iPad Air4への乗り換えを見送った話〜長い目で見ると第二世代Pro11一択〜

こんにちは、Yotchanです。

本日はiPad Air4に乗り換えるか悩んでいましたが、最終的にPro11第二世代を続投することにした理由を紹介したいと思います。

冷静になれば買い替えの意義は薄かったです。

iPad Air 4への乗り換えを検討していた

以前、記事にもしていましたが私はiPad Pro 11第二世代からiPad Air4への乗り換えを検討していました。

その大きな理由はマスク生活によってiPad Proのロック解除の度にパスコードを入力せねばならないという点です。

Touch IDを搭載しているiPad Air4はマスクをしていても生体認証を利用できます。

私のiPad Pro 11は仕事中にしか利用していないので使えないFace IDよりも利用できるTouch IDは魅力的に映りました。

そんな私が結局Air4への乗り換えをやめた理由を紹介したいと思います。

スペックが上がる訳ではない

iPad Air 4に搭載されるA14チップはPro 11に搭載されているA12Zチップと比較してスペックが向上するということはなさそうです。

上記過去記事にてA12Xとざっくり比較していますが、概ねA14はCPU性能が1.1倍、GPU性能は0.7倍となりそうです。

A12XからGPU性能を強化しているモデルであるA12Zと比較するとGPU性能はより劣ることが予想されます。

A14でも通常利用において不満は全くないでしょうが、わざわざスペックを落としてまで買い換えるというのは長い目で見ると微妙な気がしました。

Air4のRAMは4GB

どこで見かけたのかソースを失念しましたが、Air4に搭載されるRAMの容量は4GBとのことでした。

RAM4GBのPro11第一世代とRAM6GBのPro11第二世代を比較すると、明らかに第二世代はアプリが落ちなくなっているのでRAMは多いに越したことはありません。

Face IDとTouch IDの違い以上にアプリが落ちて作業データが失われることの方がストレスが大きいと判断し、買い替えはやめようかなという気持ちにシフトしていきました。

価格が安い訳でもない

Air4への乗り換えを検討している中で一番気になった点は価格です。

Air4の容量は64GBと256GBの二つしかなく、それぞれ62800円と79800円という価格設定。

税込にすると約7万円と9万円です。

AppleCare+をつけると最低でも8万円がかかるということで、正直安くはありません。

現在私が使用しているAppleCare+付きのiPad Pro 11第二世代を売ってAir4の64GBを購入すると手出しがないぐらいと考えるとなかなか考えさせられます。

感覚としてはPro11とAir4を交換するようなものです。

Air4に62800円+税を出すぐらいならPro 11第一世代の整備品64GBに57800円+税を払ったほうがいい気しかしません。

そうなるともはやPro 11第二世代から買い換える意味はないので乗り換えはやめようかなという結論になりました。

Touch IDという点は魅力的なのですが、RAMと価格が私の中でネックですね。

価格があと5000円安ければバカ売れすると思うのですが、どうなることやら。

実際の売れ行きが楽しみです。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを