NANAMIワイヤレスチャージャーはコスパ最高〜2000円で1年8ヶ月不具合なし

こんにちは、Yotchanです。

本日はワイヤレス充電の入門にオススメのNANAMIワイヤレスチャージャーを紹介したいと思います。

NANAMIワイヤレスチャージャーとは

【急速充電モード】このワイヤレス充電器は最大入力が9V/1.8Aで、電力転換効率は72%以上です。出力5V/2A以降のQC2.0/3.0充電アダプターをご利用の場合、対応機器を従来より最大1.4倍速く充電することも可能。現在急速充電対応機種:Galaxy S10 /S10+ /S9 /S9 Plus /Note8 /S8 /S8+ /S7 /S7 Edge /Note 5 /S6 Edge Plus 【※ご注意:NANAMI製品はnanamihomeのみが正規販売店ですのでご注意ください】

【無線充電時代を楽しみましよう】Qi 受電技術を採用して、Qi対応端末またはQI対応カバーを付けたスマホを置くだけで充電でき、ケーブル抜き差しから解放しましょう。2コイル式ワイヤレス充電スタンドなので、垂直状態でも水平状態でも問題なく充電しながらメッセージを見たり、ライブチャットしたり、動画を見たりすることも快適にお楽しみいただけます。

【iPhone 8以降の機種対応】このqi急速充電器はiPhone 8以降の iPhone X / Xs / Xr / Xs Maxに対応できます。充電しながらiPhoneを触る時、この角度はFACE IDをすぐに認識するので、充電中からの操作がとてもスムーズです。底にゴムがあるので、iPhoneの下も傷がつきにくいです。

【インテリジェントLEDライト付き】LED光が優しくて、睡眠に影響しません。満充電時に、LEDの表示: Samsungシリーズ – 浅い青になります。iPhoneや他の機種 – 緑ままに点灯しています。ワイヤレス充電スタンドに異物があると(例えば磁気パッド、金属、クレジットカード、QI非対応機種)、青いライトが点滅していて、充電できません。

【安全な充電保護&製品保証 】CE、FCCおよびRoHSと言う世界安全基準の認証を取得し、過充電および温度制御機能、異物検出機能を備えて、スマートフォンの安全を確保します。NANAMIはご購入18ヶ月間以内に不具合が発生した場合、ご都合の良い場合、注文履歴にて「出品者に連絡する」選択肢にてご連絡頂ければ、無償で対応させて頂きます。

引用:AMAZON

NANAMIワイヤレスチャージャーは安価でありながらもワイヤレス充電時で押さえておきたい項目は全て押さえてある入門機にピッタリの製品です。

QC3.0対応のACアダプターを利用すればiPhoneでは最大7.5W、Galaxyシリーズでは最大10Wでの充電ができます。

Quick Charge 2.0/3.0急速充電対応機種

QC 2.0 / 3.0対応充電器使用の場合)

10W:Samsung Galaxy S20/S10//S10+/S9/S9 Plus/Note9/Note8/S8/S8+/ S7/S7 Edge/Note 5/S6 Edge Plus

(上記の機種が付属したアダプターで急速充電機能に対応できます。)

7.5W:iPhone SE(第二世代)/11/11 Pro/Pro Max/X / XS / XR / XS Max / 8 / 8 Plus

製品ページの目につきやすい部分の概要にはiPhoneに関する急速充電の記載がありませんでしたが、詳細説明の部分にしっかりと対応している旨が明記されています。

私が入門機としてオススメしている理由は性能だけでなく、耐久性に優れていることを自身で確認済みであるからです。

私はこの製品を2つ購入しており、最後に購入したのは2018年の12月18日。

購入から今に至るまでの1年8ヶ月にわたって一切不具合や過剰な発熱などは認められませんでした。

安価でありながらも耐久性のあるいい製品です。

使用感

約2年間毎日この製品を使っていて思うことは「充電ミスをしたことが一回もない」こと。

ワイヤレス充電を行う際には充電器とスマートフォンのコイルが重なった状態で設置する必要があります。

両者のコイルが重ならなければ回路に電流が流れず、スマートフォンの充電はできません。

写真のようにスタンドタイプではない平面のワイヤレス充電機では充電の際の位置どりがうまくされておらず、充電されないまま一夜明けてしまうというミスがたまにあります。

そのため、ワイヤレス充電初心者の方は「ズレるリスクのない」スタンドタイプのワイヤレス充電器がオススメです。

NANAMIワイヤレスチャージャーでは縦置き時でも横置き時でも充電できるようにコイルの配置が工夫されているので充電ミスは発生しません。

また、スタンドタイプであることから充電しながらでもスマートフォンの利用が可能です。

(ワイヤレス充電中の操作はバッテリーの劣化を早めるのでオススメしませんが。)

ワイヤレス充電では充電ケーブルでの充電と違って本体を手に取り操作しながらの充電ができないので充電中でも本体を操作したい人はスタンドタイプ一択。

そういった観点からも使い勝手はよく、安価でもあるので検討してみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを