MacBook Air 2019に乗り換えて良かったこと

Mac

こんにちは、Yotchanです。

本日はMacBook Early 2016からMacBook Air 2019に乗り換えた感想を書いていきたいと思います。

MacBook Airに買い換えた理由

12インチMacBookを愛してやまない私がMacBook Airになぜ乗り換えたのか。

その理由は以前のAirのレビュー記事でも触れましたが、Sidecar機能をもっと活用したかったからです。

MacBook Early 2016はまさに完璧と言っていいモバイル用のMacでした。

美しく、軽い筐体。

そんなコンパクトなボディにmacOSが搭載され持ち運べるということ。

無駄のないデザインでまさに至高のMacBook。

しかし、唯一の欠点がそのスペックの低さ。

Sidecar以外の通常の用途における不満はありませんでした。

しかし、ブロガーとしてはSidecar機能は使いこなしたかった。

Duet Displayでも問題はなかったのですが、私がApple製品に自ら囲い込まれに行っている理由はたった一つ。

「面倒な作業をしたくないから」

ケーブルなんて持ち歩いていない時もあるしそもそも挿すのもめんどくさい。

Sidecar機能が問題なく動作するMacBookを用意することは私にとって急務でした。

MacBook Airに乗り換えて良かったこと

上述の理由で購入したMacBook Airですが、MacBookから乗り換えて良かったことを書いていきたいと思います。

  • iPad Pro 11との使い分けが明確になった
  • 第三世代バタフライキーボードが神
  • Sidecarも問題なし
  • True Toneディスプレイはやっぱり疲れにくい
  • Touch Barがない

ざっとあげるだけでもこの程度が浮かびます。

それでは早速詳細に説明していきたいと思います。

iPad Pro 11との使い分けが明確になった

従来のMacBook 12インチとiPad Pro11での運用は画面サイズや携帯性がそこまで変わらないため、使い分けが明確にできていたかと言われると微妙でした。

iPad pro 11にキーボードも合わせて持っていくと重量的にはMacBookと変わりません。

であれば作業の効率面から考えるとMacBookを選択することが多い状況でした。

そんな状況でしたがMacBook Airを購入したことに伴い、iPad Pro 11との使い分けが明確化されました。

これは思いもよらぬ副効用で嬉しい誤算でした。

iPadでブログの執筆を行うぐらいであれば十分こなせるので荷物が軽くなっていい感じです。

この記事も飛行機の中で執筆しています。

第三世代バタフライキーボードが神

第二世代のバタフライキーボードでも打鍵感は合格点でしたが第三世代はその上をいきます。

文字入力のしやすさがMacBookの第一世代バタフライキーボードと比較して飛躍的に向上しました。

第一世代との感触の違いはキーを押した時の反発の強さ。

第一世代はキーを押しても跳ね返ってくる感触がほぼないに等しく、長時間文字を打っていると疲れる時もありました。

しかし、第三世代のバタフライキーボードはシザー式並みのタイプ感を感じることができます。

Magic Keyboardと比較してもそこまで変わりません。

唯一残念な点はこの第三世代のバタフライキーボードでも構造上の欠点を克服できなかったこと。

せっかく薄くて入力のしやすいキーボードなのだからキーボードカバーをつけずに使いたかった・・・。

Sidecarも問題なし

MacBook Erary 2016では実用に耐えなかったSidecarも問題なく動作します。

私がMacBook Airに買い替えた理由はこれなので安心しました。

MacBookは薄くて軽くて美しいの三拍子でしたが、スペックだけがネックですね。

True Toneディスプレイはやっぱり疲れにくい

True ToneはディスプレイのホワイトバランスをPCを利用する環境の光の色温度に自動的に調整してくれる機能です。

MacBook Early 2016では実装されていない機能でした。

最近のiPhoneやiPad Proのディスプレイにも搭載されているので名前を聞いたことがある人も多いはず。

長時間画面を見続けるとこういった機能の有無が目の疲れに直結します。

こういったところでも進化があるので新しいMacBook Airはいいですね。

Touch Barがない

MacBook Airにはあの電力泥棒のTouch Barが搭載されていません。

現行のMacBook Proは13インチの2 thonder boltモデルでもTouch Barが実装されてしまいました。

そのため、現在Appleで販売されているMacBookシリーズでTouch BarがないモデルはMacBook Airのみです。

Touch Barの機能自体は悪くないのですが、バッテリーの消耗がえげつない。

MacBook Pro 15 2017なんて購入当初からバッテリーが3年もったらいいほうです。

モバイル用途のMacBookはバッテリー持ちが命なのTouch Barは不要です。

MacBook Airの微妙なところ

MacBook Airの微妙なところはMacBookと比較して重いこととファンレスではないこと。

MacBookはファンレスな端末なので音は非常に静かでしたが、MacBook Airは負荷がかかるとファンが唸ります。

ただ、ファンが唸る回数はそれほど多いわけでもありません。

私の場合は今のところ初期設定時ぐらいですね。

本体が熱くなる回数は今のAirの方が多いかもしれません。

そして当然のことですが、MacBookと比較してAirは明らかに重いです。

MacBookは本当に小型で持っている時の重量感をそこまで感じませんでした。

しかし、Airがずっしりくるので「パソコン」を持ち歩いている感じ。

スペックを重視すると致し方ありませんが。

難点をもう一つ、強いて言うならシザー式の方が良かった。

キーボードカバーは打鍵感が悪くなるのでないにこしたことはありません。

700円ぐらいの安物のキーボードカバーでは打鍵感が最悪なので3000円程度の出費にはなりますがmoshiのキーボードカバーを購入するのが無難ですね、

第三世代バタフライキーボードは先述の通り打鍵感などに不満はありませんが、構造上の欠点から故障するリスクがある点が残念です。

まとめ

以上、MacBook Early 2016からMacBook Airに乗り換えた感想でした。

12インチと13インチの大きさの違いはそこまでありませんが、重さは全然違います。

15インチMacBook Proと比較して持ちやすさは圧倒的にいいのでモバイルでも相応のスペックが欲し人はAirでもいいかも。

Pro13のスタンダードモデルとAirであればTouch BarがないのでバッテリーがもちやすいAirが以前よりも選ばれやすくなっているのではないでしょうか。

AirもPro13もつるしのスペックであればそこまでできることに違いはないのでTouch Barのあるなしで選択するモデルを判断してもいいと思います。

BTOを検討して持ち運ぶ予定がないのであれば私は圧倒的に16インチの最低構成を購入することをお勧めします。

一体型GPUと独立GPUの違いはかなり大きいです。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを