Apple WatchがiPadを母艦にできない理由

こんにちは、Yotchanです。

本日はApple WatchがiPhoneのみを母艦と認めている理由を考察していきたいと思います。

Apple Watchの母艦はなんでiPhoneだけ?

Apple Watchを試してみたいけどスマホがAndroidの人なら一度は思うこの疑問。

iPadは持っているけどスマホはAndroidな人であれば尚更です。

同じApple製品なのだからiPadを母艦にできてもいいのではないか。

私はiPhoneユーザーだったので幸いスムーズにApple Watchを導入できましたが、iPadが母艦にできない点は確かに疑問に思うところでした。

今回の記事のテーマは母艦がiPhoneに限られている理由について納得のできる仮説を考えることです。

Apple WatchがiPadを母艦にできない理由

仮説1:ネットワークが必ずしもあるわけではない

iPadにはセルラーモデルとWiFiモデルの二種類があり、その価格差から多くの人がWiFiモデルを選択します。

WiFiモデルでは単独でのネットワーク通信ができないため、Apple Watchの母艦になり得ないことは納得できます。

同様の理由でiPod TouchもApple Wacthの母艦とすることはできません。

しかし、それだけが理由なのであればSIMを挿せばどこでもネットワークに接続されているセルラーモデルのiPadはApple Watchの母艦になってもいいはず。

Apple的にもセルラーモデルとWiFiモデルにそのような差別化があればAndroidスマホユーザーのApple Watchへの流入を見込めるのでメリットになるはず。

それをしないということはiPadがApple Watchの母艦になることができない本質はそこにありません。

この仮説は一見正しいように見えて少しずれているように思います。

仮説2:iPadの本体サイズが母艦に不向きだった説

仮説1が棄却されたので考え続けた結果、一つのことに気付きました。

それはiPadの本体サイズが母艦には向いていないこと。

Apple WatchのGPSモデルはセルラーモデルと違ってiPhoneがなければネットワーク通信が完全にできません。

ID決済はネットワークなしでも可能ですが、基本的にはiPhoneが常にそばにあることが前提の製品です。

仮にiPadがApple Watchの母艦になったとして、iPhoneのように常に持ち歩くことができるでしょうか?

答えは否です。

最も小さいiPad miniですら常に持ち運ぶことができるかと言われれば難しいでしょう。

少し外出するシーンであればiPadよりも間違いなくAndroidスマホの方を手に持って出かけます。

そういった状況ではApple Watchは機能しないといっても過言ではありません。

iPadが母艦に不向きな理由は常に持ち運ぶことを前提としたデバイスではないからだったのです。

まとめ

以上、iPadがApple Watchの母艦に慣れない理由でした。

皆さんも納得していただけたでしょうか。

Apple Watchを使いたければiPhoneに変えなければならないというAppleの戦略かと思いまいしたが、そうではありませんでした。

iPhoneが先にあってのApple Watchなのです。

iPhoneでなければApple Watchが使えないのではなく、iPhoneのヘルスケア機能の精度を高めるアクセサリといった位置付けにApple Watchは立っています。

iPhoneの拡張機能だからiPadでは対応しない。

そこには合理的な理由が隠されていました。

Apple Payなどの技術が搭載されているApple WatchがAndroidに互換性がないのも仕方ありませんね。

iPhoneの自社シェアだけでも十分にあるのでわざわざAndroidに対応してまで普及させる気もないのでしょう。

AndroidはメーカーごとにカスタマイズされているのでAndroid OSへのノウハウが薄いAppleが対応するにはコストもかかりますしね。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを