「Otium カーチャージャー」購入レビュー〜15A・150Wの分配器で使い勝手最高〜

こんにちは、Yotchanです。

本日は車内の分配器を見直したので紹介したいと思います。

150Wまで対応可能で車内ゲーマーには必須の分配器と言えるでしょう。

Otium カーチャージャーとは

Otium カーチャージャーはAmazonにて販売されているシガーソケットの分配器です。

この製品単体だけであっても以下の3ポートを備えているので普通の人であれば十分に実用可能です。

  • QC3.0
  • 2.4A USB-A
  • USB-C

ガジェットオタクである私は車内にも大量のガジェット類を搭載しているので当然これらでは足りません。

私がこの製品に魅力を感じた最大の理由は15A・150Wに対応している点です。

この製品はマイナーチェンジが繰り返されているらしく、この製品で3台目。

改良を重ねた結果、高出力のカーチャージャーとなったようです。

ありがたい。

開封の儀

商品が届いたので早速開封しました。

内容物としてはカーチャージャー本体とヒューズが2つ付属していました。

商品の仕様ではヒューズが本体挿入分込みで2つとなっていましたが、実際は本体挿入分と合わせて3つ入っていたので少し得した気分に。

サイズも分配器としては普通の大きさなので取り回しも問題ありません。

実用レビュー

それでは、実際に利用してみましょう。

通常、私は以下のガジェットをシガーソケットからの給電で利用しています。

  • iPad mini4
  • Amazon Echo dot
  • Bose Soundlink Revolve
  • プラズマクラスター
  • ドライブレコーダー
  • ワイヤレス充電機(iPhone)
  • 90W PDカーチャージャー(MacBook Pro 15)

これら全てを起動した状態での電圧の値は13.9となっていました。

正常電圧は13.0~14.8なので私が愛用しているガジェット類の電力は問題なく賄うことができるようです。

MacBook Pro 15を充電しながらでもこれなので非常に満足できるスペックです。

しかし、注意点が一つだけあります。

この分配器は150Wまで対応していますが、大元となる車のシガーソケットの電圧はそれ以下である場合があるということ。

私が毎日運転しているアクアはMax 120Wとなっているのでこの分配器のスペックをフルに活かすことはできません。

ですがよく見かける100Wの分配器よりはアクアの電源をフル活用できるという点で見ると不満はありません。

流石にMacBook Proを充電しているときはプラズマクラスターの電源を切っておこうかな・・・。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを