感じたことはありません。

しかし、明らかにiPhone XS Maxに接続したときだけ音が悪いんですよね。

残念ながら今回のアップデートでは改善されていませんでした。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを