注目キーワード

Apple発表会まとめ-M1 iMac/iPad Proの登場

こんにちは、Yotchanです。

今朝開催されたAppleイベントの概要を紹介します。

個人的にはあまりワクワクはしなかったような・・・。

M1 iMac 24 4.5Kが登場

以前より噂されていたM1チップ搭載のiMacが新しいデザインと7色のカラーリングで登場しました。

価格は最安モデルで税込15万円とM1 MacBook Airの上位構成をも超える設定となりました。

選べるカラーも構成によって異なるようです。

M1チップの7コアGPUモデル256GB SSDが154800円の下位構成で4色のみ、8コアGPUモデルが全色選べる上位構成という設定になっています。

また、搭載している端子数もモデルによって差別化されています。

下位構成では2ポート、上位構成では4ポートでUSB-AはMacBook同様に撤廃されました。

また、M1 iMacではTouch IDが搭載された新しいMagic Keyboardや本体カラーに合わせたMagic Mouse、Magic TrackPad2を選択することもできます。

MacのアクセサリページのMagic Keyboardは従来版のままなので現状ではTouch ID付きのモデルはM1 iMac専用の特別なキーボードとなるようです。

価格こそ高価になった印象はありますがスペックの大幅な向上にディスプレイサイズの拡大(21.5→24)、Magic KeyboardへのTouch ID搭載などを考えると中々面白いのではないでしょうか。

個人的にはAppleロゴが全面にないのがデザイン的には好みではありませんが・・・。

デスクトップの裏側にAppleロゴがあっても日本の多くの家庭では壁があるので見えないような。

M1 iPad Proの登場

  • M1チップ(8コアGPU)搭載による大幅なスペックアップ
  • 12.9インチはミニLED採用のLiquid Retina XDRディスプレイ
  • 5G対応
  • 最大2TBのストレージ
  • 最大16GBのRAM
  • Thunderbolt搭載
  • センターフレームに対応した超広角カメラ

今回の新型iPad Proの進化点の概要は上記の通りです。

メインはM1チップ搭載によるスペックの大幅な向上と5Gへの対応、そしてiPad Pro 12.9のみミニLEDによるLiquid Retina XDRディスプレイを搭載したことでしょう。

RAMの容量はストレージ容量により異なります。

512GBまでは8GB RAM、1TBと2TBモデルは16GB RAMを搭載することになりました。

iPad Pro 2018年モデルの4GBからスタートして2020年モデルので6GB、2021年モデルで8GBと順当にスペックが底上げされ続けています。

2018年のiPad ProはSafariでブログを書いているだけで落ちていましたが2020年モデルではそのようなことがなくなったので現時点では不満はありません。

WiFiモデルでは5Gへの対応は関係がないので11インチユーザーにとってはA12ZのスペックやRAMの容量が物足りない人が買い替えを検討することになるのではないでしょうか。

M1チップやThunderboltを搭載してもiPadOSでは外部ディスプレイを用いたデュアルディスプレイができないので従来のiPadから「できること」はまるで変わっていないため個人的には面白みを感じていません。

OSがね・・・。

動画編集を行う人にとってもM1 MacBookを買った方がいいような。

12.9インチのディスプレイを評価する人にとってはMacではなくiPadを選ぶ理由となるかもしれません。

そんな新型iPad Proで唯一興味を惹かれたことはセンターフレームです。

Face Timeでビデオ通話中に移動しても追尾してくれるという機能は興味深い。

ビデオ通話をする機会はありませんがロマンです。

周辺機器のトピックとしてはMagic Keyboardに新たにホワイトのカラーリングが追加されたこと。

色が追加された以外に変更点はありません。

ブラックは汚れが目立ちやすいのでホワイトも気になりますが、ホワイトもそれなりに汚れがつきそうで悩ましそう。

Apple Pencilのアップデートもありませんでした。

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

AirTag

今回の発表で最も注目していたのは物忘れトラッカーのAirTagです。

Apple Watchでの決済がメインになった今では財布に触れる機会が少なく、どこに置いたか忘れてしまうことが年に数回あるのでこれは購入予定です。

1個3800円という安価な価格設定もGood。

4個では12800円と少し割引価格になります。

iPhone 11以降であればU1チップとの連携なのか「正確な場所を見つける」機能にも対応している様子。

GPSだけだと結構なズレがありそうなので正確な位置がわかるのはありがたいですよね。

懸念していたバッテリー持続時間は1年と予想以上のロングライフで、水溜りに落としてしまっても耐えうる多少の防水性能も備えているとのこと。

これはそのうち買います。

Apple TV 4K

  • A12 Bionic搭載
  • Siri Remoteの刷新
  • フレームレートの向上

数年ぶりにApple TV 4Kも刷新されました。

A10X FusionからA12 Bionicへアップデートされフレームレートの向上によりスポーツなどの動きの激しい動画がより滑らかに再生できます。

最も進化があったのは本体よりもむしろリモコンであるSiri Remote。

テレビ本体の電源や音量も調節できるようになったので使い勝手は向上しています。

我が家のApple TV 4Kにも対応していればSiri Remoteだけ買い替えるか検討中。

iPhone 12/ 12 miniやケースに新色

iPhone 12と12 miniに春の新色としてパープルが追加されました。

かなり可愛い色味で所有欲をそそられます。

13シリーズでも継続していたらProではなく無印パープルを買うのもありかもしれません。

また、iPhone本体だけでなくケースにも新色が追加されました。

シリコーンケースでは4色、レザーケースでは1色の追加です。

シリコーンケースのアメシストがめちゃめちゃ可愛いのでプラムから変更するか悩み中。

レザーケースはMagSafe充電で跡が残るのが気になるので検討外の予定です。

MagSafeといえばレザーウォレットも1色追加されていました。

なぜレザーケースのディープバイオレットではないのかは謎。

Apple Watchのバンドも色々追加されたようです。

ピスタチオが可愛いのでこれも検討。

ソロループは着脱がめんどくさそうなのでスルーで。

まとめ

今回のイベントの概要は以上です。

iMacとAirTag以外はマイナーアップデートという印象は否めませんが中々面白い内容でした。

iPad ProにM1チップを搭載したことでますますMacとの差が埋まりつつありますね。

あとはiPadOSの制限から解放されれば文句ないのですが・・・。

パソコンのようにiPadを使いたいのであれば中古で4万円のMacBook 12インチインチ2017を購入したほうがよほど作業効率がいいだけに次期iPadOSが気になるところ。

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

合わせて読みたい記事

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマにApple製品やおすすめのガジェットの使い方や活用ノウハウを毎日お届けするガジェットブログ。