注目キーワード

IIJのeSIMプランを解約した話−流石に遅すぎる

こんにちは、Yotchanです。

本日は昨年12月に契約したIIJのeSIMプランを解約することにしたのでその理由を紹介したいと思います。

IIJのeSIMプランを契約した理由

私はIIJのeSIMプランを契約した理由はUQやポケットWiFi、楽天を含む全てのSIMのデータ容量を使い果たした際の緊急避難的な用途が主でした。

実際に使用してみた感想などは紹介済みなので今回は割愛して契約からわずか3ヶ月で解約に至った経緯を紹介しようと思います。

eSIMプランを解約することにした理由

サービスの解約ページ:https://www.iijmio.jp/customer/cancel/

通信速度が遅すぎて使い物にならなかった

私がIIJを解約することを検討したきっかけは契約とほぼ同じタイミングでした。

数年前に契約した時も速度が不満でUQモバイルにMNPしたのですが未だに回線品質は改善されていませんでした。

お昼時になるとTwitterの画像はおろかアイコンさえ読み込まないレベルの低速度で速度制限とそこまで変わらないのでは?と思うほど。

得意先でiPad Proを使用する際はiPhoneからのテザリングでネット環境を賄っているのでこの回線品質では使えたものではありません。

契約した月はそれでもデータがないので背に腹は変えられず解約しませんでしたが、IIJへの印象がよくなることはありませんでした。

価格が割に合わない

通信速度が遅いことに加えて価格が安いわけでもないという点もネックでした。

データ通信を使用しなくても月額150円の維持費がかかり追加するデータごとに料金が加算されていきます。

データを使い切ってeSIMを使用しようとすると最低容量の1GBでも150円+300円=450円の料金が発生します。

2GB使用した場合にはさらに450円が加算されるので950円の利用料金となります。

通信速度の割に価格が高すぎるという印象を私は拭うことができませんでした。

昼時に使い物にならない回線をたった1GBの450円でも払いたくないと思う自分がいました。

それだけ通信速度のストレスが大きいんですよね。

初月以外全く使わなかった

上記2点の不満が重なった結果、契約月以外は全く使用しないまま3ヶ月が経過しました。

その間にまた背に腹が変えられない状況が来るかもしれないと思いましたがFuji SIMの20GBプランを追加契約したこともあってIIJの出番は全くありませんでした。

前回契約時のトラブル対応への不信感からIIJという会社自体が好きではないこともあり、150円の維持費すらIIJに支払いたくなかったので解約することにしました。

IIJは色々挑戦する姿勢自体はいいと思いますが、それよりも先に回線速度を強化しないと使い物にならないのになと思う今日この頃です。

IIJ eSIMサービスの解約ページ:https://www.iijmio.jp/customer/cancel/

合わせて読みたい記事

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマにApple製品やおすすめのガジェットの使い方や活用ノウハウを毎日お届けするガジェットブログ。