注目キーワード

防災用にスマホの充電も可能なDretecの手回しラジオライト「PR-321」を購入した話

こんにちは、Yotchanです。

本日は防災用に手回し充電可能なラジオライトを「Dretec PR-321」を購入したので紹介したいと思います。

購入した理由

この製品を購入した理由は見ての通り半額になっていたからです。

思えば我が家に防災セットは存在しておらず、折を見て購入しようと思いつつも面倒で後回しにし続けて早くも1年半が経過しています。

そんな状況で店頭で半額になっていたこのライトと出会ったという事実はこれも巡り合わせの一つなのでしょう。

Amazonと比較しても安価でしたし、ラジオとライトが一体化している上にスマホも充電できるのであれば持っておいて損はありません。

特に買わない理由が見当たらなかったので購入してみることにしました。

思っていた以上に多機能

この製品は思っていたよりも多機能で驚きました。

正面には複数のツマミが用意されていて目当ての機能のオンオフが簡単にできるようになっています。

例えば、一番左のツマミは左にスライドでライトの点灯、右にスライドで警報が鳴るといった設定になっています。

警報付きのライトは珍しい気がするので新鮮です。

避難生活ではヤバい人が紛れ込んでいる可能性は0ではないので警報はあると意外に嬉しい機能と言えるかもしれません。

この製品は乾電池だけでなくバッテリー駆動にも対応している点も見逃せないポイントです。

Micro USB端子を本体に接続して充電することができます。

電池が尽きてもちょっとの間であれば安心ですね。

また、USBポートも搭載しているのでスマホを充電することもできます。

もちろん、防災用のライトに必須なライトの手回し充電も可能です。

回した感触は軽いのでそれなりのペースで充電できそうな気がしてきますが実際のところはわかりません。

ラジオの周波数はTUNING、音量はVOLを回すことで調整を行います。

VOLを左に回してオンにすると自動的にラジオの周波数を掴むようになります。

ラジオの音質も思っていたより良く、音声を聞き取る分には全然問題がありません。

アンテナも結構伸びるので窓際に近づけばほぼ確実に電波を掴むことができると思われます。

実はラジオを使ったのが初めての経験なのでテストをしながらも少し興奮している自分がいました。

私は阪神淡路大震災を経験しておらず、生まれてこの方大きな地震を一回も経験したことがないので使用する機会がなかったんですよね。

防災への意識が低い背景には罹災経験がないことも大きい。

肝心のライトはスマホ以下

肝心のライトの光量をチェックしてみたところ、非常に残念な結果となってしまいました。

Dretec PR-321の光量はまさかのiPhoneのフラッシュライト以下で災害時用と考えると心許ないスペックです。

そのため、この製品はライトというよりは「ラジオとスマホの充電ができておまけでライトも使える」という認識でいた方が良いかもしれません。

スマホの回線がパンクすると情報を得る手段はラジオだけになるのであるのとないのでは違うはず。

家にラジオがないなという人は購入を検討してみてはいかがでしょうか?

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

合わせて読みたい記事

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマにApple製品やおすすめのガジェットの使い方や活用ノウハウを毎日お届けするガジェットブログ。