Apple Musicのミュージックビデオを空間オーディオで視聴してみた−現時点ではAirPods Pro/Maxのみ対応

こんにちは、Yotchanです。

本日は6月からApple Musicで空間オーディオへの対応が開始されますが、ミュージックビデオに関しては既に対応されていたので視聴してみた話をしたいと思います。

ミュージックビデオは既に空間オーディオに対応

Apple Musicでは楽曲だけでなくミュージックビデオが配信されていることは皆様もご存知のとろこかと思います。

先日、ついにApple Musicで6月より空間オーディオが利用できるようになることが話題になっていますがミュージックビデオについては既に対応しているとの話を見かけたので試してみました。

AirPods Pro/Maxは対応

既に対応コンテンツでは空間オーディオが利用できるAirPods Pro/Maxについては現時点でApple Musicのミュージックビデオ上でも空間オーディオをオンにできることを確認しました。

今まで空間オーディオに対応していたのが映画ぐらいだったので試す機会がなく、私にとって初めての空間オーディオ。

ワクワクしながら視聴してみると鳥肌が立ちました。

AirPods Proでも十分にすごいですがAirPods Maxでの空間オーディオは別格です。

音に包まれているとはまさにこのこと。

Live Verのミュージックビデオを視聴してみるとより臨場感が増して最高です。

iPadで視聴すると没入感が一層高まるので何時間でも聴いていられるレベル。

Beats Solo Proは非対応

Apple Musicの空間オーディオはAirPods ProやMaxだけでなくH1チップ, W1チップ搭載のAirPodsやBeats製品でも利用できることがアナウンスされています。

この機会なので手元にあるH1チップ搭載のBeats Solo Proでも空間オーディオを試そうとしてみたところ現時点では空間オーディオがメニューに出てきませんでした。

iOS側でのアップデートなのかヘッドフォン側のファームウェアアップデートを待ってからなのかはわかりませんが現時点ではまだ解放されていないのかもしれませんね。

Apple Musicのミュージックビデオはバックグラウンド再生やPIP対応

今までMVを見る時はYoutubeアプリを利用していたので知りませんでしたがApple Music上のMVはPIP再生ができるのでネット検索をしながらでも空間オーディオでコンテンツを楽しむことができます。

Apple MusicのAppleデバイスでの隙のなさが光りますね。

また、画面をオフにした状態でもミュージックビデオの音声だけ再生され続けるのでデータ容量を節約したいときにも有用です。

6月のサービス開始まではミュージックビデオのプレイリストを作ってバックグラウンド再生で空間オーディオを視聴するのもいいかもしれませんね。

タイミングよく先日断捨離したAirPods Proが購入者とのトラブルで手元に帰ってきたので売却せずにこのまま使おうと思います。

AirPods Proの音質は同価格帯の完全ワイヤレスイヤホンと比較すると良くはありませんがモバイル環境での空間オーディオ視聴機としては最高です。

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

合わせて読みたい記事

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを