スマホのサブ機を複数買うぐらいなら型落ちIntel MacBookを買った方が幸せになれると思う話

こんにちは、Yotchanです。

本日はスマホのサブ機を買うよりも中古の型落ちIntel Macを買った方が幸せになれると思う話をしたいと思います。

私が言うのもなんですが・・・スマホのサブ機は本当に必要ですか?

ちょっと待って!そのサブ機は本当に必要?

「安かったから」「〇〇専用機」「デザインが好み」

ガジェットオタクはサブ機を購入する口実を作るためなら頭を振り絞って用途を捻り出します。

まぁ私のことなんですけど。

写真に写ってる以外にもiPhone 8 PlusやGalaxy Note 20 Ultraがあるので私個人で6台のスマートフォンを所有しています。

頭悪い。

購入前は「〇〇に使うので絶対に必要!」と思い込んでいますが届いてからちゃんと使うのは大体1ヶ月ほど。

1ヶ月を過ぎる頃には専用機に分けて運用するのが面倒になってオールインワンな一台を求める日々。

ごくごく少数だと思いますが私と似たような行動をとっている人もいるはず。

そんなあなたに伝えたい「そのサブ機、本当に必要ですか?」というお話。

今はスマホよりもIntel Macがアツい

M1 Macが発売されてからIntelチップを搭載した型落ちのMacシリーズの価格相場は急落し、昨年までは考えられない価格でそれなりのスペックのマシンを購入できるようになっていることはご存知でしょうか。

4月に購入した12インチMacBook 2017の美品(傷なし、充放電回数7回)はたったの4万円というお手頃価格でした。

この価格がどれだけ安いかと言うとiPhone 11の中古相場よりも低いんですよね。

廃盤になってしまった12インチのMacBook、それも[ 最後のモデル=スペックが高い ]ということで人気のある2017年モデルはM1発売以前は下位構成でも7万円程度の相場だったことを思うとM1チップが市場に与えたインパクトの大きさが伺えます。

4万円で買えるスペックの中古スマホをざっくりと列挙していくとiPhone XS、Galaxy S10、Xperia 1、Huawei P30 ProなどがありますがこれらのデバイスとMacBookであればどちらに魅力を感じるでしょうか?

サブ機に明確な用途を描いていて「メイン機以外にも絶対に別途端末が必要な人」でなければMacBookを購入した方が「できること」の幅が広がるので好奇心を持って手を伸ばして欲しいと私は思っています。

MacBookを手にして変わった私の人生

私が初めてMacBookを購入したのは2018年の11月末のことでした。

それまでは常にスマートフォンを4台以上は所有しているスマホのみに関心のあるガジェットオタクで、特にスマホで困っていなかったのでプライベート用のパソコンやタブレットの必要性を感じていない「The イマドキの若者」でした。

そんな私がとある出会いをきっかけにMacデビューすることを思い立って初めて自分のお金でパソコンを購入しました。

購入した直後は特にパソコンで何かをしたいという明確なビジョンがなかったので何に使おうかと悩んだものですが、せっかくMacを買ったのであれば趣味のガジェット関連のブログでもやってみるかと思ってこのブログを開設しました。

自分が普段購入したガジェットのレビュー記事を書いたり、「こういう使い方ができれば便利なのに」「この用途だとどの製品がベストなのか」「私のガジェットの使い方や使い分けが参考になるのであれば紹介しよう」 といった小ネタを1記事30分から1時間程度でざっくりと書いて公開しているうちに収益が上がっていき、2年半が経過した今では初めて購入したMacBook Pro 15インチ 2017年モデルに投資した27万円を回収するに至りました。

好きなことを書いて、それが誰かの参考になり(なっているといいですが)、次のガジェットを買うための資金にも繋がる。

あの時にMacBook Proを購入することを決意していなければこの2年半に購入した多くのガジェットに触れる機会もなく、私は進化が頭打ちになったスマートフォンへの関心を失って趣味をなくした一人のつまらない人間に成り下がっていたでしょう。

スマホオタクが不要だと使ってもいないのに決めつけていた「パソコン」はコンテンツ消費が主なスマホにはない「自分でコンテンツを創り出す」ことができる素晴らしいマシンでした。

似たようなことしかできないスマホというデバイスを4台所有するぐらいであれば、スマホの数を2台にしてMacBookを1つ持った方が自分の可能性は広がります。

Macの知識が0の状態からデビューしてここまで試行錯誤しながらブログを運営してきた経験はきっと将来何かの役に立つ。

いざ「何かしたい」と思った時にツールであるパソコンの使い方に疎いということはスタートの時点で大きなハンデになるので損です。

Youtubeをスマホよりも大きい画面で見るだけでも生活は豊かになりますし、ネットの検索一つをとってもパソコンの方が一度に表示できる情報量が多いのでスマホで調べるよりも時短に繋がって好きなことをする時間が増えます。

スマホばかりを使用している今の若者にこそパソコンの良さを知ってほしいと思っています。

WindowsとMacのどちらでもいいのでパソコンに触れる機会を未来の自分のために作ってみてはいかがでしょうか?

スマホばかりを買い漁っていた私がMacBook Pro 15 2017を購入した際の記事を以下に貼っているので気になる人は一読してみてください。

合わせて読みたい記事

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを