物質の表面に付着した新型コロナウイルスの生存期間を調べた論文が発表〜プラスチック表面で72時間も生存〜

米国立アレルギー感染症研究所で行われた新型コロナウイルスが物質の表面に付着した際の安定性の評価実験の論文が公開されました。

Aerosol and Surface Stability of SARS-CoV-2 as Compared with SARS-CoV-1

A novel human coronavirus that is now named severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2) (formerly called HCoV-19) emerged in Wuhan, China, in late 2019 and is now causing a pandemic.1 We analyzed the aerosol and surface stability of SARS-CoV-2 and compared it with SARS-CoV-1, the most closely related human coronavirus.2

https://www.nejm.org/doi/10.1056/NEJMc2004973

この論文のタイトルを訳すと「SARSコロナウイルスと比較した新型コロナウイルスのエアロゾルや物質表面での安定性」です。

医学的には新型コロナウイルスと呼ばずに「SARS-CoV-2」と表記されることが一般的です。

SARSって「severe acute respiratory syndrome」の略だったんですね。

直訳すると急性重症呼吸器疾患といったところでしょうか。

COVID-19もSARSと同じく重度の呼吸器症状を有することからSARS-CoV-2と命名されています。

日本では新型コロナウイルスで定着していますが、COVID-19が読みにくいので仕方ありません。

Our data consisted of 10 experimental conditions involving two viruses (SARS-CoV-2 and SARS-CoV-1) in five environmental conditions (aerosols, plastic, stainless steel, copper, and cardboard). All experimental measurements are reported as means across three replicates.

https://www.nejm.org/doi/10.1056/NEJMc2004973

この項ではSARS-CoV-1とSARS-CoV-2の安定性(=感染持続能力)を以下の5つの環境で測定したことが記載されています。

  • エアロゾル
  • プラスチック
  • ステンレス
  • 段ボール

どれも身近なものばかりなのでかなり生活環境を意識している実験といえます。

https://www.nejm.org/doi/10.1056/NEJMc2004973

SARS-CoV-2 remained viable in aerosols throughout the duration of our experiment (3 hours), with a reduction in infectious titer from 103.5to 102.7 TCID50 per liter of air. This reduction was similar to that observed with SARS-CoV-1, from 104.3 to 103.5 TCID50 per milliliter (Figure 1A).

SARS-CoV-2 was more stable on plastic and stainless steel than on copper and cardboard, and viable virus was detected up to 72 hours after application to these surfaces (Figure 1A), although the virus titer was greatly reduced (from 103.7 to 100.6 TCID50 per milliliter of medium after 72 hours on plastic and from 103.7 to 100.6 TCID50 per milliliter after 48 hours on stainless steel). The stability kinetics of SARS-CoV-1 were similar (from 103.4 to 100.7 TCID50 per milliliter after 72 hours on plastic and from 103.6 to 100.6 TCID50 per milliliter after 48 hours on stainless steel). On copper, no viable SARS-CoV-2 was measured after 4 hours and no viable SARS-CoV-1 was measured after 8 hours. On cardboard, no viable SARS-CoV-2 was measured after 24 hours and no viable SARS-CoV-1 was measured after 8 hours (Figure 1A).

https://www.nejm.org/doi/10.1056/NEJMc2004973

この項では先述の5つの環境下におけるSARS-CoV-1とSARS-CoV-2の生存時間の調査結果が記されています。

それぞれの結果を下表にまとめました。

SARS-CoV-1とSARS-CoV-2の各環境下における生存時間

新型コロナウイルスはSARSウイルスと比較して以下の特徴があることが判明しました。

  • 段ボールの表面での感染能力持続時間が長い
  • 銅の表面での生存時間は比較的短い

物資の移動で多用される段ボールに付着すると24時間生存する結果は少し残念ですが、10円硬貨における生存時間はSARSよりも短い結果となったのは朗報でしょうか。

ステンレスやプラスチックの表面ではかなりの長時間感染能力が持続していますね・・・。

Both viruses had an exponential decay in virus titer across all experimental conditions, as indicated by a linear decrease in the log10TCID50 per liter of air or milliliter of medium over time (Figure 1B). The half-lives of SARS-CoV-2 and SARS-CoV-1 were similar in aerosols, with median estimates of approximately 1.1 to 1.2 hours and 95% credible intervals of 0.64 to 2.64 for SARS-CoV-2 and 0.78 to 2.43 for SARS-CoV-1 (Figure 1C, and Table S1 in the Supplementary Appendix). The half-lives of the two viruses were also similar on copper. On cardboard, the half-life of SARS-CoV-2 was longer than that of SARS-CoV-1. The longest viability of both viruses was on stainless steel and plastic; the estimated median half-life of SARS-CoV-2 was approximately 5.6 hours on stainless steel and 6.8 hours on plastic (Figure 1C). Estimated differences in the half-lives of the two viruses were small except for those on cardboard (Figure 1C). Individual replicate data were noticeably “noisier” (i.e., there was more variation in the experiment, resulting in a larger standard error) for cardboard than for other surfaces (Fig. S1 through S5), so we advise caution in interpreting this result.

https://www.nejm.org/doi/10.1056/NEJMc2004973

次に、SARS-CoV-1とSARS-CoV-2の半減期が示されています。

半減期とは漢字のとおりでウイルスの生存数が半分になるまでの時間を指します。

福島原発の事故で放射線関連の話題ででることのあったワードなのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

https://www.nejm.org/doi/10.1056/NEJMc2004973

SARS-CoV-1とSARS-CoV-2の半減期の測定結果が上図に示されています。

大雑把にはなりますが、それぞれの結果を表にまとめました。

SARS-CoV-1とSARS-CoV-2の半減期

この中で有意差があったと言えるのはダンボールとステンレス表面における半減期のようです。

銅もなかなかの差があるような気がしますが、あくまでも図からこれぐらいかな?と推測した数値でしかないので実際の差は少ないのかもしれません。

We found that the stability of SARS-CoV-2 was similar to that of SARS-CoV-1 under the experimental circumstances tested. This indicates that differences in the epidemiologic characteristics of these viruses probably arise from other factors, including high viral loads in the upper respiratory tract and the potential for persons infected with SARS-CoV-2 to shed and transmit the virus while asymptomatic.3,4 Our results indicate that aerosol and fomite transmission of SARS-CoV-2 is plausible, since the virus can remain viable and infectious in aerosols for hours and on surfaces up to days (depending on the inoculum shed). These findings echo those with SARS-CoV-1, in which these forms of transmission were associated with nosocomial spread and super-spreading events,5 and they provide information for pandemic mitigation efforts.

https://www.nejm.org/doi/10.1056/NEJMc2004973

結論としてはSARS-CoV-1とSARS-CoV-2の生存期間はほとんど同じであると筆者は結論づけています。

プラスチックの表面で72時間も生存するとは・・・。

まとめ

以上、海外論文の紹介でした。

今回の論文で勉強になったことは新型コロナウイルスの生存期間が結構長いこと。

キッチンのステンレスや周囲に満ち溢れているプラスチック表面上での生存期間は特に長いですね。

COVID-19への罹患を防ぐためにはウイルスが体内に入ることを防ぐことが重要です。

http://www.maruishi-pharm.co.jp/med2/product-answer97_3.html

エンベロープを有するウイルスであるコロナウイルスは消毒用アルコールに10秒程度晒されるだけで不活性化されます。

食事の前にアルコール消毒することはかなり有効な予防策と言えるでしょう。

もちろん、帰宅してすぐの手洗いうがいも心がけるようにしましょうね。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを