Smart Folio購入レビュー〜流石の純正品質でMagic Keyboardとの併用に最適〜

こんにちは、Yotchanです。

本日はApple純正のSmart Folioを購入したのでレビューしていきたいと思います。

iPad Proの機動性を高めてくれるMagic Keyboardユーザーは購入必須級のカバーです。

Magic Keyboard重すぎ問題

先日発売されたiPadに初めてトラックパッドが宿ったMagic Keyboard。

シザー式キーボードかつトラックパッド内蔵ということもあってブロガーにはかなり有用な製品でしたが、難点がいくつかみられました。

  • Apple Pencilが使えない
  • 重い
  • タブレットとして使用できない

Magic Keybaordの構造上、キーボードをiPadの背面に持っていくことができないので取り付けている場合は立ちながらのタブレットとしての利用が事実上できないという致命的な欠点が。

そこで、取り回しの良さを向上させるためにMagic KeyboardではなくMagic TrackPad2を利用するスタイルを検証しました。

しかし、Magic KeyboardにしろMagic TrackPad2であろうと結局のところ普段使い用のケースが必要です。

そのため、普段使い用のケースとしてApple純正のSmart Folioを購入することとしました。

開封の儀

何気にSmart Folioは初めての購入です。

純正の品質とやらを見せてもらいましょう。

内側はよくあるフカフカでもないけど柔らかい素材。

語彙力・・・・。

Smart Keyboard FolioやMagic Keyboard同様に背面が磁力でくっつく方式を採用しています。

そして、Magic Keyboard同様iPad Pro 第四世代以降の純正ケースでは背面にAppleマークが刻印されています。

従来の第三世代 iPad Proの純正ケースではAppleの刻印も何もないのっぺらぼうなデザインであったため、サードパーティー製品と外観は変わりませんでした。

そのため、これまではスルーしていたのですが一目見てわかる純正品なケースになったので購入した次第です。

流石の純正品質

Smart Folioを使ってみて思ったことは純正品なだけあって質が高いということ。

2000円ぐらいのESRのケースを第三世代iPad Proの時は利用していましたが、それと比較して皮脂が目立ちにくいです。

これらは二つともESRのケースです。

デザインの違いはほとんどありませんね。

しかし、細かいところの仕上がりは流石はSmart Folio。

カバーを折り畳んでいる状態では表面が裏面と磁力でしっかりくっつくため、立った状態でiPadを使用する際に表面がブラブラすることはありません。

ESRのケースは値段相応に磁力が弱めであるため、Smart Folioのようにフラップが背面に磁力で固定されません。

フラップが背面にぴったりくっつくSmart Folioは使用しているときにまるでカバーをつけていないかのような快適さ。

ケースの特徴として側面が守られることはありませんが、前面と背面はしっかりと守ってくれそうです。

Magic Keyboardとの併用に最適

Magic Keyboardを活用するためにはApple Pencilやタブレットとして利用するためにケースが別に必要となります。

そのための普段使いのケースとしてSmart Folioは最適です。

  • 薄くて軽い
  • かさばらない
  • 着脱が簡単

ただでさえMagic Keyboardを別で持っていかねばならないので、少しでも荷物は軽い方が好ましいです。

そして、着脱の手間が簡便であればあるほどMagic Keyboardとの併用は楽に行うことができます。

ESRのケースでもその点は十分合格ラインではありますが、どうせならMagic Keyboardと同様にApple純正品で統一したい。

そんな人は迷わず購入しても良いでしょう。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを