MacBook Air 2019購入レビュー 〜Touch Barのない唯一のモデル〜

Mac

こんにちは、Yotchanです。

本日はブログをより効率よく執筆するためにMacBook Air 2019を購入したのでレビューを書いていきたいと思います。

新たにMacBook の購入を決めた理由

MacBook Pro 15 2017とMacBook Early 2016を所有している私がなぜMacBook Airを買い足そうと思ったのか。

それは、MacBook Early 2016でのSidecar機能の挙動に不満があったからです。

SidecarではなくDuet Displayを用いれば外出先のデュアルディスプレイ環境は問題なく構築することができます。

しかし、Apple信者の私はどうしてもSidecarを使いこなしたかった。

そうなると選択肢は「MacBookを買い替える」一択になります。

MacBook Air 2019を選んだ理由

MacBook AirはAppleが現在販売しているMacBookの中では最小・最軽量のモデルです。

以前までは12インチのMacBookがラインナップにありましたが、廃盤となってしまったのでこのAirが最軽量のモデルとなっています。

コストパフォーマンスの面で考えるとAirよりもPro 13の方が優れていますが、私がPro 13を選択しなかった理由があります。

それはMacBook Proは従来まであったTouch Barなしモデルがなくなってしまったからです。

Touch Barが電力をバカみたいに食うことはMacBook Pro 15 2017を使用していて身にしみて分かっているので避けたかった。

バッテリー持ちの良さはMacBook Early 2016とのリプレイスになるため重要な点です。

そのため、本来は眼中になかったこのモデルを選択することとしました。

私が購入したモデル

私が購入したMacBook Airはいわゆる上位モデルと言われるモデルです。

上位モデルとはいったものの下位モデルとの違いはSSDの容量が128GBから256GBに増量されていることだけです。

流石に128GBでは心許ないので最低限の投資だけ行ったかたちになります。

メモリは16GBにするかどうか少し悩みましたが、サブ機なのでメイン機の買い替え資金に回した方がいいと考えて見送りました。

そのため、結果として選択したモデルはBTOすることなく吊しのスペックとなります。

MacBook Early 2016との比較

12インチのMacBookと比較すると13インチのAirはひと回り大きくなります。

重さは思っていた以上にずっしりくるので驚きました。

MacBook Airの重さは約1.25kgなのでMacBookと比較すると300g増になります。

缶ジュースの350ml缶ぐらいの重さが増えたとなるとずっしりくるのは当然ですね。

MacBookと比較するとAirはトラックパッドが大きく、スピーカーはキーボードの横に配置されています。

また、キーボード周りの特徴としてはTouch IDが搭載されていること。

Apple Watchを購入してからはTouch IDのないMacBookでもロックの解除は簡略化できていましたが、やはりTouch IDがMac本体についている方が楽ですね。

そしてキーボードまわりでの最大の違いはバタフライキーボードがAirは最新の世代であること。

MacBook Eraly 2016は第一世代のバタフライキーボード、MacBook Airは第三.五世代(第四世代とよばれることも)のバタフライキーボードを採用しています。

私は初めて第三.五世代のバタフライキーボードに触れましたが、その入力のしやすさには感動しました。

第一世代のバタフライキーボードはもう一年近くつかっていたので慣れていましたが、やはり改良されているモデルの打鍵感の良さは段違いです。

MacBook Air 2019に搭載されているバタフライキーボードはシザー式のMagick Keyboardとそこまで大差のない打鍵感に仕上がっています。

惜しむらくは最新世代のバタフライキーボードであっても構造上の欠点を克服できなかったこと。

個人的には薄くて軽いMacBookという夢を見ることができたのでバタフライキーボードは嫌いではありません。

MacBook Pro 15 2017との比較

15インチのMacBook Proと比較するとMacBook Airのトラックパッドは小さく見えます。

Proとの違いはTouch Barがないこととスピーカーが小さいこと。

Touch BarがついているMacBook Proはバッテリー消費が以上に早く、電源に接続していなければ二時間ももちません。

購入当初からバッテリーの減りがはやかったのでTouch Barのせいなのかなと考えていました。

Airのバッテリー持ちはいまのところまずまずです。

外出先で充電しなければならないほど逼迫したことは今のところありません。

両モデルのバタフライキーボードにも触れていきたいと思います。

Pro 15 2017は第二世代のバタフライキーボードを搭載しています。

第二世代と第三.五世代の打鍵感の違いは第一世代と比較したときほど大きく変わりません。

第二世代移行なら実用していてストレスのない打鍵感という認識です。

まとめ

以上、MacBook Air 2019の簡単なレビューでした。

今回はシルバーを選んだのでMacBookの色は三種制覇したことになります。

厳密に言えば12インチのゴールドは旧ゴールドなので現行の色を全て集めることができたわけではありません。

MacBook Airは価格が13 Proと非常に近いのでどうしても埋もれがちなモデルではあります。

しかし、現行ProではTouch Barなしモデルが消滅したためある意味Proとの従来よりはProとの差別化がされるようになりました。

SSD128GBのモデルであれば税込13万円程度と比較的お手頃な価格ではあるのでエントリーモデルとして検討してみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを