[2020] Macbook12は最高だ!

  • 2020年1月17日
  • 2020年2月24日
  • Mac
Mac

こんにちは、Yotchanです。

本日はMacBookについてひたすら語りたいと思います。

廃盤になってしまった12インチ MacB ook

12インチのMacBookは2019年に生産終了になり廃盤となった製品です。

モデルとしては2015,2016,2017の3世代しかありません。

一番新しいものでも今となっては3年前とパソコンとしてはかなり旧式な製品ですがこのサイズ感は他にはありません。

非常にコンパクトで取り回しも最高。

このサイズでMacOSを持ち運ぶことができる唯一無二の機種。

私が所持しているMacBookは2016年モデルです。

もう4年前のモデルになるのでそろそろ買い替えが視野に入ってくる年数ですが後継機がないので買い替えられません。

いい機種なんですけどね・・・。

MacBook 12インチの好きなところ

私が12インチMacBookを好きなところは主にコンパクトなサイズにあります。

私にとってMacBookはメイン機ではなくサブ機なので、小回りが効く大きさであることが何より重要です。

9.7インチiPad Proよりもひと回り大きく、12.9インチiPad Proよりも小さい。

そんな本体サイズにMacBook Proと同じMacOSを搭載しているという点が素晴らしいですね。

MacはAppleからしか販売されていない製品であるため、多くのメーカーが製品を販売しているWindowsと違って種類が少ないです。

そのため、現状持ち運び可能なノート型Macで最小、最軽量のMacBookは今後Appleが後継機を出さない限りリプレイスできないオンリーワンのMacです。

私はMacBookをサブノートとしてのみ扱うためUSB-Cポートが一つだけになっている点にそこまで悪い印象を持っていません。

ハブをつけてあれやこれや作業するなら最初からMacBook Pro15を使います。

MacBookは十分にバッテリー持ちがいいので外出先や家の中で数時間程度バッテリーが持ちます。

そのため、バッテリーを充電しながら使用するシーンがそもそもないのでポートの数があるにこしたことはありませんがなくてもそこまで困りません。

私はMacBookの機動性を失いたくないので極力何も接続したくない派です。

デスクの上で使う場合であったとしてもマウスを接続しないレベル。

Macのトラックパッドの機能は非常に優れているのでマウスがないからといって極端に作業効率が落ちることはありません。

せっかく気軽に持ち運べるMacBookなので必要性のない荷物は極力減らしています。

MacBookの微妙なところ

私が非常に気に入っているMacBookにも欠点はあります。

それはスペックが低いこと。

モバイルノートなので仕方ありませんが、定価14万円近い製品の割にはスペックが低すぎます。

それが理由でこのモデルよりもMacBook Pro13を選択する人が多かった結果廃盤になったのでしょう。

ブログを執筆していてたまにSafariが再読み込みをして記事が消えてしまった時のショックたるや・・・。

泣きそうになりますね。

まとめ

スマホ同様大画面ニーズが高くなっているPC市場ではもう12インチが更新されることはないかもしれません。

世の中にサブノートを必要とする人は多くないので廃盤は必然だったのでしょう。

しかし、我らのようなガジェットオタクとしては新型MacBook 12が発売されることを祈ります。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを