iPadを使いこなすために知っておきたいこと

こんにちは、Yotchanです。

本日は初心者さん向けに改めてiPadの使い方を紹介したいと思います。

iPadとは

iPadはApple社より販売されているタブレット端末です。

イメージとして身も蓋もないことを言うと画面がすごく大きいiPhone。

タブレットとしての完成度はAndroidタブレットの比ではなく、AndroidスマホユーザーでもタブレットはiPadと言う人が多いです。

そんなiPadにはiPad miniやiPad Air、iPad Proなど様々なモデルがあります。

そのどれを選択したとしても基本的にできることは変わりません。

従来まではApple PencilはProにのみ許されていた機能でしたが、現在販売中のiPadでは全て対応しています。

iPadのモデル選定は過去記事にて詳細に説明しているので省くとして、実際にiPadを購入してからどんな使い方があるのか。

本日はそこに焦点を当てて記事を書いていきたいと思います。

iPadの使い道

タブレット端末を購入するか悩んでいるけどもなかなか決心がつかない。

そういった方がこの記事を読んでいただいている方の大半だと思います。

買ったはいいものの宝の持ち腐れになってしまってはもったいないですしね。

iPadはそれ一台で様々な使い方ができるタブレットです。

いろいろできすぎるが故になかなか使いこなすことが難しい側面もありますが、焦る必要はありません。

一見すると大した使い道でないように思えたとしても使用頻度が高ければそれだけで十分に使いこなしていると言えます。

そのため、まずは使用頻度が高くする事が重要です。

私のiPadの使い道を一つずつ詳しく書いていこうと思うので、皆さんも自分が同じ使い方をできそうかイメージしながら読んでいただけると参考になるかと思います。

私のiPadの使用用途は

  1. 手帳として
  2. dマガジンやPrime Videoの鑑賞
  3. ネット検索
  4. 大画面でのアプリ使用
  5. キーボードやマウスを接続してパソコン風に
  6. MacやWindowsのサブディスプレイに
  7. カーナビ

私の日常におけるiPadの使い方はこんな感じです。

これらの用途はiPad miniでもProでも共通して行う事が可能です。

モデル間での違いが出るところは単純にスペックの上下で処理能力や効率が変わることだけ。

高スペックなパソコンか低スペックなパソコンかみたいなものですね。

やれることには違いが基本的にはないけども、処理の快適さやタスクにかかる時間がスペックが高いほど良い感じ。

それではさっそくiPadでできることいついて詳しく触れていきたいと思います。

手帳やノートとして

私がiPadで最も頻用している用途の一つに手帳としてiPadを使うというものがあります。

Apple Pencilが全てのiPadに対応したのでだれでも再現可能です。

iPadを紙の手帳やノートに置き換える最大のメリットとして、閲覧性の向上が挙げられます。

iPadだけでなくiPhoneにも同じアプリをインストールしておけばいつでもどこでも予定を確認することが可能です。

それ以外にも、ページ残量を気にしないで良かったり資料を全てiPadに収めることで荷物を減らすことが可能です。

ビジネスマンから学生や主婦など様々な人におすすめの用途です。

個人的には手帳用途では最もコンパクトで軽いiPad miniが向いていると考えます。

dマガジンやPrime Videoの鑑賞

多くの人がタブレット端末の購入を考える用途の一つであろう雑誌や動画の閲覧です。

この用途においては画面サイズが大きければ大きいほど快適さが上がります。

特に、iPad Proは本体にスピーカーが4基搭載されているので臨場感や迫力は他のiPadの比較になりません。

とはいったもののPro以外のiPadでも音質に不満はありませんし、Bluethoothスピーカーに接続したりヘッドフォンをつける人には音質の違いは影響しません。

注意しなければいけない点は画面サイズの選択です。

12.9インチのiPad Proは雑誌や動画の閲覧には最高の端末ですが、その分大きくて重いので持ち運びには不向きです。

そのため、電車や外出先で雑誌を読むことが多い人は7.9~11インチのサイズのiPadを選択することがBetterです。

7.9~11インチのサイズにはiPad mini(7.9インチ)、iPad(9.7,10.2インチ)、iPad Air(10.5インチ)、iPad Pro(9.7,10.5,11インチ)など多くの機種が存在します。

携帯性が最も高いのはiPad miniですが、その他のiPadでも十分ショルダーバッグに入るサイズです。

iPad Pro11はショルダーバッグにギリギリのサイズですが、iPad miniは余裕があります。

このように自分が日常でよく使うバッグに入るサイズであるかという点もiPadを選択する上で重要です。

ストレスなく持ち運びできることがiPadを活用する上で不可欠な要素だからです。

あとは動画や雑誌の鑑賞以外の用途をどれだけ行うかで7.9~11インチの中から選択するiPadが決まります。

ネット検索

iPadは身もふたもない言い方をすれば大半の人にとって画面が大きいiPhoneでしかありません。

しかし、それだけでも十分なのです。

上の画像は横画面でのiPad最小サイズのiPad miniとiPhone最大サイズのiPhone XS Maxの表示領域の比較です。

そして、こちらが縦画面での表示領域の違いです。

左からiPhone XS max、iPad mini、iPad Pro11です。

当然のことですが、画面サイズが大きくなればなるほど表示領域が広くなります。

そして、重要なのが文字も大きくなること。

現代社会における我々の目が疲れる原因の筆頭はスマホの小さい画面の文字を見続けていること。

外出先ではやはりコンパクトこそが正義なのでスマホになるのは仕方ありません。

そこで家の中だけでもiPadに置き換えることで目を労わってみては如何でしょうか。

実際、iPadを家の中でiPhoneと置き換えた結果目の疲れはずいぶんマシになりました。

目が楽すぎてiPad miniを気軽に持ち運べるように追加購入したぐらいです。

画面サイズが最も大きいiPhone XS maxから最小のiPad miniに置き換えるだけでも違いは歴然なのでおすすめです。

画面を分割して二つの事を

iPadでは画面を分割して二つの事を同士に行うことができます。

動画を見ながらのネット検索はもちろん、動画を見ながらLINEなど組み合わせ次第でできることの可能性は無限。

iPhoneとは比べ物にならない作業効率が実現可能です。

大画面でのアプリ使用

iPadは今でこそiPad OSというiPhoneのiOSから独立したOSを搭載していますが、アプリストアであるApp Storeは共通です。

つまり、iPhoneで普段用いているアプリをiPadの大画面で楽しむことが可能です。

また、iPadに対応していないアプリでもインストール自体は可能です。

写真はYahooニュースアプリですが、iPad版アプリがないにもかかわらずきちんと起動できます。

iPad版のないアプリは基本的にiPhone版アプリを拡大表示で描写されます。

いつものアプリを大きな文字で閲覧することが可能なのです。

20代の私ですら文字が大きい方が目が楽なので、それより上の世代の方々はよりその恩恵を実感できるのではないかと思います。

主婦の方であればCook Padやクラシルなど料理系のアプリを大画面で使用できるのは生活の助けになるのではないでしょうか。

キッチンに設置してYoutubeやPrime Videoを見ながら料理するのも捗りますね。

キーボードやマウスを接続してパソコン風に

iPad OSのリリースによりiPadにマウスを接続ができるようになりました。

それに伴ってiPadをパソコンのようにあつかうことができないこともなくなりました。

実際、パソコンの使用用途がメールやネット検索程度の人であればもはやパソコンは不要なレベルになりました。

しかし、iPhoneの母艦としての機能を求めるのであればMacやPCの代替とすることはできません。

パソコンの使用用途によっては代替できるかなというレベルですね。

iPad mini以外のiPadであればAppleからもSmart Keyboardが発売されているので値段こそ高いですが手軽にパソコンライクに使うことができます。

Apple純正のiPad用キーボードということもあり憧れる人は多いSmart Keyboardですが、使用感はなかなか良いです。

充電不要で薄くて打鍵感もそこそこという点は評価に値します。

不満なのは価格ですね。

高すぎです。

個人的にはSmart KeyboardよりもMagic Keyboardの方が安価で文字も打ちやすいのでおすすめです。

やはりシザー式のキーボードは最高ですね。

Apple純正なのでデザイン性も高いので満足感もありますしね。

MacやWindowsのサブディスプレイに

iPad OS及びMac OS CatalinaのリリースによりiPadを手軽にMacのサブディスプレイとして扱うことができるようになりました。

このSidecar機能の完成度はなかなかのものでいつでもMacの画面を拡張できる点は素晴らしいです。

MacだけでなくWindowsでも「Duet Display」というアプリを使えばiPadをサブディスプレイにすることができます。

このように、iPadはタブレットだけではなく手持ちのパソコンの周辺機器にもすることができるデバイスです。

カーナビ

GPSが内蔵されているCelular版のiPadではカーナビとして使うこともできます。

iPadであれば「Yahooカーナビ」や「Google Map」をインストールするだけで常に無料で最新の地図を利用することができます。

市販されているカーナビはマップの更新にお金がかかる場合があります。

そういったランニングコストがかからないiPadは手軽に使えるカーナビとしても有用です。

まとめ

以上がiPadの主な使い方でした。

iPadは様々な用途に使うことのできる万能なデバイスです。

タブレットだからタブレットならではの使い方をしないといけない。

そう思う人が多いと思います。

しかし、スマホと同じ使い方でも目を少しでも休めるという立派な使い方になります。

使う頻度がそれなりに多ければ十分使いこなしていると言えるでしょう。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを