新型MacBook Air 2020が発表〜バタフライキーボード廃止、下位モデルはCorei3採用で5000円の値下げ〜

新型MacBook Airが発表されました。

各種スペックが向上しつつ実質5000円値下げのかなりお買い得なMacBookに仕上がっています。

内容

今回のMacBook Airはさほどの代わり映えのなかった2019年モデルと違ってかなり進化した内容になっています。

先月MacBook Air 2019を購入したばかりの私からするとかなり悔しい内容・・・。

まずはディスプレイの紹介。

噂では14.1インチのディスプレイに拡大するとの話もありましたが、MacBook Airでは実現しませんでした。

後で話しますが価格がかなり安くなったので筐体を使い回すことで少しでも製造コストを下げたのではないかと個人的には推測しています。

CPU性能は2018年モデルと比較して何も進化のなかった2019年モデルから更新されて最大で2倍のパフォーマンスを発揮するようになったようです。

注意しなければならない点は過去のラインナップと比較すると下位構成のCPUがCorei5からCorei3へとグレードダウンしていること。

グレードダウンとは言ったものの前モデルの第8世代Corei5と第10世代Core i3の性能にどれほどの差があるかはいまいち分かりません。

そう言った意味では前モデルから順当に進化したと言えるのは上位モデルのCorei 5搭載機でしょう。

従来のデュアルコアからクアッドコアCorei 5になり、ストレージ容量も倍になってRAMもDDR3からDDR4へ更新されながらも5000円の値下げ。

コスパがやばいです。

キーボードはバタフライキーボードが廃止されMacBook Pro16同様にマジックキーボードが採用されました。

バタフライキーボードは構造上の欠点を克服できず完全に潰えていきそうな流れですね。

マジックキーボードとバタフライキーボードの打鍵感の違いが気になる方は過去記事も併せてご覧ください。

音声の処理とチューニングに最新の技術を取り入れたMacBook Airは、これまで以上に優れたサウンドを届けます。ステレオスピーカーは、一世代前のモデルと比べて低音が2倍に。音量は25パーセント大きくなりました。ステレオサウンドが一段とワイドに広がるので、音楽を聴く時も、映画を観る時も、臨場感あふれるオーディオに包まれます。FaceTimeはあなたを高解像度で映し出し、相手が一人でも複数でも顔を見ながら会話を楽しめるようにします。さらに、3つのマイクを並べて配置することで、FaceTime通話をする時も、音声入力を使う時も、Siriに話しかける時も、あなたの声をより正確にとらえられるようになりました。

https://www.apple.com/jp/macbook-air/

スピーカー性能も向上したようです。

MacBook Air 2019でも全く不満はないのでさらに上質な体験ができるようになるのでしょう。

従来モデルに引き続きTouch IDを採用。

バッテリーを著しく消費するTouch Barが非採用な点は嬉しいところ。

MacBook Airに搭載されている二つのポートは全てThunderbolt 3になりました。

これからの時代で少しでも長く使えるようにアップデートされていっています。

また、iPhoneとの連携に関しても触れられています。

Apple製品の連携はかなり便利で生活の質を高めてくれます。

以下の記事も参考にMacの購入を考えている人は連携のイメージをしてみてはいかがでしょうか。

気になる価格はCorei3の下位モデルが税込11.5万円、Corei5の上位モデルが税込15万円です。

価格としては全体的に安くなっていることも好印象。

また、最低容量が128GBではなく256GBとなったところもかなり嬉しいですね。

まとめ

iPad Pro第四世代の影に埋もれているMacBook Airの新型ですが、アップデート内容はかなり見応えのあるもの。

ざっくりとまとめるとこんな感じです。

  • 下位モデルに初めてCorei3を採用
  • SSDの最低容量が128GBから256GBに
  • RAMがDDR3からDDR4に
  • バタフライキーボードを廃止し、Magic Keyboardを採用
  • 価格は5000円値下げ

手持ちのMacのスペックに不満を感じている旧型ユーザーや、これから初めてMacを使う人は間違いなく買いです。

私のようにMacBook Airの2019年モデルを持っている人は慌てて買い替える必要はありません。

今のスペックに不満がなければ買い替える意味はありません。

第3世代のバタフライキーボードはMagic Keyboardと比較しても遜色のない打鍵感なのでそれだけを理由に買い換えるのは少しもったいないかもしれません。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを