[日本産婦人科感染症学会] 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について 妊娠中ならびに妊娠を希望される方へ (2020/02/12 更新)

日本産婦人科感染症学会の新型コロナウイルスに関する文書の第二版が公開されました。

目次

概要

・マスク飛沫感染の予防の有効性 は確認されていない。

・空気中のウイルス粒子は花粉や細菌に比べてはるかに小さく、マスクでは防げない。

・マスクは使い捨てで 1 日に数回取り換えること。

・マスクが入手できない場合はガーゼ等の手作りマスクでもよい。

・マスクを外す時は手を汚染しないようにすること。

・WHO は一般の方がマスクを着用することの効果はほとんどないとしている。

・うがいや鼻うがい、口腔洗浄には予防効果は認められていない。

http://jsidog.kenkyuukai.jp/images/sys/information/20200213002131-53D6378CD1EB0A3CED275D74C52187DA2EFA716BE6702BE6B1B45E37DBF7D1DC.pdf

マスク着用の効果はほとんどないようですね。

うがいにも予防効果が認められていないのは少し意外でした。

しかし、警戒すべき疾患はインフルエンザなどほかにもあるので全く意味がないわけではありません。

コロナ以外の疾患では有効なケースもあるのでこれまで通り徹底しましょう。

免疫力が下がるとコロナに感染する確率も高くなるかもしれません。

今回公開された内容は前回よりも情報があるからか参考になる内容でした。

ぜひソースの全文もお読みください。

2020.2.16追記

日本産婦人科感染症学会より最新の文書が公開されました。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを