注目キーワード

最近欲しい物がなくなってしまった話

こんにちは、Yotchanです。

本日は目をつけていた物は買い尽くし、欲しいものがなくなってしまった話をしたいと思います。

今使っているモノ

この2年間で私は非常に多くのApple製品を始めとしたガジェット類を購入してきました。

  • iPhone 12 Pro Max
  • M1 MacBook Air
  • Apple Watch Series5
  • iPad Pro 11
  • AirPods Max
  • AirPods Pro
  • Apple TV 4K
  • Walkman NW-ZX507
  • HA-FW 1500
  • Galaxy Note 20 Ultra
  • LG 29インチウルトラワイドディスプレイ
  • iiyama 31.5インチWQHDディスプレイ

ざっくりと主だったデバイスを書き出すとこのような感じで、2台持ちのApple WatchやMac, iPhoneなど上記以外にも様々な種類のデバイスで私の部屋は埋め尽くされています。

スマホ、タブレット、パソコン、オーディオなど主要どころは全てそれなりにいいモノを使っているので現状で大きな不満はありません。

そのため、新しく欲しいモノが全くなくなってしまうというガジェットオタクとしてはある意味ストレスとなる状況に陥っています。

欲しいモノを手に入れる楽しみ

ガジェットオタクに限らず多くの人にとって欲しいモノを手に入れるということはその過程も含めて楽しい体験であると思います。

高価なモノであればお金を頑張って貯めたり、安価なモノであればその存在を知った瞬間の喜びといった点にワクワクするもの。

私にとってその対象となり得る製品は9割近くスマホやタブレットなどのガジェットでした。

そのため、欲しいモノがなくなるというのは由々しき事態です。

興味をそそられ、触ってみたくなる新しいモノがないということは刺激や楽しみのない日常を過ごすことに等しいので退屈で仕方ありません。

もしかしたらガジェットがめぼしい物を一通り揃えてしまったことで私の好奇心を刺激するモノではなくなったのかもしれません。

人は満たされないからこそその対象となるモノに執着を抱くわけで、現状満たされている私が興味を失くしてしまうことは必然です。

同級生が8割以上スマホを持っている中ガラケーとiPod Touchで凌いでいた高校時代。

アルバイトを始めて自分で好きなだけ欲しいスマホを購入できるようになった大学時代。

大学時代とは比較にならないほど資金力が高まり、好奇心の赴くままにスマホ以外にも様々なモノを購入している現在。

スマホを渇望してやまなかった高校時代から7年が経ち、私は飢えや渇きにも似たスマホへの執着を解消することができたのでしょうか。

そうであるならばそれは喜ばしいことでもあり、少し寂しくもあります。

いくらスマホを買っても満たされなかった飢えが解消された反面、新しいモノへの興味関心を失ってしまったことに他ならないからです。

それは私の中での折り合いだけでなく、スマートフォンやタブレットが成熟したことで以前ほどの進化がなくなったことも当然関係しているのでしょう。

スマートフォンはフォルダブル市場という特異な市場を除けばカメラ性能を追求し続けているだけで「できること」は昔から変わっていません。

その結果、新機種に大きな魅力を感じなくなりました。

何かワクワクするような新しいモノが欲しい。

ガジェット以外に私の心を弾ませるモノと出会える日がくることを夢見て。

合わせて読みたい記事

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマにApple製品やおすすめのガジェットの使い方や活用ノウハウを毎日お届けするガジェットブログ。