「Twelve South Forté Apple Watch充電ドックスタンド」購入レビュー

こんにちは、Yotchanです。

本日はTwelve South Forté Apple Watch充電ドックスタンドを購入したのでレビューしていきたいと思います。

Apple Watchが充電中でもお洒落になりました。

Twelve South Forté Apple Watch充電ドックスタンドとは

Twelve South Forté Apple Watch充電ドックスタンドはMacのクラムシェル用スタンドでお馴染みのTwelve South社より販売されているApple Watch用充電スタンドです。

Twelve South社の製品の特徴はなんといってもそのオシャレなデザインです。

Apple Watchの充電器ですらこのデザイン。

久しぶりに一目惚れした充電スタンドでした。

今までは中華の3 in 1な充電スタンドでApple Watchを充電しており、特に支障なく生活していました。

しかし、この充電スタンドのモバイルルーターで使用していたType-C端子の調子が悪く、給電はされても充電はされないというよくわからない不具合が発生しました。

そのため、USB-Cの充電端子を別途購入する必要が出てくることに。

USB-Cが使えない充電スタンドは無駄に大きく、一言で言ってしまうと「邪魔」な状況。

そんなタイミングも重なり、Apple Watchのスタンドも見直す必要が出てきたので「Twelve South Forté Apple Watch充電ドックスタンド」を購入してみることにしました。

開封の儀

久しぶりにワクワクしながら到着を待ったガジェット。

このワクワクはGalaxy Foldの到着を待っていた時ぶりかもしれません。

思っていたよりも箱は大きいです。

内箱はマグネットフラップというこだわりっぷり。

かなり高級感のある仕様で開けているだけで楽しくなってきます。

見た目はホテルにあるボールペンのペン立てのようなデザインです。

この丸い部分にApple Watchの充電器を取り付けて使用することになります。

値段が値段なだけにMFI認証の充電器本体もついていれば嬉しかったですね。

横から見ても美しいですね。

台座はPUレザーっぽい素材になっています。

裏側にはApple Watchの充電器の配線用の溝が彫り込まれています。

ケーブルの配線もすっきりとまとめられることが期待できます。

質感も高くて良い感じだぞ・・・!

実用レビュー

Twelve South Forté Apple Watch充電ドックスタンドに純正の充電器を装着してみました。

裏側の溝にケーブルをはめこむことで配線は予想以上に目立ちませんでした。

Apple Watchを充電してみるとかなりスタイリッシュな印象に。

これは今までの3 in 1な充電スタンドとは比べ物にならないオシャレ感。

デスク上のインテリアとしても十分に映えますね。

まとめて充電できる点は3 in 1のドックでは非常に便利でしたが、周辺機器にこだわってみると違った体験ができていいですね。

少し価格は高いですが、かなりオススメできるスタンドです。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを