Apple Watchがついに心電図(ECG)に対応!試してみた。

こんにちは、Yotchanです。

WatchOS 7.3がリリースされ、ついに日本国内でもECG機能が開放されました。

早速使用してみたので紹介したいと思います。

事前準備

  • iPhoneをiOS14.4にアップデート
  • AppleWatch Series4〜6をWatchOS 7.3にアップデート

今回、心電図機能を利用するために行わねばならない準備は上記の2点です。

どちらが欠けても心電図を利用することができないのでアップデートを完了させましょう。

心電図機能を設定

心電図機能を試すにはまずiPhoneの「Watch」アプリで設定を行う必要があります。

Watchアプリを開いてアプリの一覧から「心臓」を選択します。

アプリを開くとこのような画面が表示されます。

「ヘルスケアで心電図Appを設定」を選択します。

表示される項目に沿って設定を行います。

設定といっても生年月日と身長・体重を入力したぐらいでした。

心電図の仕組みと結果について説明や注意が表示されます。

血栓を検知できないことに少し驚きましたが、よく考えてみたら当然ですよね。

心臓内の血栓ならともかく下肢静脈の血栓を検知することは難しいでしょう。

不規則な心拍の通知の設定

心電図と合わせて設定しておきたいのが「不規則な心拍の通知」です。

こちらもWatchアプリの「心臓」から設定します。

設定を進めていくと、先ほどとは違う表記の注意が表示されます。

あくまでも補助的な機能に留まる旨が記載されていました。

実際に試してみた

設定が完了したので早速心電図を取ってみることにしました。

Apple Watchで心電図アプリが追加されているので起動します。

起動するとポップアップが表示され、設定している方の手首につけるよう促されます。

おぉ!!

夢にまでみた心電図アプリの画面が表示されました。

感動。

画面が表示されたらDigital Crownに指を当てます。

この時に少しでも手首が動くと最初から測定し直さねばならないので写真は妻に撮ってもらいました。

Apple Watch Series5を購入してから一年以上待っていた機能であるだけに感慨深いです。

30秒の測定時間が終わると結果が表示されます。

今回は心房細動の兆候は見られなかったようです。

日本でも心電図機能が開放されたことによって他のスマートウォッチとは更なる差別化がなされることになりました。

就寝中も心臓を見守ってくれるので万人におすすめできるスマートウォッチになったと言えるのではないでしょうか。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを