注目キーワード

Galaxy Z Fold3の購入を見送った理由ーAndroidに良いノートアプリがない

こんにちは、Yotchanです。

本日はGalaxy Z Fold3の購入を見送った話をしたいと思います。

Galaxy Z Fold3は優れたプロダクトではあるのですがソフトが追いついてない感が否めません。

Galaxy Z Fold 3とは

Galaxy Z Fold 3はSAMSUNGが販売しているフォルダブルフォンシリーズの三世代目となる製品です。

Foldシリーズで初めてSペンに対応したことによって7.6インチのタブレット級のディスプレイをより活用できるようになりました。

先日、初めて近所のauのデモ機を触ったところ初代Foldよりも明らかに動作が軽快になりSペンの書き味もかなり良かったので一瞬で心を奪われて購入を検討するようになりました。

ハードは最高、でもソフトは微妙

Play Storeに優秀なノートアプリがない

Galaxy Z Fold3のハードウェアは最高なのですがそのスペックを全て余すことなく使用するためのソフトウェアが追いついていない感は否めません。

無数あるAndroidデバイスの中でもスタイラスペンに対応しているデバイスは限りなく少数派である点がその理由でしょう。

Galaxy NoteシリーズやGalaxy Tab、HuaweiやXiaomiのタブレットぐらいしかスタイラスペンが使えるデバイスがないのでアプリ開発者がAndroid版のアプリを開発する旨味がないからかまともなノートアプリがありません。

現状、Galaxy Note 20 Ultraを使用している限りでは手書きカレンダーを書くぐらいがAndroidの限界であるように感じます。

関連記事

Galaxy FoldシリーズはAndroidタブレットである

昨年、Galaxy Foldを数ヶ月使用した経験からスマートフォンというよりはAndroidタブレットであるという結論を私は出しています。

AndroidアプリにはiPadのようにタブレット向けに最適化されたアプリはほとんどなく、7.6インチの大画面でなければできないようなことはほとんどありません。

漫画や動画などのコンテンツ視聴には最適ではありますがそれ以外にGalaxy Z Fold3ならではの体験をすることは難しいでしょう。

キャリア版の本体価格は約24万円であることを考えるとその価格に見合う価値がZ Fold3にあるとは思えませんでした。

ハードは最高なのにソフトのせいで微妙な体験しかできなさそうなのが残念です。

合わせて読みたい記事

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマにApple製品やおすすめのガジェットの使い方や活用ノウハウを毎日お届けするガジェットブログ。