菊水酒造「アルコール77」を購入した話〜MUハンドジェルRよりもオススメ

菊水酒造謹製の消毒用アルコールと同等のアルコールを含有する「アルコール77」を購入しました。

MUハンドジェルRのような製品よりも断然こちらを購入したいですよね。

アルコール77とは

高知・安芸市の菊水酒造株式会社が、消毒用アルコールと同等のアルコール分を含む、度数77度の高濃度スピリッツ「アルコール77」を10日から販売する。8日、同社の春田和城社長が取材に答えた。

スピリッツは酒税法では蒸留酒と同一ではないものの、一般的には蒸留酒のことを指す。本商品も酒類に分類される。開発のきっかけとなったのは18年7月豪雨。同社が被害を受けた際に支援を受けた経験から、恩返しの意味も込めて、役に立つ製品を提供したいとの思いからだ。

「新型コロナウイルスの流行により、酒類原料である醸造アルコールは潤沢に流通しているにも関わらず、同じエタノールである消毒用アルコールや除菌用アルコール製剤が手に入らない状況が長期化していることに対し、酒類メーカーとして何かできるのではないかと考え開発致しました」。

2月下旬頃に開発を想定した検討に入り、3月中旬頃から製造開始に向け本格的に始動した。通常の商品開発に比べ、関係省庁が多く、確認事項が多岐にわたったが、「各省庁には丁寧なご指導を頂き商品の製造に至りました」と振り返った。

本商品はすっきりとした高濃度エタノールを含むスピリッツであるためクセはなく、ほんのりとしたレモンの風味がついている。度数が高くそのまま飲むのは難しいが「お客様のお好みに合わせて割材で割って頂く等していただければ、おいしく召し上がることができます。また、アルコールが物足りないと感じた時などにもご利用いただけます」と説明した。

引用:日刊スポーツ

アルコール77は高知県の酒造メーカー「菊水酒造株式会社」より販売されている消毒用アルコールと同等の濃度のアルコール飲料です。

アルコール飲料として、酒税がかかる分類で販売せざるを得なかった理由は「消毒用アルコール」として販売すると「医薬品」の扱いになり、販売に際して厚生労働省の認可が必要となるからです。

未だにアルコール消毒剤が不足している現状でいち早く消費者の元に届けるためには認可を待つよりも、酒税をかけてでも販売した方がメリットがあるとの考えから「アルコール飲料」として販売されたようです。

お酒コーナーは意外と穴場

こちらはドラッグストアで発見した酒造メーカー謹製のアルコール消毒群。

一見するとただのお酒なので、注意していなければ主婦の方では気づかないかもしれません。

こちらは佐多宗二商店さんから販売されている80%濃度のウォッカです。

こちらの製品も魅力的でしたが、菊水酒造さんのアルコール77の方が単位単価が安かったので今回は手に取りませんでした。

以前、記事にした「MUハンドジェル」なる便乗商法のアルコールハンドジェルよりも1.5倍多い容量で「アルコール含有量は80%と明記されている」佐多宗二商店さんのウォッカも十分に素晴らしい製品です。

こんな胡散臭いアルコールハンドジェルよりも国内酒造メーカーさんが我々のために立ち上がって開発してくれたこのようなアルコールを選択したいものですね。

価格も安いですし。

やはりアルコール含有量が明記されているのは安心ですね。

名のある酒造メーカーさんの製品であるため、さらに安心です。

今後はこのような酒造さんのお酒を購入しようと思います。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを