梅雨の時期に使いたいApple Watch対応天気アプリ「アメミル」

こんにちは、Yotchanです。

本日は私がApple Watchで愛用している天気アプリ「アメミル」を紹介したいと思います。

急な降雨を知らせてくれる天気アプリ

梅雨が近づきつつある日本列島。

Yahoo天気の雨雲レーダーは非常に便利ですが、確認は能動的に行わなければならないというデメリットがあります。

忙しい朝に天気予報を確認することを忘れる日もあるはず。

そんな時でも、雨が近づいてきたら通知で教えてくれる天気アプリ「アメミル」とApple Watchの組み合わせは最強です。

アメミルとは

■主な機能と特徴

・アメミルには、マップ表示の「2D」、AR表示の「3D」、上空から天気を俯瞰する「サテライトアイ」の3つのモードがあります。
・降雨情報は、気象庁レーダーを合成したデータで、250mメッシュの解像度があり、5分毎に更新されます。
・雨通知は、登録地点または現在地に1時間以内に雨が予想されると、音声(大西沙織、小澤亜李)とレーダー動画によりプッシュで通知します。登録地点への雨通知は無料です。
・2Dモードでは、現在地マーカーや地図と重ね合わて、13階調の降雨情報と落雷の情報を表示します。全国から街区レベルまでスムーズに拡大縮小できます。
・ユーザー周辺の気温や雨の状況と今後の予想を、気象予報士による解説を学習したAIがお伝えします。
・3Dモードでは、周囲10kmの降雨と風の情報を、雨雲と雨、風のアニメーションとしてカメラの映像に合成します。目標方向を指示すると、雨量を読み取ることができます。また、雨の強さにあわせた雨音を再生することができます。
・雨雪判別機能により雪が降っている地域ではAIが雪を解説し、雪のアニメーションがARで表示されます。
・日本全国の降雨状況を見ることができる「サテライトアイ」機能は、iPhoneを動かすことによって、まるで衛星から見るようなリアルな映像が体験できます。
・過去に発生した災害につながる大雨を再現する、デモモードがあります。
・月額120円の会員に登録すると、この先15時間の雨量予測とGPS追従モードがご利用いただけます。
・ARで見ている画面を動画と画像でSNSに投稿することができ、投稿すると3時間の間、有料の雨量予測とGPS追従モードを無料で使うことができます。
・ウィジェット機能により登録地点周辺のレーダーを見ることができます。
・雨通知の登録地点の降水確率を見ることができます。

https://tenki.shimadzu.co.jp/ameapp/

アメミルはiPhone/iPad/Apple Watch用の天気アプリ。

現在地や登録地点に1時間以内に降雨情報が登録されると通知で知らせてくれる便利なアプリです。

Apple Watchへの通知はこのような形できます。

家を出る前に通知が来れば傘を持って出かけることができますし、洗濯物を雨が降る前に取り込んだりと雨を意識せずとも雨対策ができます。

これからの梅雨の季節にはもってこいですね。

雨雲の位置や有無はiPhoneアプリで日本全土で確認可能です。

また、Apple Watchのアプリ上でも登録地点や現在地付近の雨雲の推移を確認することができます。

雨が接近の通知を受けてから、Apple Watchアプリを開いて雨雲の位置を確認する流れが使い勝手は便利ですね。

これを機に皆さんも雨と上手に付き合いませんか?

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを