iOS 14 Public beta 導入レビュー〜PIPが意外と便利〜

こんにちは、Yotchanです。

本日はiOS 14のPublic Betaを導入してみたのでざっくりとレビューしていきたいと思います。

素晴らしい進化ではありますが、RAMが心配・・・。

iOS 14とは

iOS 14は先日のWWDCで公開されたiPhone用の次期最新iOSです。

主な更新点としては以下が挙げられます。

  • ウィジェット機能の実装
  • オフラインでも利用できる翻訳アプリの実装
  • Appライブラリの実装
  • ピクチャ・イン・ピクチャの実装などUIの最適化
  • マップにサイクリングモードが追加
  • AirPods Proに空間オーディオが実装
  • CarKeyの実装

現行のiOS12→iOS13への更新と比較するとかなりアレンジが加えられている印象です。

iOS 13の更新点で思い出せるものと言えばダークモードぐらいしかないような・・・。

iOS 14 Public Beta2のインストール

iOS 14のPublic Betaは「Apple Beta Software Program」に申し込むことで利用できます。

あくまでもバグの残っているBeta版となっているので不安が少しでもある方の導入はオススメしていません。

iPhone , iPad , Macのそれぞれのデバイスでここ4年間ほどPublic Betaを導入してきましたが、致命的な不具合に遭遇した経験はmacOS CatalinaのBeta版のみでした。

iCloudが同期されないという厄介かつ致命的なバグで非常に面倒でした。

そんな経験をしているにも関わらず、私は頭が悪いのでメイン端末のiPhone 11 Proに導入しました。

Apple Beta Software Programに参加するとBeta版をインストールするためのプロファイルを追加することができます。

iOSとiPadOSが分離されてから約1年となりましたが、プロファイルの名称は一緒のままのようですね。

プロファイルをインストールするとソフトウェアアップデートの項目よりPublic Betaのインストールができるようになります。

繰り返しにはなりますが、バグが不安な人はインストールをオススメしません。

また、間違ってもメイン端末にはインストールしないようにしましょう。

iOS 14 Public Beta導入レビュー

早速、メイン端末のiPhone 11 ProにiOS 14を導入してみました。

まずはファーストインプレッションを紹介していきたいと思います。

ウィジェットに関して

現在、追加できるウィジェットは純正のアプリのみとなっています。

カレンダーや天気、ペアリングしているデバイスのバッテリー残量などをホーム画面で確認できるようになりました。

このウィジェット機能に関してですが、正直私は使わないと感じています。

その理由は、これらの項目はiPhoneをつけるまでもなくApple Watchで確認できるから。

文字盤をインフォグラフで設定していればApple Watchを見るだけで大抵のことは確認できます。

Apple Watchユーザーとしてはあまり使うことはなさそうな印象です。

これからサードパーティ製のアプリが便利なウイジェットをリリースしてくれルことを楽しみに待とうと思います。

ピクチャ・イン・ピクチャ

私がiOS 14を導入して最も便利だなと感じた機能はこのピクチャ・イン・ピクチャ(PIP)です。

PIPはYoutubeなどの動画をバックグラウンドや小さいウィンドウで再生することができる機能です。

Youtube Premiumで解放されている機能と似たようなものですね。

当然のことながら、YoutubeアプリのPIPは対応していないのでSafari上でYoutube動画を再生することでPIPができることを確認しました。

複数の端末を所持しており、メインで利用する端末がiPad Proである私にとってはあまりiPhone上でPIPができたところで恩恵は少ないですが、多くの人にとっては便利な機能であることは間違いありません。

iPadOSも後ほど試そうとは思いますが、そちらの方が画面サイズ的に実用的なのかなといった印象です。

Appライブラリ

アプリをジャンルごとに分類してくれるAppライブラリはなかなか使い勝手が良く、好印象です。

ホーム画面以上にアプリのアクセスは良くなっています。

アプリのカテゴライズもBeta版ながら上手に分類されていて感心しました。

比較的よく起動するアプリのアイコンは大きく表示されているので迷うことがありませんでした。

翻訳アプリ

個人的にiOS 14の発表を見て最も興味を引いた項目はこの翻訳アプリでした。

ライブ翻訳に対応していて、しかもオフラインでも利用可能。

最近観光地で見るようになりつつあった「ポケトーク」などを完全に殺しにきている機能で、このアプリだけでiPhoneを選択する理由の一つになる人もいるのではないかと思うほどです。

残念ならがら、私の身近には日本語以外を話せる人がいないので試すことはできませんが、Youtubeなどの外国語のコンテンツでそのうち精度を試してみようかなと思います。

まとめ

以上がiOS 14 public Beta 2のファーストインプレッションでした。

個人的にはiOSの進化を感じることができたので非常に楽しかったです。

正式版のリリースと同時に解放されるであろうAirPods Proの空間オーディオも楽しみですね。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを