小児の新型コロナウイルス感染症に関する医学的知見の現状 [日本小児科学会]

日本小児科学会より「小児の新型コロナウイルス感染症に関する医学的知見の現状」が公開されました。

現時点における小児のCOVID-19に関する知見が集約されています。

小児の新型コロナウイルス感染症に関する医学的知見の現状

これまでに報告された小児(0-18 歳)の COVID-19 の報告例(2020 年 5 月 18 日現在)から、小児の新型コロ ナウイルス感染症に関する医学的知見の現状をまとめました。

⚫  COVID-19患者の中で小児が占める割合は少なく、その殆どは家族内感染である。

⚫  現時点では、学校や保育所におけるクラスターはないか、あるとしても極めて稀と考えられる。

⚫  小児では成人と比べて軽症で、死亡例も殆どない。

⚫  乳児では発熱のみのこともある。10代では凍瘡様皮膚病変が足先に出来ることがある。他の病原体との混合感染も少なくない。

⚫  SARS-CoV-2は鼻咽頭よりも便中に長期間そして大量に排泄される。

⚫  リンパ球減少、プロカルシトニン高値、D-dimer高値、CK-MB高値に要注意。

⚫  胸部CTでは、成人と同様に磨りガラス様陰影や胸膜下病変がよく認められるが、consolidationwithsurrounding halo sign が小児の特徴の可能性がある。

⚫  殆どの小児COVID-19症例は経過観察または対症療法で十分とされている。

⚫  急性呼吸不全症例ではコンサルタントや転送のタイミングを逃さないように注意する。

⚫  COVID-19罹患妊娠・分娩において母子ともに予後は悪くなく、垂直感染は稀。しかし、新生児の感染は重篤化する可能性もある。

⚫  海外のシステマティック・レビューでは、学校や保育施設の閉鎖は流行阻止効果に乏しく、逆に医療従事者が仕事を休まざるを得なくなるために COVID-19 死亡率を高める可能性が推定されている。

⚫  教育・保育・療育・医療福祉施設等の閉鎖が子どもの心身を脅かしており、小児に関してはCOVID-19関連健康被害の方が問題と思われる。


引用:日本小児科学会

日本小児科学会によると小児の感染経路は主に家庭内感染成人と比較して軽症かつ死亡例が少ないようです。

COVID-19に罹患した妊婦から新生児への垂直感染もほとんど確認されていない様子。

新生児は免疫力が弱いので垂直感染がほとんど確認されていないということは一つの安心材料となりそうです。

日常生活を行う上で気をつけたいことは「SARS-CoV-2は鼻咽頭よりも便中に長期間そして大量に排泄される」ということ。

小児COVID-19患者10例において、経時的に鼻咽頭および便中のSARS-CoV-2の排泄をリアルタイムPCRで 追って行ったところ、鼻咽頭からウイルスが検出されなくなった後も 8 例では長期にわたってウイルスが検出さ れており、経過を通じて便中のウイルス量の方が多い傾向にあった [18]。便中のウイルスに感染性があるかどう かはまだ証明されていないが、SARS の場合に便からの感染拡大が見られたことからも COVID-19 に関しても糞 口感染にも注意が必要となる。また検査検体として、便も有用であるかも知れない。

引用:日本小児科学会「小児の新型コロナウイルス感染症に関する医学的知見の現状

自覚症状なしにSARS-Cov-2に感染した際に怖いことは家族へ感染させること。

少しでも感染させてしまうリスクを低減させるためには、トイレの際に蓋を閉めて流すことは効果的であると言えます。

トイレの蓋を閉めずに水を流すと、微細な水のエアロゾルがウイルスを含んだ状態で壁や天井に飛び散る可能性があるためです。

まずは、トイレの蓋を閉めるところから感染対策をはじめませんか?

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを