MacBookをデスクトップスタイルで使用する際に必要なものの選び方〜さらば肩こり〜

Mac

こんにちは、Yotchanです。

本日はブログ執筆時における肩こりなどを軽減するためにMac周辺機器の沼にはまった話をしていきたいと思います。

パソコン作業の宿命。それは肩こり

毎日ブログを書いている上で避けることができない宿命。

それは肩こりです。

パソコンの画面を見ていると目が疲れますし、MacBookのようなノートタイプのパソコンを使用する場合は目線が下になるので肩も凝りやすい。

私は肩こりから頭痛を発症するタイプの人間なので、日常生活にかなりの支障をきたしてしまいます。

そこで、メインのMacBook Proでの作業環境を改善すべく購入していった周辺機器を紹介したいと思います。

まずはMacBook用アルミスタンド

最初に私が用意したものはMacBook Pro15に対応したアルミスタンドの購入です。

このスタンドの役割はMacBook Proの位置を高くすることで目線にディスプレイの高さを合わせること。

肩が凝る原因の一つに目線が下がることがあります。

そのため、椅子に座った状態で顔を下に向けることなくディスプレイを見ることは肩こり対策の点では重要です。

まずはこのスタンドを購入することは肩こり対策では外せません。

それ例外の役割として、MacBook Pro本体の放熱としても活用することができます。

Parallelsを用いてWindowsでSteamゲームをするときはかなりファンが唸り、本体からも発熱があるので放熱はMacの寿命の観点からも重要です。

次に選ぶべきはキーボード

アルミスタンドの次に選ぶべきはキーボードです。

MacBookをスタンドに置いている状態ではその高さから内臓のキーボードおよびトラックパッドを使用することはできません。

そこで、外部のキーボードを新たに購入する必要が出てきます。

私はMagic KeyboardのJIS版とテンキー付きのUK版を愛用しています。

やはり純正のデザインは捨て難かったのでMagic Keyboardを選択しました。

難点としては価格が高いことですが、スペースグレイのUKキーボードはかなりかっこいいのでデザイン面だけでも選択する価値は十分にあります。

最後はマウスorトラックパッド

最後に選ぶべきはマウスにするかトラックパッドにするのかということ。

私は両方を愛用していますが、片方だけでも十分に使用できます。

私はMagic MouseとMagic TrackPadを選択しました。

やはり純正品で統一することが最も美しい布陣だからです。

しかし、どちらも周辺機器にしては高価なのでそこが気になる人はマウスは社外製の製品を使っても良いでしょう。

注意しなければならない点はMagic Mouseを選択しなかった場合はマウスではジェスチャー操作を行えないこと。

ジェスチャー操作が必要な場合はMacBook本体のトラックパッドを用いることが必要になります。

準備は終了

三つのアイテムを揃えればデスクトップ環境の完成です。

MacBook Pro本体でブログ更新作業をしているよりもデスクトップスタイルに移行してからかなり疲労感が軽減されました。

やはり目線が下に行かないというだけで首への負担が段違いのようで肩こりの頻度も激減しました。

また、デスクトップスタイルにしてよかったことはもう一つあります。

それは外部モニターとMacBook本体のモニターの高さが近くなったこと。

それによって目線の移動の回数も減ったことで目が疲れにくくなりました。

デスクトップスタイルは身体にかなり優しいですね。

みなさんも是非デスクトップスタイルを導入してみてください。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを