iPad Proは11インチを選ぶべき理由〜12.9インチはタブレットとしては扱いが難しい〜

こんにちは、Yotchanです。

本日はiPad Proを購入する際に悩む本体サイズを選ぶポイントを紹介したいと思います。

iPad Proで悩むサイズ選定

iPadのサイズを選択する上で最も重要なのは本体のサイズ感。

iPad Proは現在11インチと12.9インチの二種類の大きさのラインナップが展開されています。

本体価格が高額ということもあって絶対に失敗したくないモデル選定。

そのためにはiPad Proでどんなことをしたいのか明確にイメージする必要があります。

  • iPad mini 4/5
  • iPad Pro 9.7
  • iPad Pro 11 第三世代/第四世代
  • iPad Pro 12.9 第一世代

私は今までにこれだけのiPadを日常的に利用した経験があります。

そのため、全てのiPadのサイズの取り回しや使用感も含めて体感としてよく知っています。

そんな私と一緒に皆さんがiPad Proに何を求めるのかこれから考えていきましょう。

iPad Proで何をする?

まず、整理していきたいことはiPad Proで「何をするのか」ということ。

iPad Proをタブレットとしてフル活用したのか、パソコンの代わりとして使いたいのか。

はたまたそのいずれもか。

この点がかなりサイズを選ぶ上で重要なポイントになってきます。

タブレットとしての利用がメイン

タブレットとしての利用がメインの人は間違いなく11インチの方がオススメです。

その理由は単純に11インチの方が取り回しがしやすいからです。

タブレットとしての利用で最も重要なのは携帯性の高さ。

タブレットを快適に利用するためにはまず使用に伴うストレスが少ないことが重要です。

持ち運ぶ機会の多いiPadはカバンへの入れやすさなども大事なポイント。

ちょっと出かける時にわざわざ大きな鞄を持って出かけませんよね?

iPad Pro 11インチではボディバッグにも入る大きさなのでどんなシーンでもとりあえず持って出かけることが可能です。

12.9インチでは大きさの問題もそうですが、重量の問題もあるので気軽に持っていけるかと言われればそうではありません。

iPadの取り回しが良くなければ自然と触ることが億劫になって使用頻度は低下します。

宝の持ち腐れにならないためにも初めてiPad Proを購入する人は11インチがオススメです。

すでに10.2インチや10.5インチなど持ち運び用のiPadがあるのであれば差別化という意味で12.9インチを選ぶのはアリだと思います。

パソコンの代わりに使いたい

パソコンの代わりとして使いたい人はまず利用頻度を考慮すると良いでしょう。

たまにキーボードを接続して利用したい程度であれば、タブレットとして扱う時間の方が長いので11インチの方がオススメです。

次に、本格的にパソコンの代わりとして使用したい場合。

この場合は自宅での作業が多いのか外出先での作業が多いのかという点で選ぶべきサイズは異なります。

基本的に持ち運びがない自宅であれば大画面の12.9インチでも問題ありませんが、外出先での作業が多いのであれば取り回しを重視しましょう。

ただし、一つ覚えておいて欲しいことがあります。

それはiPadではMacのように外部ディスプレイを拡張ディスプレイとして利用することができないため、基本的には一つの画面しか利用することができません。

そのため、iPad本体の画面の大きさはそのまま作業効率へ直結します。

取り回しもそうですが、作業効率も非常に重要です。

次に、iPadOSでそもそもどの程度パソコンの代替としての作業ができるのかという点も理解せねばなりません。

iPad Proは結局のところタブレット端末であるため、WindowsやMacにあるソフトが全て使えるわけではありません。

AppleのApp Store上にあるアプリとWebブラウザ上での動作が可能なサービスしか利用することができません。

そのため、パソコンとして使いたい場合は目的の用途に利用するアプリケーションがiPadに対応しているかどうか事前に調べておく必要があります。

さらに、予算的な問題も考える必要があります。

iPad ProでApple純正のMagic Keyboardを購入しようとした場合、最もやすい組み合わせであったとしてもMacBook Airの方が価格が安くなってしまいます。

このような場合であれば、そもそも最初からMacBook Airを購入した方が作業効率や自由度が格段に高いのでiPadを選ぶ意義は薄くなってしまいます。

iPad Pro 11インチの使用感

iPad Pro 11インチのは今まで利用した四種類のサイズのiPadの中でもずば抜けて満足度が高いです。

  • 画面サイズの割に本体サイズはコンパクト
  • ハイスペックで何もかもがスムーズ

この2点において私は11インチiPad Proを評価しています。

11インチの画面サイズでありながら本体サイズは従来の9.7インチiPadとそこまで変わらないという素晴らしさ。

画面が大きければ大きいほどコンテンツ視聴の質は上昇するので非常にありがたいポイント。

そして、搭載しているA12X/ZのパワフルなCPUによってアプリなどでの遅延や引っ掛かりは全くありません。

11インチと違って本体サイズが大きすぎないので立ちながらでのApple Pencilでのメモ書きもやりやすくて実用的。

大画面でありながらも取り回しがいいので大変扱いやすいiPadとなっています。

11インチiPad Proは第三世代/第四世代ともに利用しているのでレビュー記事のリンクも参考までに貼っておきます。

12.9インチiPad Proの使用感

私が12.9インチiPad Proを利用していたのは第一世代のみ。

つまり最初のiPad Proになるわけですが、大きさはかなり巨大でした。

現行のフルディスプレイなiPad Pro第三世代/第四世代であればベゼルが薄い分コンパクトにはなっていますが、それでも大きいことには変わりません。

私が12.9インチを使用していて感じたメリットはいくつかあります。

  • 画面が大きいので作業しやすい
  • 雑誌がかなり読みやすい
  • パソコンのサブディスプレイとして十二分な画面サイズ

12.9インチの画面サイズは広大で、何をするにも快適でした。

Apple Pencilでノートを作りやすいですし、Excelの資料がフルサイズで見れるので目が疲れない。

dマガジンは見開きで問題なく読めてかなり快適。

しかし、大きすぎた。

外付けキーボードがない状態、つまりiPad単体では本体が大きすぎて文字入力がかなりしにくい。

そのため、キーボードが前提のサイズとなりますがキーボードを付けると重量がパソコンクラスになる。

であればパソコンでいいのでは・・・となり私はiPad Pro11インチに乗り換えることにしました。

iPad Pro 12.9は単体で使う場合のタブレットとしての扱いにくさが難点でしたね。

自宅のみでの使用であればコンテンツ視聴機としては抜群に優秀です。

まとめ

12.9インチiPad Proは画面が大きく、魅力的なデバイスであることは間違いありません。

しかし、タブレットとしてみると取り回しに難があり、パソコンとしてはiPad OSという制限があるのでMacの方がいいという少し難しい立ち位置のデバイスとなりました。

イラストレーターなどの画面の大きさがそのまま作業効率に直結するクリエイターでなければ活用するのは難しいというのが私の結論です。

そういう意味では12.9インチiPad Proは真に「Pro」向けなiPadと言えるでしょう。

クリエイターではない私のような一般人が11インチこそ至高と思うのも当然の流れ。

そもそも狙っている層が同じiPad Proという製品でも違うのだから当たり前のことです。

そのため、12.9インチというサイズに少しでも不安がある人は11インチiPad Proを選択するのがベストです。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを