Sony RX100シリーズ用純正ケース「LCJ-RXF」を購入レビュー〜使い勝手はちょっと悪いかも〜

こんにちは、Yotchanです。

本日は先日購入したRX100M7用に純正ケースを購入したので紹介したいと思います。

使い勝手は微妙・・・です。

ケースはとりあえず安定の純正

どのようなプロダクトにせよ基本は開発したメーカーがそのガジェットを一番理解しているのでハズレを引く確率が少ない説明会に基づいて初めて購入したカメラRX100M7のケース選びでもその持論を踏襲してSONYの純正ケースを購入することにしました。

対応している型番は初代から最新のM7までの全ての DSC-RX100シリーズです。

内容物はケース本体とストラップのみというシンプルな構成。

純正なだけあって質感は非常に良く、使い込んでいくに伴って出てくるであろう”味”を楽しみにさせてくれるケースです。

カラーバリエーションはブラックとベージュの2色で今回はベージュを選択しました。

装着はRX100シリーズの本体と三脚を固定する部分とケースのネジを止めて接続する方式です。

ケースのネジの部分には三脚やシューティンググリップを固定するための穴があるのでケースを装着しているときでもそれらの固定式周辺機器は利用することができます。

ケースにRX100を装着するとこのようになります。

純正なだけあって本体の寸法にピッタリと会っていて360度完全に保護してくれます。

ケースの厚みもそれなりにあるので誤って落下させてしまった場合でも本体の破損をある程度は防いでくれるでしょう。

撮影時には分離することが可能

このケースを使っていて気に入った点は手持ちで撮影する際に邪魔になるレンズを保護している部分を取り外すことができる点です。

ケースは2つのパーツをボタンで留めているだけなので簡単に取り外すことができます。

少し間を置いて撮影することが分かっているときには蓋の部分をカバンに突っ込んでおけば着脱の手間も省略することができる点もGood。

かわいいデザイン

私がガジェットを購入する際に重視するポイントの一つがデザインの”可愛さ”です。

身の回りにおいて長く使うものなのですから機能面は当然としてデザインも大事。

そういった観点ではこのケースは最高です。

少し無骨な印象を与えるRX100M7の雰囲気がベージュのケースに収まることで柔らかくなるのでデスクの上に置いていると意味もなく視線を運んでいる自分がいました。

人にしろモノにしろ”可愛いは正義”が私の座右の銘。

撮影する上で微妙だった点

ストラップの着脱ができない

基本的には気に入っている純正ケースですが使い勝手が悪いと思う部分も残念ながら見受けられました。

その際たるものがストラップの着脱ができないこと。

RX100本体が装着されているケースとストラップはフック式での接続ではないので基本的に取り外しができません。

手持ちで撮影する際にストラップを首から外すと常にケースからぶら下がっている状態になるのでフラストレーションが溜まります。

手持ちで携行したいときにもストラップが付き纏ってくるのは勘弁いただきたい。

フック部分の破損による落下での本体の損傷を恐れてこのような接続方式にしたのだとは思いますが使い勝手は悪いというのが本音のところです。

バッテリー交換のたびにケースから外さねばならない

面倒なことその②はケースを装着している状態でバッテリーの交換ができないこと。

RX100シリーズではバッテリースロットは本体底面にありますがこのケースは本体とネジで固定しているため、ネジを外してケースと分離せねばスロットにアクセスすることはできません。

また、USB経由で給電するにもケースを開かねば同様に端子にアクセスできないのでケースを開かずに充電することもできません。

バッテリー持ちが悪い機種なので頻繁に行う作業であるだけにストレスです。

このように実用の面では少し難がありますが「何よりも見た目がいい」のでオシャレに携行したい人は買っても妥協の範囲内で付き合えると思います。

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

合わせて読みたい記事

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを