iPadとiPhoneの使い分け〜それぞれの違いを知ろう!〜

こんにちは、Yotchanです。

本日はiPadとiPhoneの使い分け方を考えていきたいと思います。

iPadとiPhoneの違いって?

iPadとiPhoneの使い分けは購入して実際に使ってみるまであまり浮かばないですよね。

それもそのはずで今でこそiPad OSが公開されていますが、従来はiPhoneと同じiOSをiPadも搭載していました。

身もふたもない言い方をすればiPadは画面が大きいiPhoneでした。

画面が大きいiPhoneということはできることはiPhoneと同じ。

そう考えるとiPadをわざわざ買わなくてもいいやと思う人も出てくるはず。

今回はそんな方向けにiPadとiPhoneの違いをイメージできるような記事を書いていきたいと思います。

iPhoneの特徴

iPhoneは非常に完成度の高いスマートフォンです。

アプリの安定性はもちろん、セキュリティもAndroid OSと比較すると束縛されている分高い印象がありますよね。

そんなiPhoneで皆さんは何をしていますか?

私はこんな使い方をしています。

  • LINE
  • 写真を撮る
  • ネット検索
  • ゲーム
  • 電話

毎日iPhoneで行うことと言えばこんなもの。

iPhoneはやはり連絡ツールとして使うことが多いですね。

ベゼルレスで画面サイズは年々大きくなっている傾向にはありますが、他のデバイス類と比較して小型であることには変わりません。

iPhoneの大きさでは連絡ツールとしての使い方がベストで、それ以外の機能はおまけでしかないと私は考えています。

ゲームは携帯ゲーム機のリプレイスと考えれば確かにiPhoneの役割にはいるかもしれません。

しかし、ネット検索は元はと言えばパソコンで行っていた作業。

近年進むノートパソコンの画面サイズの大型化の流れをみると大画面であればあるほど快適であるという市場のニーズが読み取れます。

スマートフォンも同様の理由で大型化しているわけですが、これ以上の大きさになることはおそらくないと思われます。

Sumsungなどから発売されていフォルダブルスマートフォンが安価になって普及すればまた話は変わってきますが、現状では頭打ちです。

その理由にはタブレット端末が既に存在することが挙げられます。

スマートフォンの存在意義の最たる機能は電話機能です。

そんなスマートフォンを大きくしすぎれば電話がしにくくなるので今の6.8インチサイズが限界の大きさ。

スマートフォンは電話機能が第一であるがためにその存在に枷をかけられたデバイスなのです。

iPadの特徴

次に、iPadの特徴に触れていきたいと思います。

先述の通り、iPadは元はと言えば画面が大きいiPhoneでしかありませんでした。

iPadが発売された当初のiPhoneは画面サイズが4インチ程度で今となってはおもちゃぐらいの大きさでした。

そんな当時では大画面のiPadは中身がiPhoneと同じでも十分に差別化された製品であったことは想像に難くありません。

iPadは9.7インチモデルから始まり、携帯性を高めるための7.9インチ、プロユーザー向けの12.9インチといった順でシリーズ展開され今に至ります。

10.2インチのiPadや10.5インチのAir、11インチiPad Proは基本となった9.7インチからベゼルレスに近づけた結果生まれた9.7インチの派生の機体です。

元々の流れを辿っていくとiPadは現在でも三種類のモデル(画面サイズ)で構成されていると言えます。

そのため、最初に書いたiPadの記事でもこの三種類に大別して紹介しています。

iPadの特徴はiOSの操作性の良さをそのままによりパソコンに近い感覚で扱うことができる点です。

その最たる例がUSB-Type C端子を搭載したiPad Pro 第3世代シリーズです。

iPad Proはよくパソコンのリプレイスにあげられるタブレット端末ですが、確かにある程度の作業はiPad Proでもこなせるようになったと感じています。

今回はiPhoneとの使い分けの記事なのでMacBook などパソコンとの比較は過去記事に任せるとして、モバイル用途に特化した部分を紹介したいと思います。

Apple Pencilに対応

世代の差こそありますが、現在販売されているiPadは全てApple Pencilに対応しています。

個人的にはApple PencilによってiPadはiPhoneとの差別化がより一層進んだと感じています。

Apple Pencilの使い道と言われればイラストを描くなど一見プロユースな使い方しかできないと思われがちですが、そうではありません。

学生さんであれば講義のノートをApple Pencilでとったり、ビジネスマンであればiPadを手帳として扱うこともできます。

テストにノート持ち込みの教科でiPadは持ち込めないので学生さんのノート用途には個人的にはオススメしていませんが、手帳用途では非常にオススメ出来ます。

なんせiPad一つに商談の資料(パワーポイントやエクセル)、メモ書き、手帳がまとまるのですから紙を使うメリットがメモをちぎって渡せるぐらいしかありません。

iPhoneもカレンダーアプリなどを用いればできるでしょうが、フリック入力よりもApple Pencilで画面に直接書き込んだ方が早いですし見た目も非常にスマートです。

ビジネスマンがスケジュールをちまちまスマホに打ち込む姿はあまりみないですよね?

大抵の人は紙の手帳に書き込みます。

iPadを手帳として扱う分には外から見た印象も紙の手帳と変わらないのでリプレイスしやすい用途ですね。

iPhoneで行っている作業を大画面で行う。

iPhoneで行っている作業をiPadの大画面で行うことは思っている以上に違いがあります。

一見すると同じことができているように見えますが、作業効率や作業の質がまるで違います。

写真はiPhone XS Max , iPad mini ,iPad Pro11で同じページを表示した写真です。

画面に表示されている情報量がiPhoneとiPadではまるで違うことがご理解いただけるかと思います。

画面が大きければ大きいほど画面をスクロールする回数は減りますし、字が大きいので目が疲れにくくなります。

アプリの表示されるサイズも当然のことながら違います。

iPadの方が圧倒的に見やすいですよね。

dマガジンなどの雑誌を読む際にその差は顕著に現れます。

漫画アプリを読む人でも大画面の恩恵は大きいでしょう。

その他大画面のメリットは以下の記事に本内容と合わせてまとめているのでご覧ください。

まとめ

以上がiPhoneとiPadの使い分け方の紹介でした。

iPhoneだけでも不便はないですが、iPadもあればより効率的に日々の生活を送ることができます。

私もiPad mini4でiPadデビューしましたが最初の数年間はiPadの良さを理解できずに使用頻度は非常に少ない時もありました。

私はiPad mini4から始まりPro12.9 , Pro9.7 , Pro11 , mini5と様々なサイズのiPadを購入してきました。

iPadに魅せられて気づいたことはiPhoneと比較してコスパが高いこと。

iPhone XSシリーズと同等のスペックを備えたmini5が4.5万円で買えるなんて素晴らしくないですか?

正直、iPhoneは電話機としてこれ以上のスペックの必要性を感じていないのでスペック不足を感じたら最新のiPadを購入すればいいかなとすら思っています。

この記事をきっかけに同じようにiPadの購入を検討する人が増えてくれれば幸いです。

合わせておすすめの記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを