Appleが米国で新型コロナウイルスのスクリーニングサイトを開設〜実際に診断してみた!〜

AppleがCOVID19のスクリーニングサイトを開設しました。


現在利用可能な言語は英語のみですが、日本からでもアクセスすることができます。

COVID-19 Screening Tool

https://www.apple.com/covid19

AppleがホワイトハウスやCDCと共同で立ち上げたこちらのスクリーニングサイト

そんな背景もあって日本語には現状非対応で言語は英語のみとなっています。

This tool can help you understand what to do next about COVID-19.

Let’s all look out for each other by knowing our status, trying not to infect others, and reserving care for those in need.

サイトの説明はこのような記載となっています。

ざっくり訳すとこんな感じに。


このツールは、COVID-19について次に何をすべきか理解する手助けをします。

お互いの状態を知り、他人に感染しないように努め、困っている人たちの世話をするなど助け合っていきましょう。

スクリーニングサイトの趣旨はこれで理解できました。

それでは早速サイトを見ていくことにしましょう。

まずは規約の同意と「誰のために」このツールを使うのか選択する画面になります。

回答した内容はAppleやCDCに許可なく共有されないようになっているみたいですね。

今回は自分用に「Use for Myself」で診断していきたいと思います。

次に、スクリーニングを始める前に以下の症状がある場合はすぐに救急へ電話するよう注意書きがあります。

  • 胸の痛みや息苦しさが続いている
  • 呼吸が困難である
  • 目眩や立ちくらみがひどい
  • 嗄声
  • 起き上がることが難しい

概ね呼吸器系の症状がある場合はこのツールを使うより病院に行けということなのでしょう。

もちろん、私には一切の症状がないので「I do ot have any of these symptoms」を選択して先に進みます。

次に聞かれるのは年齢。

私は24歳なので真ん中を選択します。

再びこれらの症状がないか確認されます。

  • 発熱、寒気、発汗
  • 呼吸がしにくい
  • 咳が出始めた、または悪化した
  • 喉の痛み
  • 身体の痛み
  • 嘔吐または下痢

私は一切これらの症状ないので「None of the above」を選択します。

症状の次は持病や身体の状態を確認されます。

  • 喘息または慢性肺疾患
  • 妊娠中
  • 合併症を併発している糖尿病患者
  • 激しい咳の出る疾患または状態
  • 透析を要する腎機能障害患者
  • 肝硬変
  • 免疫力の低下
  • 鬱血性心不全
  • 極度の肥満

この中で私が当てはまるものはないので先ほど同様に「None of above」で回答します。

次は二週間以内の海外渡航の有無を質問されます。

当然、どこにも出ていないので下を選択。

二週間以内にCOVID-19が流行している地域への訪問状況を確認されます。

  • 住んでいる
  • 行ったことがある
  • 流行しているか知らない
  • いいえ

大阪府はそこまで流行していないはず。

・・・多分。

いいえで回答しておきましょう。

次はCOVID-19罹患者との接触状況を確認されます。

いわゆる濃厚接触者かどうかの判定ですね。

  • COVID-19患者と住んでいた
  • 咳などの症状があるCOVID-19患者と1.8m以内の距離で10分以上近くで接した
  • 咳などの症状がないCOVID-19患者から1.8m以上の距離で接した
  • 病気のある人と接していない

おそらく私は「誰とも接していない」でいいはず。

得意先の病院でCOVID-19の診断を受けた患者が出たようですが、私が面会したDrは患者と接していないのでセーフなはず。

「no expose」でいきましょう。

次の質問は病院や介護施設に働いているor住んでいるかということ。

  • 長時間介護施設にいる
  • 直近二週間以内に病院や介護施設で働いた
  • 今後二週間以内に病院や介護施設で働く予定である
  • 病院介護施設に住んでもいないし働いていない

これは間違いなくNoですね。

仕事で行きますがそこまで長い時間でもありません。

ようやくリザルト画面にたどり着きました。

「家から出ずに人とは1.8m以上の距離をとり、集団では過ごさず不要不急の外出はしないように」とのお言葉をいただきました。

No Test at This Time

As of now, your answers suggest you do not need to get tested. If anything changes, take the questionnaire again.

診断結果は感染している確率は低いと思われるので検査の必要はないという結果。

体調に何か変化があればもう一度この診断ツールを利用するようにとの記載もあります。

まとめ

https://apps.apple.com/us/app/id1504132184

以上、AppleのCOVID19診断ツールの内容でした。

iPhone,iPad向けにアプリもリリースされているようです。

内容としては今回Webで行ったものと同じでしょうね。

これからも行動の自粛が続きますが、しっかりと適切な情報を収集し感染の予防を行いましょう。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを