[日本放射線科専門医会] 新型コロナウィルスの感染を心配されている皆さまへ

日本放射線科専門医会が「新型コロナウィルスの感染を心配されている皆さまへ」といった内容の文書を公開しました。

目次

内容

新型コロナウィルス肺炎について、「CT検査をすれば早期にわかるのでは」と思われる方がおられるかもしれません。
CT検査をすれば肺炎をおこしているかどうか、その肺炎がウイルスによるものかどうかについての情報は増えます。ただ、CT検査でウイルスによる肺炎を疑ったとしても、それが新型コロナウィルスによる肺炎なのか、そのほかのこれまでに知られているウイルスによる肺炎なのかを区別することはできません。
また、新型コロナウイルスに感染してどのくらいの時間がたてばCT検査で異常が出るのか分かっていないため、CT検査で異常がないからといって新型コロナウィルスに感染していないとはいえません。
CT検査室にはいろいろな患者さんが検査を受けに来られます。このあと検査を受ける方に新型コロナウイルスがうつらないようにする準備をしてからでないと、新型コロナウィルスの感染を疑う患者さんの検査を行うことができず、そのためには時間と人手がかかります。
以上の理由から、感染症や呼吸器病などを専門とする医師により新型コロナウィルス感染が疑われ、さらにCT検査が必要と診断された方のみが検査体制が整った病院でCT検査を受けることが望まれます。新型コロナウィルス感染が心配だからという理由でかかりつけ医等を受診してCT検査を希望することはお控え下さい。
「新型コロナウイルス肺炎にかかったかも」とご心配の方は、まず厚生労働省が示す受診の目安を参考にして、「厚労省の相談窓口」や「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。各都道府県にも窓口が設置されています。


http://jcr.or.jp/covid-19_200219/

最近ネット上で中国における患者のCT画像が取り上げられることが多くなりました。

それに伴って放射線科関連の学会を覗いていると見つけた文書です。

要するにCT画像では新型コロナ特有の所見は見受けられないのでこれのみでの判別は不可というのが学会の見解です。

まぁ実際そうでしょうという感じですね。

おそらくCT検査でのスクリーニングを希望する人はいないかと思いますが、知識としてご認識ください。

(一般の人が放射線科の学会ページを見に来ることはあるのだろうか…?)

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを