注目キーワード

購入直後から保護フィルムを貼っていたiPad Proのコーティングが剥がれていた話

こんにちは、Yotchanです。

本日は液晶保護ガラスを張り替えた際にiPad Proの液晶のコーティングが剥がれていることに気づいた話をしたいと思います。

ペーパーライクフィルムをやめることにした

先日、カーナビ用にiPad Air 4を買い足してから同じサイズのデバイスの使い分けに苦慮していました。

多少のスペックが違うとは言え日常利用での体験に差はありません。

さて、どうしたものかと悩んだ末にiPad Pro 11を動画再生専用機にすることにしました。

カーナビとして使用しているiPad Air 4のディスプレイは反射防止の観点からペーパーライクフィルムを貼っています。

実際のところProMotionの恩恵を感じるほどApple Pencilで大したことをしていないのでiPad Proについては通常のガラスフィルムに張り替えて美しいディスプレイを最大限に活用する方向で決定しました。

コーティングが剥がれている・・・

フィルムの貼り替えのために開封後1分以内に貼り付けたペーパーライクフィルムを剥がすとそこには衝撃の事実が待ち受けていました。

購入直後から安全に保護されていたにも関わらずiPad Proのディスプレイコーティングが剥がれている部分が散見されていたのです。

なんで・・・?

フィルムを剥がす際にコーティングが持っていかれたぐらいしか心当たりがないのでただただ困惑しています。

まぁAppleCare+に加入しているのでエクスプレス交換すればリフレッシュできるのでいいんですけどね。

少しモヤモヤしますが・・・。

画質はやっぱりガラスフィルム

ペーパーライクフィルム

初めてiPad Proの画面をペーパーライクフィルムが貼られている状態以外で見ましたがすごく綺麗ですね。

ガラスフィルムは写り込みさえ気にしなければiPadの美しいディスプレイをそのまま生かすことができるので見ていて非常に気持ちがいいです。

着脱式のペーパーライクフィルムと併用すればApple Pencilを利用するシーンにも対応できるのでガラスフィルム+着脱式という組み合わせは鉄板になりそうです。

合わせて読みたい記事

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマにApple製品やおすすめのガジェットの使い方や活用ノウハウを毎日お届けするガジェットブログ。