LG 55型有機ELテレビ「55B9PJA」購入レビュー〜税込13万円のコスパ最強テレビ〜

こんにちは、Yotchanです。

本日はLG 55型有機ELテレビ「55B9PJA」を購入したのでレビューしていきたいと思います。

有機ELで見るAmazonプライムは最高です。

55B9PJAとは

55B9PJAはLGが2019年に発売した有機ELテレビのスタンダードモデル(下位モデルとも言う)。

2020年モデルが発売され、型落ちになったので新品でも税込13万円で手に入れることができる有機ELテレビとなりました。

13万円という価格帯で購入できるテレビの中では間違いなく最高のテレビとなっているので予算が許せばすぐにでも買っておきたいテレビ。

詳しいスペックは過去記事にて紹介済みのため割愛して本日は55B9PJAのレビューを書いていきたいと思います。

開封の儀?

注文から二日後。

我が家に初めての有機ELテレビが到着しました。

家電量販店で見ると通常サイズに見える55型ですが、自宅の中では圧倒的な存在感を箱の時点で醸し出しています。

Amazonで購入したので組み立てから設置まで自力でやらなければならなかったので組み立て過程の写真を撮る余裕はなかったのでたまたま撮っていたこの一枚をペタリ。

手前にある2010年製のレグザと比較するとより薄さが際立ちます。

有機ELディスプレイはバックライトが不要なため、驚異の薄さを実現しています。

間違えてテレビにむかって倒れたりでもしたら一発で壊れそうな予感。

スタンドの奥行きが思っていたよりも短いのでテレビ台にも余裕で乗ったのが嬉しいところ。

流石にテレビは気軽に買い換えることができるものでもないのでお高めの転倒防止マットも購入。

100均にも転倒防止マットが販売されていて、前のテレビの固定に使っていましたが今回の入れ替えにあたりテレビを持ち上げるとあっさり剥がれたので全く意味はありませんでした。

すぐに剥がれてしまっては意味がないのできちんとした転倒防止マットを購入することをオススメします。

この製品は持ち上げようとしてもなかなか剥がれないので信頼できそうです。

驚きの美しさ

Amazon Prime Videoにあった自然の動画の美しさが半端ない。

10年前のテレビからの買い替えということもあり、ただただ感動の一言。

スマートフォンの小さな画面とちがって有機ELと液晶の違いがよくわかります。

テルマエロマエやYoutubeの画質も完璧。

BRAVIAはさらに美しいのでしょうが、55B9PJAに不満はありません。

Apple TV 4Kとの相性は最高で高画質な動画を存分に楽しむことができます。

個人的に意外だったことは55B9PJA本体のスピーカー性能がかなりよかったこと。

BOSEのサウンドバーとあまり大きな音質の差はありませんでした。

13万円でこのクオリティはすごい。

まとめ

以上、簡単ではありましたが55B9PJAのレビューでした。

今回は画質や音質にしか触れていませんでしたが、55B9PJAでできることはまだまだあります。

iPhoneの画面をテレビに写すことができるAirPlayや、Amazon PrimeやYoutubeなどの動画サイトにリモコンからアクセスすることもできます。

これらの機能はApple TVで間に合っているので私はまだ使っていません。

気が向いたらそのうち使って使用感を比較していきたいと思います。

いずれにせよ13万円でこのクオリティの有機ELテレビが購入できるなんて夢みたいはお話。

買って後悔することはまずないので売り切れる前に購入してみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを