Satechi USB-C Apple Watch 充電ドック購入レビュー〜iPad Proから給電するロマン〜

こんにちは、Yotchanです。

本日はMacBookやiPad Proに直挿しでApple Watchを充電できるSatechi製品を購入したので紹介したいと思います。

日常で使うことはありませんが、ロマンに負けました。

Apple Watchの外出先での充電問題

Apple Watchユーザーが一度は浮かべるであろう外出先での充電問題。

Apple Watchは独自の充電規格であるため、自前でケーブルを用意せねば充電することができません。

かといってApple Watchの充電ケーブルを持ち運ぶことは存外に面倒なもの。

そこで、もしもの時に使えるApple Watch用の充電ドックを購入したので紹介したいと思います。

Satechi USB-C Apple Watch 充電ドック 

我々Apple Watchユーザーの中でもガジェットオタクであれば知っているであろうこの製品。

そう、iPad ProやMacBook Proから直接Apple Watchを充電可能という非常にニッチなガジェットです。

MFI認証取得済みでWatch OSがアップデートされても充電ができなくなる心配はありません。

また、意外と嵩張るケーブル部分がないので非常にコンパクトであることも特徴です。

Apple Watchの充電がなくなった緊急時用に持ち歩いてもストレスにならないサイズなのでとりあえず鞄にぶちこんでおけば安心です。

開封の儀

さっそく開封していきましょう。

中身は充電ドックのみのシンプルな構成です。

色味は商品写真よりもすこしシルバー寄りな印象です。

光の当たり具合によってシルバーやスペースグレイと印象がブレるカラーリング。

本体はアルミボディなので軽く、放熱性にも優れていることが推測されます。

Apple Watchと並べても大きさはほとんど変わりません。

かなりコンパクトなのでやはり持ち運びはしやすそうですね。

使用感

まずはiPad Proでの使用感を。

充電は画像の通り問題はありません。

iPad Proのポートの位置関係の問題もあり、充電ドックの傾斜はかなり急ですがずれ落ちることなくしっかりとホールドされます。

多少揺らした程度ではずれ落ちないので実用上の不満はありません。

iPad Proから給電できるという圧倒的ロマン!!!

次に、MacBookでの使用感を。

iPad Pro同様に問題なく充電ができます。

傾斜はこちらのほうがゆるやかなので見ている分には安心です。

しかし、Macでの利用には少し難点があります。

それは充電ドックのサイズの関係上ポートを二つ占有してしまうこと。

MacBook Proの4ポートモデルでは支障がありませんが、MacBook Airのように2ポートのMacは本体の充電をしながらApple Watchを充電することはできません。

Apple WatchとMacBook Airを同時に充電する方法もあるにはあります。

それはUSBハブを用意すること。

ごちゃごちゃとスマートな印象は消し飛びますが、これもまた一つの手段でしょう。

ハブを介すると充電速度はおそらく低下するでしょうが、MacBookの充電がなくなってしまっては元も子もありませんからね。

このドックが役に立つ時

私は普段、Apple Watchは充電スタンドで充電しています。

充電時間は風呂に入っている時と朝起きてから身支度を整えている時間のみ。

Apple Watch Series5は常時表示ディスプレイをオンにしている状態でも1日半はバッテリーが持ちます。

そういった意味で私の日常ではSatechiの充電ドックは必要ありません。

朝に充電するのを忘れていても風呂から1日半はバッテリーが持つので出勤から帰宅までバッテリーが切れることはないでしょう。

私の使い方で役に立つのは自宅以外で1日を過ごす時。

例えば出張や帰省ですね。

しかし、そんな機会はそう頻繁にあるわけでもありあません。

それにもかかわらずこのドックを購入した理由はシンプルに「ロマン」があったからです。

iPad ProからApple Watchを充電するというロマンのためだけにこの製品を購入しました。

ガジェットオタクですから。

まとめ

以上、Satechi製Apple Watch充電ドックのレビューでした。

Satechi製というだけあってApple製品との親和性は抜群です。

アルミボディはデザイン的にも映えますね。

Satechi製品で私が他に所持しているのはアルミニウムマウスです。

iPadやMacに溶け込むシンプルなデザインでなかなかお気に入りの一品。

少し価格は高めですが、身の回りのアイテムに拘りたい人は使ってみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを