iOS 14の背面タップが便利〜操作の手間が激減〜

こんにちは、Yotchanです。

本日はiOS14で何気に便利な背面タップ機能を紹介したいと思います。

iPhoneの背面をタップしてアクションを実行する

iPhoneの背面をダブルタップまたはトリプルタップして、特定のアクションを実行できます。例えば、上または下にスクロールする、スクリーンショットを撮る、コントロールセンターを開く、「ショートカット」Appのショートカットを起動する、アクセシビリティ機能をオンにする、などのアクションが実行できます。

1.「設定」 >「アクセシビリティ」>「タッチ」>「背面タップ」と選択します。

2.「2ダブルタップ」または「トリプルタップ」を選択してから、アクションを選択します。

Apple

背面タップはiOS 14で新規実装された「アクセシビリティ」機能のうちの一つです。

あまり知られていない機能ですが、この機能はかなり便利です。

コントロールセンターを一瞬で開くことができる

背面タップでは「ダブルタップ」と「トリプルタップ」で合計2つのショートカットを登録することができます。

私はダブルタップのみ設定しており、トリプルタップは利用していません。

背面タップで割り当てることのできる動作は以上の通りです。

この中で私が便利だと思ったのは「コントロールセンター」でした。

Face IDのiPhoneでコントロールセンターを表示するためには画面の右上を下にスワイプしなければなりませんが、間違えて上部真ん中を下にスワイプして通知を表示してしまうことが多々あります。

また、Face ID端末に慣れると思わぬ弊害も現れます。

それはホームボタン端末でのコントロールセンターの出し方がFace ID搭載端末と違うということ。

ホームボタン端末のコントロールセンターは画面下部を上にスワイプすることで現れます。

何故今に至ってもホームボタン端末とFace ID端末のコントロールセンターの出し方が統一されていないのか疑問です。

当初はFace ID端末がiPhone Xの1機種のみだったということもあってAppスイッチャーと操作が競合しないように、iPhone Xのみコントロールセンターの出し方を画面右上を下にスワイプへとされました。

以降、Face ID端末はそれに倣っているのですがもはやホームボタンの有無でコントロールセンターの出し方を分ける必要があるのでしょうか。

私のようにFace ID、ホームボタンの両方の端末を使っているユーザーへ混乱をまねくだけです。

そういった事情もあり、私はどちらの端末でも同じ操作でコントロールセンターを表示することができるということで背面タップを重宝しています。

LINEなどの一部アプリも背面タップに対応しているようなので上手に利用してみてはいかがでしょうか?

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを