「iPhone 12 Pro Maxシリコーンケース – プラム」購入レビュー 〜旧モデルから改良点あり〜

MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxシリコーンケース - プラムを購入しました。
従来のシリコーンケースの不満点が解消されたので満足しています。

こんにちは、Yotchanです。

本日はMagSafe対応iPhone 12 Pro Maxシリコーンケース – プラムを購入したので紹介したいと思います。

従来のシリコーンケースの不満点が解消されたので満足しています。

iPhone 12シリーズからMagSafeに対応

Apple純正のシリコンケースを多く購入している私にとっては本来であれば新鮮味のない純正ケース。

しかし、今回はiPhone 12シリーズで初めて実装されたMagSafeに対応していることから少し新鮮味のあるケースとなっています。

私はiPhoneの気に入ったケースがなかなか見つからないので毎回純正ケースを購入しています。

本当はレザーケースにしようと思っていたのですが、ゴールドの本体に合うカラーがなかったのでシリコーンケースのプラムにすることにしました。

このカラーは今まで見かけた覚えがないことと、ゴールドと一番色が合っていると感じた点が決め手です。

開封の儀

iPhone 12 Pro Maxの予約と同時に注文したケースは一足早く我が家にやってきました。

今までのシリコーンケースと比較するとパッケージの時点で違うことにお気づきでしょうか?

iPhone SEの純正シリコーンケース

そう、今までシリコーンケースは紙箱ではなくプラスチックのパッケージに包装されて流通していました。

紙箱のパッケージはレザーケースのみだったんですよね。

資源に配慮してなのかわかりませんが、少し気になる変更点ですね。

そして、包装関連の変更点はもう一点あります。

今まではレザーケースにもなかったビニールのシートでケース表面が覆われています。

ただのケースでシートをペリッと捲る心地よい瞬間を感じることができると思わなかったので少しテンションが上がりました。

ファーストインプレッション

今回の純正ケースの背面はこのようになっています。

11 Proのケースには(少なくともレザーケースには)なかったカメラの縁を保護する段差がケースにある点が目を引きました。

これは前モデルと比較して本体が薄型化したことも関係しているのかもしれません。

iPhone 11 Proの純正ケースではカメラの縁に合わせて背面がフラットになるように作られていました。

iPhone 12シリーズは本体が薄くなったのでケースをしていても薄さを感じられるようにカメラの縁に合わせることをやめたのかもしれません。

少しの段差とは言え完全にフラットな従来のデザインの方が個人的には好みです。

内側にはMagSafeのコネクターが仕込まれていることがわかります。

MagSafe充電を行うとこの丸型の跡がつくという報告が上がっているようです。

私は現在のQi充電に不満がないのでMagSafe充電を利用するつもりはありませんが、利用予定の人は少し気になるポイントかもしれません。

変わったのはMagSafeだけではありません。

なんと、新ケースでは従来のケースの唯一の不満であった本体下部が保護されない問題が解決されています!

ほぼ傷つくことがないとはいえ気になっていた部分だったのでこの改良は素直に嬉しいですね。

もちろん、レザーケースもシリコーンケース同様の形状となっています。

本体への装着はまだ少し先になりますが、プラムの色合いも可愛いのでiPhone 12 Pro Maxの発売が待ち遠しいですね。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを