MOFT MINI購入レビュー〜iPad Pro 11にぴったりのサイズ〜

こんにちは、Yotchanです。

本日はiPad Pro 11インチ用にMOFT MINIを購入したのでレビューしていきたいと思います。

通常サイズよりもコンパクトでありながら使い勝手は変わりません。

MOFT MINIとは

MOFT MINIは知る人ぞ知る超薄型のノートパソコン用スタンドです。

ラップトップで作業をする際はキーボードに角度がないのでどうしても手首に負担がかかりがち。

そんな時に活躍するのがMOFTシリーズ。

ラップトップにほどよい傾斜を与えてくれるので作業に伴う疲れを軽減してくれます。

私はiPad Pro 11のMagic Keyboardで作業時の手首への負担を軽減すべく購入しました。

開封の儀

MOFT MINIが到着したので早速開封していきたいと思います。

パッケージの時点で本体の薄さが伝わってきます。

本体はこちらです。

今回選択したカラーはシルバー。

ユニバーサルという色の方がMagic Keyboardに合うかなとは思いましたが。価格が1000円安いシルバーにしました。

通常サイズと変わらない使用感

MOFT MINIを貼り付けたiPad Pro 11と通常サイズのMOFTを貼り付けたiPad Pro 12.9を並べてみました。

11インチiPad Proで利用するなら明らかにMOFT MINIの方がサイズ的に良いですね。

通常サイズのMOFTを11インチProのMagic Keyboardに貼り付けるとギリギリはみ出ることはなかったですが、少し重心が後ろに寄りすぎていた印象でした。

奥が12.9 +nMOFT、手前が11 + MOFT MINIです。

いずれのモデルであってもiPad Proの傾斜が変わらないことがわかります。

正確に言えば通常サイズのMOFTではもう少し急な角度にすることができますが、あまり使う角度ではないので実用の上ではMOFT MINIでも十分。

むしろコンパクトな分見た目はスマートで好みです。

Magic Keyboardの難点の一つでもあるキーボードの傾斜がないので疲れる問題を解決してくれるMOFTスタンド。

裏面に少し貼り付けるだけで作業効率が格段に上がるMagic Keyboardユーザーには必須とも言えるスタンドです。

12.9インチには通常サイズ、11インチにはMINIをそれぞれ検討してみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを