結局サブ機のMacBook Pro 15 2017をBigSurからCatalinaへ再ダウングレードした理由

こんにちは。Yotchanです。

本日はCatalinaとBigSurを行ったり来たりしていたMacBook Pro 15 2017をCatalinaで運用し続けることにした理由を紹介したいと思います。

旧機種をBigSurにアップデートするか否か

私は現在M1 MacBook AirとMacBook Pro 15 2017を愛用しているのですが旧機種のBigSurへのアップデートは非常に頭を悩まされる話でした。

BigSurがリリースされてすぐの時点に旧機種のMacBook ProをアップデートしたところソフトがBigSurに対応しておらず泣く泣くダウングレードすることになりました。

それから1ヶ月も経つと暫定版ではありますがセキュリティソフトがBigSurへ対応したこともあり再びBigSurにアップデートして2ヶ月間運用していました。

2ヶ月BigSurで運用している間は特に不具合もなく、Catalina時代よりも動作が快適で満足していたのですがさまざまな事情を考慮した結果再びCatalinaへダウングレードすることにしました。

再びCatalinaへダウングレードした理由

私がサブ機のMacBook Pro 15をCatalinaで運用することにした最大の理由はBigSur非対応のアプリがまだまだ存在しているからです。

私はSafariでブログを書くかWindowsでゲームをするぐらいにしかMacBook Proを使用していないのでESETがBigSurに対応したことに伴ってしばらくはBigSurで運用していました。

基本的にはBigSurに不満はないのですがMacを使用する上でどうしても不便に感じるシーンがあることは否めませんでした。

常に使用するわけではないけど必要に迫られてソフトをインストールすることがありますよね。

そのような事情でインストールしたアプリがBigSur非対応で使用できないというシーンにこの2ヶ月間で数回遭遇してしまいました。

直近の例で言うとPS Vitaをパソコンに接続するためのアプリ「コンテンツ管理アシスタント」がBogSurに非対応でした。

Parallels上のWindows10でもサーバーエラーでインストールできず、結局押し入れから古いWin7ノートを引っ張り出すことで事なきを得ましたが、古い環境を残しておくことの重要性を痛感する出来事でした。

このように、古い機器をパソコンに接続するための専用ソフトがBigSurに対応していないケースは往々にしてあると思われます。

そのため、頻用することのないサブ機のMacBook Pro 15 2017はCatalinaでレガシーアプリに対応できる環境を維持することにしました。

BigSurに対応はしていてもM1 チップに非対応のアプリもあったりするのでやはり一台はこういった役割のマシンが一つあると困ることがないですよね。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを