Lacidoll タワー 型 超音波式加湿器「LCDJSQ-018」購入レビュー 〜40畳対応でリビングに最適な加湿器〜

こんにちは、Yotchanです。

冬が近づくにつれ、空気の乾燥になやまされている人も多いのではないでしょうか。

本日は我が家で導入したリビング用の加湿器を紹介したいと思います。

Lacidoll タワー 型 超音波式加湿器「LCDJSQ-018」とは

【8L超大容量、部屋中を急速に加湿】超大容量水タンク、頻繁に給水する必要がない。約40畳対応。ミストの高さ1.5M、3200r/m高速回転,リビング、部屋、オフィス、教室など広い空間での急速な加湿に対応。三段階霧量自由調整によって、設定湿度を目安に(健康にとって最も理想な湿度は60%とされる)湿度が自動的にキープされるため、便利で省エネにも繋がる。

上から給水、噴出角度360°、水漏れしない、洗いやすい】蓋を開けずに上部から直接給水することが可能で、水タンクも手洗い可能。噴出角度360°、噴霧角度の自動調整が可能。下部に水タンクを設計することで、水漏れの心配もなくなる。

UV紫外線ランプ内蔵、きれいな空気で健康を守る】先に浄化してから加湿し、水道水にも対応可能な加湿器。吸い込む空気が全て潤いあって綺麗になる保証。インフルエンザ予防にも効果的。特にお年寄り、子供、あかちゃん、鼻炎患者、花粉症患者におすすめ。

静音稼働、アロマ対応、ストレス軽減から睡眠誘導へ】超静音設計(≤35dB),アロマテラピーボックスにアロマを入れることによって、気持ちをリラックスさせ、ストレス軽減から睡眠誘導に繋がる。12時間タイマー設定により、ワンタッチおやすみモードで快適な睡眠がとれる。

水不足による自動電源オフ,一年間交換保証】日本国内専用モデル、5M赤外線リモコン付、PSE認証、水不足及び本体が傾いた時は自動的に電源が切れる。一年間交換保証により、購入後もさらに安心。

ここ最近の我が家では部屋の乾燥が深刻な問題となっています。

生後6ヶ月の娘の頬は保湿クリームを塗ってもすぐにカサカサになり、ひどい時は40%台にまで湿度が低下する始末。

インフルエンザなどのウイルスは乾燥により重量が軽くなるので空気中を浮遊しやすくなり、湿度が低い環境ではこれらに感染しやすくなるといった性質があります。

そういった観点からも、部屋が乾燥しすぎるということは衛生面にも影響してくるので迅速な解決が求められていました。

そこで今回導入したのがLCDJSQ-018です。

LCDJSQ-018を選んだ決め手は場所を取らない縦長のスリムボディであることと 8Lの大容量タンクで40畳の面積にも対応している点です。

我が家はキッチン込みのリビング面積が12畳ということで家電量販店で販売されているメイン層である7畳タイプの加湿器は使用できません。

LCDJSQ-018のカタログスペックである40畳対応は流石に盛りすぎだとは思いますが、12畳であれば全く問題がないはず。

価格も1万円程度と安価だったのでダメなら捨てればいいやと思い購入することにしました。

実用レビュー

いつもなら開封の儀を行なっているところですが、今回は私が帰宅する前に妻が待ちきれずに開封して箱を処分してしまったので実用レビューからのスタートです。

本体はスリムな縦長のボディで場所を取りません。

壁から30cm離すようにと説明書に書かれていますが、霧量の設定が1であればミストの量も少ないのでそこまで話さなくても壁が湿気ることはないと思います。

我が家では生後6ヶ月の娘が寝返りで床のマットの上をコロコロ転がるので壁際に常設することになりました。

本体には室温が表示されるので温度計としても便利です。

温度も意外と正確なのか別の時計の温度と一致していたので大きく外れているということはなさそうです。

温度以外にも加湿器なので部屋の湿度が表示されます。

湿度も同様に他の時計と同じ表示なので一つの目安にはなるのではないでしょうか。

給水も簡単で、上から水を注ぎ入れるだけで給水が完了します。

本体を持っていくのが大きい分億劫なので、ケトルに水を入れて数回に分けて注ぎ込むのが一番楽かもしれません。

高さの問題的にシャワーのある風呂場でなければ直接の給水は厳しめです。

霧量も170 ml/hから300ml/hまで三段階に調節可能なので部屋の乾燥具合によって変更ができ使い勝手はいい感じ。

また、設定した湿度を超えると停止、下回ると起動といったスマート定湿機能にも対応しています。

我が家では60%で設定していますが、正常にスマート定室機能が働いていることを確認しました。

また、作りこそチープですが加湿器の操作が可能なリモコンも付属しています。

リモコンがあるのとないのでは使い勝手が大きく変わるので評価できるポイントです。

加湿力も申し分なく、湿度50%の12畳の部屋にて霧量1で1時間加湿すると湿度が60%を超えました。

購入前はいかにも中華な製品だったので性能に不安がありましたが、加湿器の性能に問題はありませんでした。

すぐに壊れたとしても1年以内であれば交換対応があるので安心です。

経験則にはなりますが、中華ガジェットは国内メーカーよりも交換などの対応は申し出れば行なってくれるので保証に関して心配はしていません。

今回紹介した機能以外にも「切タイマー」や次亜塩素酸/消毒剤/アロマなどにも対応しているので価格の割に機能も豊富で非常におすすめできる加湿器です。

クーポン利用で税込1.2万円なのでコスパは抜群です。

家電量販店でこの価格で12畳対応の製品はなかったので場所も取りませんしいい買い物でした。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを