Echo Auto1週間使用レビュー 〜Apple製品との連携が便利〜

こんにちは、Yotchanです。

本日はEcho Autoを一週間使って気づいたことを紹介したいと思います。

Echo Autoとは

Echo Autoは2020年9月30日に発売されたばかりの車載専用のスマートスピーカーです。

Echoデバイスでは各種音楽サブスクサービスの再生ができるのでこれらのサービスを利用している人にとってはかなり使い勝手のよい製品です。

【あなたの車にもAlexaを】スマートフォンのAlexaアプリに接続し、外部入力端子、またはスマートフォンのBluetooth接続を介して車のスピーカーから音を出力します。エアベントマウント(送風口用アタッチメント)が付属します。

【車内向けの設計】カーオーディオからの音楽、エアコンの音、ロードノイズなど、騒々しい車の中でも、Echo Autoは8つのマイクと音声認識技術でハンズフリーでの遠隔操作を実現します。

【カーオーディオを超えて】Echo Autoを声で操作し、スマートフォンのAlexaアプリでAmazon Music、Apple Music、Spotify、AWAなどから音楽をストリーミング再生。ローカルラジオ局はRadikoで、また、TuneInを使えば世界中のラジオ局を聞くことが可能です。

【話しかけて操作】話しかけることで、音楽を再生したり、ニュースを確認したりできます。

【プライバシーに配慮したデザイン】マイクの電源を切ることができるマイク オン/オフ ボタンを用意するなど、何重ものプライバシー保護対策を用いて設計しています。

引用:Amazon

Echo Autoの特徴の概要は上記の通りです。

音楽の再生以外にもYahooニュースなどのスキルを追加すれば音声操作でニュースを簡単に聞くことができます。

車内にAmazon Echo Dotを導入していた私はようやくの車載専用機ということですぐに購入しました。

ファーストインプレッションは過去記事にて紹介済みのため割愛します。

本日は一週間実際に使ってみて感じたことを紹介したいとおもいます。

まさかのApple製品との連携ができる

Echo DotではWiFiやBluetoothの設定項目がありますが、Echo Autoにはそのような項目はありません。

Echo AutoがペアリングできるのはAlexaアプリがインストールされたスマートフォンやタブレットのみです。

Bluetoothスピーカーと直接ペアリングできるEcho Dotではスピーカーとうまくペアリングされなかったり、途中で切断されることが頻繁にありましたがEcho Autoに乗り換えてからはそのようなことは一度もありません。

やはり3000円程度で購入できるEcho Dotと違って10万円をゆうに超えるiPhone 11 Proとでは接続の安定性が全く違うのでしょう。

また、BluetoothだけでなくWiFiのペアリング項目もないことからEcho Autoでクラウドミュージックを再生する際のデータ回線はペアリングしているスマートフォンの回線を利用しているものと思われます。

そう考えると、Echo Autoはスマートスピーカーというよりはスマートフォンを音声操作するための拡張ツールと定義するのが正確かもしれません。

データ通信やBluetoothスピーカーへの接続はスマートフォンで行い、Echo Autoは命令をスマートフォンへ届けるための高性能なマイク。

https://gadget-nyaa.com/03/echo-auto購入レビュー/

Echo Autoは従来のEchoデバイスと違いBluetoothスピーカーにペアリングすることができません。

Echo AutoはAlexaアプリがインストールされたスマートフォンやタブレットとペアリングし、そのデバイスがペアリングしているBluetoothスピーカーなどを通して音楽を再生します。

そのため、Echo Autoで音楽を再生するとスマートフォンのロック画面に再生されている音楽が表示されます。

曲送りや音量の調節もスマートフォンから行うことができます。

単体でWiFiやBluetoothスピーカーと接続できるEcho Dotとは大きく違います。

そして、Echo Autoではなくスマートフォンで音楽を再生していることからiPhoneにペアリングしたApple Watchでも再生している音楽が表示され、各種操作を手元で行うことができます。

車内でEcho dotで音楽を再生している時はディスプレイがないので音声で曲名を質問しなければ誰の、どんな曲が再生されているのかすらわかりませんでした。

しかし、Echo Autoでの音楽再生の主体はあくまでもスマートフォンであることから全ての情報をディスプレイ上でも確認することができます。

車内での音楽視聴の時間は知らないアーティストの発掘に費やしている私には嬉しい限りです。

まさかEcho Autoを利用している際にもApple製品の連携の恩恵を受けることができるとは・・・!

Apple Watchでの曲送りが信号待ちの際は便利ですね。

スマートフォンのスピーカーでも音楽の再生が可能

Echo AutoがペアリングしているスマートフォンがBluetoothスピーカーに非接続かつEcho Autoを車のAUX端子に接続していない場合は、まさかのスマートフォンのスピーカーから音楽が再生されて驚きました。

Echo Autoはあくまでもマイクであって音楽再生の主体がスマートフォン側にあることがよくわかる現象ですね。

この現象が地味に面倒な事態へと発展していきます・・・。

エンジンを切っても音楽の再生が止まらない

Echo Autoはあくまでもスマートフォンのマイクの代わりとなる存在。

そのため、エンジンを切ってEcho Autoの電源が落ちても音楽の再生は止まりません。

音楽再生の主体であるスマートフォンとBluetoothスピーカーの電源はエンジンに左右されないので当然ですよね。

AUX接続をしていればエンジンを切るとスピーカーが動かなくなるので音楽の再生が止まるでしょうが、Bluetoothスピーカーの方が音が良いので気はすすみません。

車を降りるたびにiPhoneかApple Watch側で再生を止める動作が増えてしまったのは少しネックです。

車で移動して営業を行っているのでエンジンを切るのは1日10回以上。

多い日では20回を超えます。

その度に音楽の再生を止める作業をせねばならないのは面倒なことこの上ない・・・。

まとめ

Echo Autoを一週間運用して感じたことは以上です。

まさかエンジンオフで音楽の再生が停止されないとは・・・。

Echo Dotと比較するとBluetoothスピーカーとの接続の安定性や起動の速さが優れているので上記に挙げたデメリットは現在のところ許容範囲ではあります。

それらを除けば使い勝手自体はいいので気になっている人は試してみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを